2015年11月20日

blogDJ-#024/嘘


jimi hendrix experience/ the wind cries mary
 from "smash hits" 69

buffalo springfield/ sit down i think i love you
 from "buffalo springfield" 66

スーパーバタードッグ/サヨナラcolor 01

alvin lee & mylon lefevre/ so sad (no love of his own)
 from "on the road to freedom" 73

millie jackson/ feel like makin' love
 from "free and in love" 76

古井戸/ポスターカラー
 from "オレンジ色のすけっち" 72

moby grape/ ain't that a shame
 from "moby grape '69" 69

the kane gang/ the closest thing to heaven
 from "the bad and lowdown world of the kane gang" 85

在日ファンク/ 12

naz nomad & the nightmares/ kicks
 from "give daddy the knife cindy" 84

the dukes of stratosphear/ pale and precious
 from "psonic psunspot" 87

the beach boys/ anna lee the healer
 from "friends" 68



アルヴィン・リー/マイロン・ルフェーヴルの曲、ジョージ・ハリソン作だが書き下ろしなんだろうか。本人がスライド/ベース/ハーモニー担当。アコギ12弦がロン・ウッド/ドラムがミック・フリートウッドというUKの「顔」が集合。
マッスル録音はめっちゃ多いンだがなんとも苦手なミリー・ジャクソン様。しかしこの Bad Company cover は、ピート・カー始めマッスルリズムセクションのバックトラックが抜群で…。
ナイトメアズは Damned の変名で、デュークスは XTC ね。



jimi_smash.jpg



posted by denny-0980 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | blogDJ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月16日

Muscle 74


muscle_donnieF.jpg


現在 Muscle Shoals Sound Studios 、改装中だそう。
改装後は「昼間はミュージアムとして一般開放、夜はスタジオ営業」するんだとか。
ロケーションはご存じ "3614 jackson highway" 。このスタジオは、道一本挟んだとい面の共同墓地のための棺桶製造工場だったものを牧師のおっさんが買い取って録音スタジオに改装…さらにそれをマッスル四人衆が買い取って69年にオープンさせた建物。10年間に数々の名盤制作/名演奏を聴かせたスタジオだが、79年にはテネシー川べりにこれよりも5倍も6倍も大きいじゃないだろうか、そうとう豪華な2代目スタジオへ移転。金ができたからだろうが、四人衆ひとりづつの部屋なども作って…ちょいとバブリーにやらかした感があったがどうなんだろう。時代の流れを読み違えたとも思えてほぼ10年で売却。マラコ・レーベルやらオーナーは転々としたが現在は Cypress Moon Studio となっている。
ほうっておいた?_初代スタジオは、2000年頃からスタジオ営業を再開して、何だっけな、ヒットアルバムも生まれている。やはり見学も可能だった様子。マッスルショールズ界隈、映画になったり_マッスル Revisited ブームでけっこうな観光地になっているとも聞く。

改装工事後この、すっかり目に焼き付いている石組みファサードはどうなるのだろうか。
この写真は、ずいぶん前に小さく入れたものを、大きいサイズを見つけたので再度チェック。
向かって左窓に 3614 が張ってあったのは76年ごろまでだったと思う。
この写真は74年で、こうしてセッション毎に「全員集合/記念に1枚」がお約束だった内の1枚_ドニー・フリッツ盤のとき。

前列座り組は、左から_
ジョン・プライン、本人ドニー・フリッツ、一番老けてるのは当然ジェリー・ウェクスラー。traffic T がジェリー・マスターズで隣のスティーヴ・メルトンと、ふたりはマッスル録音を支えた名エンジニア・コンビ。黄色の Coors Tの太めはパーカッション担当のマッスル・セッションマン、トム・ローディ。
後列の左から_
デヴィッド・フッド、ジミー・ジョンソン、隣の女性は…フッドの奧さんかも。白Tシャツがエディ・ヒントンで、トニー・ジョー・ホワイト、マイク・ユートリィ、クリス・クリストファーソンとくる。センターの白シャツがロジャー・ホーキンス、顔だけ出しているのが亡きバリー・ベケット。髭面はサミー・クリースンで赤い縞シャツがピート・カー。フィル・スペクターみたいなサングラス男がダン・ペン。
その他、右側の男女数名はコーラス隊やら何やら。

こう見るとヒントンはかなり背の低い人だったんだな。ピートも小柄。ダン・ペン、けっこう痩せてましたな。dixie flyers からユートリィ/クリースン参加。そしてジョン・プライン/トニー・ジョー/クリストファーソン/ダン・ペンと、レコーディング・アーティストも加わって、「全員集合」のなかでもかなり豪華な顔ぶれが揃った1枚といえそう。





posted by denny-0980 at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Muscle Shoals | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

blogDJ-#023/小気味よいギターソロ!



syreeta.jpg


ed king
 lynyrd skynyrd/ sweet home alabama

elliott randall
 steely dan/ green earrings

rick vito
 fleetwood mac/ as long as you follow

jeff baxter
 doobie brothers/ take me in your arms

steve love
 stories/ brother louie

larry carlton
 steely dan/ kid charlemagne

james honeyman-scott
 pretenders/ kid

amos garrett
 maria mulduar/ midnight at the oasis

dean parks
 steely dan/ here at the western world

mike deasy
 flying burrito brothers/ to ramona

wayne perkins
 bob marley & the wailers/ concrete jungle

craig chaquico
 jefferson starship/ ride the tiger

harvey mandel
 rolling stones/ hot stuff

howard "buzzy" feiten
 syreeta/ to know you is to love you

jay graydon
 steely dan/ peg

jim messina
 loggins & messina/ growin'

david T. walker
 nick decaro/ under the jamaican moon

john hall
 taj mahal/ ain't gwine to whistle dixie any mo'

banana
 youngbloods/ i'm a hog for you baby

pete carr
 mike finnigan/ saved by the grace of your love



いままでAB6曲_都合12曲と、アナログ規格でチョイスしてきたブログDJだが、今回はどうしても「好きなギタリスト選び」となってしまい収まらず…。
ギターソロと言って、際立つのはやはりスティーリーダン・セッション。70年代の…というよりもオールタイムで「セッション・ワークの金字塔」といえる存在、名演数知れず。なかでもグレイドン_「ペグ」は、エイモス「真夜中のオアシス」と並ぶ<ギターソロ二大名演>が過言でないはず。いまに至るも語られるセッション・ギタープレイの代表格。
SDセッションのひとつながら目立たないのは "here at the western world" 。なにしろボツ曲とされて、出てきたのはベスト盤だった。しかし個人的には名曲多いSD楽曲でも屈指であり、ソロも、短いが非常にいい!、パークスの名演。
エリオット・ランドールは、かのジミー・ペイジ師匠も絶賛した「輝く季節」ももちろんなんだが、ここは「らしさ」という意味でこれをチョイス。
感情の赴くまま…がソロの醍醐味だが、なかにはきっちりと譜割された_ある意味クラシック的構成美のギターパートが光る楽曲も捨てがたい。そんな1曲のチョイスはストーリーズ。弦との追奏ゆえ、よりクラシカルに響く_かなり好きな楽曲。
もっとも乾いた/パキンパキンなサウンド= fender マスターといえば、当方にとってはジム・メシーナで決まり。



posted by denny-0980 at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | blogDJ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月24日

blogDJ-#022/愛のプレリュード


lynyrd skynyrd/ tuesday's gone
 from "pronounced leh-nerd skin-nerd" 73

sweet/ ballroom blitz
 from "desolation boulevard" 75

the dream academy/ love parade
 from "the dream academy" 85

carpenters/ we've only just begun
 from "close to you" 70

cowboy/ please be with me
 from "5'll gatcha ten" 71

godley and creme/ cry (extended version) 85

eric burdon & the animals/ river deep mountain high
 from "love is" 69

strawberry alarm clock/ incense and peppermints 67

creedence clearwater revival/ long as i can see the light
 from "cosmo's factory" 70

・はちみつぱい/薬屋さん
 from "センチメンタル通り" 73

小坂忠/早起き山から
 from "はずかしそうに" 73

kraftwerk/ showroom dummies
 from "trans-europe express" 77




どの曲も… no music, no life _個人的には欠かせない。スウィートとても…。
特筆すべきは、「苺の目覚まし時計」でギター/「発音はレ-ナード・スキン-ナード」でベースを弾くのが同一人物_ ed king であること。小坂忠曲でのギターは永井充男さんであること。


72999222_th.jpg

このアルバム、全曲楽譜が付いていた。




posted by denny-0980 at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | blogDJ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月18日

日本の曲


・久保田麻琴と夕焼け楽団/星くず
・ハルヲフォン/見つめられ、抱きしめられた、その時…
・アンジー/天井裏から愛をこめて  
・yuming/ランチタイムが終わる頃
・崎谷健次郎/もう一度夜を止めて 
・りりィ/ジュン
・豊島たづみ/とまどいトワイライト
・ダイナマイツ/恋はもうたくさん
・松原みき/真夜中のドア  
・大沢誉志幸/そして僕は途方に暮れる  
・リアル・ポップ・オーガナイザース/surf's down
・矢野顕子+忌野清志郎/ひとつだけ
・井上陽水/桜三月散歩道_「まんがNo.1」version
・上田正樹&サウス・トゥ・サウス/大活劇 _unreleased song
・スパイダース/真珠の涙
・あがた森魚/大寒町
・鈴木慶一/髭と口紅とバルコニー
・RCサクセション/空がまた暗くなる
・三上寛/負ける時もあるだろう
・友部正人/誰もぼくの絵を描けないだろう
・フォーククルセダーズ/オーブル街
・ビーバーズ/君なき世界
・浅野 butcher 祥之/ leaving home _tribute live version
・キャプテンひろ&スペースバンド/アリス
・休みの国/夕焼地帯
・ムーンライダース/頬うつ雨
・りりィ/アン
・ 四人囃子/N.Y.C.R.R.M.
・山本コータロー&少年探偵団/君の靴に口づけを_unreleased
・ハルヲフォン/秘密のハイウェイ
・サディスティック・ミカ・バンド/影絵小屋
・桐島かれん/媚薬
・Ex/platinum night
・スクーターズ/東京ディスコナイト _album version
・遠藤賢司/ムーンライト(月色の夜)
・はっぴいえんど/はいからはくち _single version
・村松邦男/ジェラシー
・シュガーベイブ/雨は手のひらにいっぱい
・斉藤哲夫/バイバイグッドバイサラバイ
・鈴木雅之/misty mauve (remix)
・ピロカルピン/ワンダーワールド 
・クラムボン/サラウンド 
・サディスティック・ミカ・バンド/アリエヌ共和国
・アーリー・タイムス・ストリングス・バンド/かわいいあの娘 
・AKB48/恋するフォーチュンクッキー 
・上田知華+karyobin/秋色化粧
・近田春夫/エレクトリック・ラブ・ストーリー (YMO version)



いままでに blog_DJ でチョイスした和物の曲は以上。
オタクこういう趣味?_はいな、そうなんス。

Ex はエックス・ジャパンじゃないよ、テクノポップ・デュオ。



posted by denny-0980 at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | blogDJ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月01日

blogDJ-#021/パリでの一夜






len berry/ 1-2-3 65

poco/ bad weather
 from "from the inside" 71

sailor/ trouble in hong kong
 from "trouble" 75

近田春夫/エレクトリック・ラブ・ストーリー (YMO version)
 from "天然の美" 79

monkees/ randy scouse git
 from "headquarters" 67

hot tuna/ sea child
 from "burgers" 72

electric light orchestra/ mr. blue sky
 from "out of the blue" 77

・10cc/ une nuit a paris
 from "the original soundtrack" 75

steve miller band/ heart like a wheel
 from "circle of love" 81

chambers brothers/ time has come today
 from "the time has come" 67

luther ingram/ let's steal away to the hideaway
 from "let's steal away to the hideaway" 76

・上田知華+karyobin/秋色化粧
 from "ミス・ハート" 81




miss-heart.jpg


*近田春夫79年のソロ盤から_シュールな歌詞は楳図かずお。LPにはアレンジの違う2テイク収録_YMOによるテクノ版と若松恵による歌謡曲版だが甲乙つけがたい。
*上田知華とカリョービン、なんか恥ずかしいがLP全部持ってたんだよな。化粧品タイアップでそこそこのヒット曲をあえてチョイスは…いい曲が作れるのに、樋口康雄/岡本おさみ/すぎやまこういち/松本隆/竜真知子など「プロ作家」をレコ会社から押しつけられていた中で、この曲は詞・曲とも自作…本人らしさが出た名曲。



posted by denny-0980 at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | blogDJ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

blogDJ-#020/コロラド


sly & the family stone/ if it were left up to me
 from "fresh" 73

flying burrito brothers/ colorado
 from "flying burrito brothers" 71

status quo/ caroline
 from "hello!" 73

kinks/ lola
 from "lola vs. powerman and the moneygoround" 70

slade/ merry xmas everybody 73

presidents/ 5-10-15-20-25-30 years of love 70

honey cone/ the day i found myself
 from "soulful tapestry" 71

john lennon/ oh yoko!
 from "imagine" 71

rod stewart/ say it ain't true
 from "foolish behaviour" 80

gary glitter/ i'm the leader of the gang 73

rubettes/ sugar baby love
 from "wear it's 'at" 74

george mcCrea/ rock your baby
 from "rock your baby" 74



2分に満たない小曲、スライの。7分ぐらいの長尺で聴いてみたいとつくづく思う楽曲の良さ。
中学ン時に買った日本盤シングルは今もある_大名曲、キンクス「ローラ」。B面は "berkeley mews" だ。
ルーベッツ、おバカ曲仕様でも隠しきれない英国インテリジェンスか、ピチカートする弦楽器にELOにも似たUK魂を感じてしまう。
”国民的”スレイドのクリスマスソングは、Xmas の s は逆字が正式なんだが…。



slade_Xmas.jpg



posted by denny-0980 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | blogDJ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月14日

blogDJ-#019/君は完璧さ


candy_kisses.jpg

candy & the kisses/ the 81 64

manfred mann/ my name is jack 68

don mclean/ american pie
 from "american pie" 71

simon & garfunkel/ mrs. robinson
 from "bookend" 68

neil sedaka/ love will keep us together
 from "tra-la days are over" 73

jose feliciano/ destiny
 from "fireworks" 70

joan osborne/ what becomes of the broken hearted
 from "standing in the shadow of motown soundtrack" 02

blondie/ maria
 from "no exit" 99

culture club/ do you really want to hurt me
 from "kissing to be clever" 82

rolling stones/ sway
 from "sticky fingers" 71

the city/ snow queen
 from "now that everything's been said" 68

kate & anna mcgarrigle/ love over and over
 from "love over and over" 82







60s Pop からビート重視の80s までを俯瞰した、個人的には完璧な楽曲_流す手はない。しかし時代が変わったとはいえ、米チャートは82位どまり_アメリカのマジョリティは自国の音楽を知らなさすぎ? 対し英1位はさすが。
これも英の頑張り。70年代に入って本国ではすっかりオールディース・サーキットへ組み込まれてしまったセダカは英国のリスペクトで復活。この曲は10CCがプロデュースし演奏もすべて行っている。このベース音! グレアム・グールドマンのリッケンバッカー以外の何に聞こえようか。





posted by denny-0980 at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | blogDJ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月12日

ゴールドバーグ改変盤CD


デモって…そのレストア盤 "barry goldberg" CD _違う、たしかに違う。オリジナルアナログとは別物と断言しよう。かなたウェクス・ヴァージョンであり、こなたバリー・ヴァージョンなのだな、やはり。

オリジナルLP表記では recorded at Muscle Shoals Sound Studios とあるのみ。クライテリアは、全10曲うち9曲の re-mix が行われた_となっている。(なぜ remix なのだろう。最初の "mix" はマッスルで行われたがそれをボツにして?)
しかし、CDのライナーノーツによれば、最初の歌入れはマッスル・スタジオで行ったが、LPの歌、全曲がウェクスの指示によってクライテリアで再録音されたものだったという。ウェクスラーは "pure and dry" なヴォーカルが好みだったがバリーは "I wanted lots of reverb and echo" …とライナーにある。
レストア盤でバリーは、クライテリア・ヴォーカルを廃しオリジナルに戻した、マッスルで録ったファースト・ヴォーカル・テイクを使用。つまりは、「マッスルショールズ・サウンド・スタジオで録ったオリジナル・マルチ・マスターテープ音源だけで再構成された」_曲順も入れ替えた、全曲リミックスし直した、ボツにしていた曲も挿入した…まったく「別盤」。
特にリミックスによる差違は大きい。女声コーラスは完全廃棄。楽器定位は大きく変更され、フィーチャされる楽器自体が変わっている。バンジョーが使われた数曲があったが、バリーはそれが嫌いなのかすっかり消えている。ギター(アコギもエレキも)がかなり前に来たのに驚く_え、こんなにギターが弾かれていたんだと。

ここで思うのは、当たり前のことだが_フェーダー操作ひとつでどうとでもなるという事。セッションにおいて各プレイヤー/シンガーがどんなに頑張って演奏し歌っても、ミックス・エンジニアがフェーダーを絞ればその音が盤に刻まれることはない…渾身のプレイもレコードが発売されて聴くまでは分からない。ギャラは貰っていてもすっかりカットされていたら…かなりショックだろう。(スティーリーダンのレコードはそれが茶飯事だったとか:あのラリー・カールトンすら嘆いていた)

オリジナルLPの、ウェクスの好みのミックスに不満があったゴールドバーグにより完全レストアされたのがこのCD。
ちなみに前述のようにこれはウェクス&ディランがプロデュース名義だったが、ボブ・ディランが他者をプロデュースした「唯一盤」? ならばディラン・フリークにはマストな1枚だが、ディラン先生は…五日間アラバマの田舎町が耐えられたかどうか。一日で帰っちゃったかも。「バリー・ゴールドバーグのレコード?…ん〜奴のことは覚えてるがね。マッスルへは自分の盤を録りに行ったことがあったなあ。え?バリーの盤てオレもプロデュースしたことになってるの?」ぐらいでは…。
五日間というのは、ライナーによれば十数曲のこのレコード・セッションがマッスル・スタジオではわずか五日間で済んだと_とにかく「早録り」のマッスルなのだ。セッション・リーダーはたぶんバリー・ベケット。ベケットの指示から各人のヘッド・アレンジ能力の高さが知れる。ポール・サイモンも言っていた_「1曲を録るつもりでブッキングしていたがすぐに済んで、なので4曲も録れてしまった…」。


レストアできてゴールドバーグとしては至極満足であったろう。で、内容としては…ほぼこちらでOK。当方の趣味的にもレストアCDを支持。しかし2〜3の曲に関してはオリジナルに軍配。特に "I've got to use my imagination" 。これはウェクス・ヴァージョンでのロジャー・ホーキンスのタム打ちドラミングが最高、名手ホーキンスのなかでも屈指の名演奏といえる。そこをかなり引っ込めてしまったバリー・ヴァージョンは完敗。なのでアナログも処分はできない。

CDでは3曲目 "life's fantasy" 、7曲目 "soothe me" _ボツにしていた2曲を挿入している。それともう1曲の previously unreleased song がラスト13曲目に入ってるが、なぜかジャケット表記無し。これは完全に「ボートラ」扱いということだろうか…、いまひとつ意味が分からない。これが凄くいい曲なんだ。気に入ったヨ。
(サイト上 All Music や Discogs にはしっかり "dreamin' " とタイトルが表記される)





posted by denny-0980 at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Muscle Shoals | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月25日

blogDJ-_#018/仲間よ目をさませ!


ricci_martin.jpg


billy paul/ let'em in 77

AKB48/恋するフォーチュンクッキー 13

the pale fountains/ something on my mind _operating twilight single 82

leblanc and carr/ midnight light
 from "midnight light" 77

ricci martin/ stop look around
 from "beached" 77

jack tempchin/ peaceful easy feeling
 from "jack tempchin" 78

rolling stones/ hand of fate
 from "black & blue" 76

linda ronstadt/ i won't be hangin' around
 from "linda ronstadt" 71

james taylor/ angry blues
 from "gorilla" 75

todd rundgren/ can we still be friends?
 from "harmit of mink hollow" 78

war/ why can't we be friends?
 from "why can't we be friends?" 75

paul simon/ slip slidin' away
 from "greatest hits, etc." 77




マッスルがらみで4曲。まずは、マッスル録音だったリンダの…たった1曲のみのマッスル物。ドラムが実にホーキンスしている。ギターはカーでなくヒントンでなくティッピー。コーラスにメリー・クレイトンとダイアン・デヴィッドソン。ロスでのダビングだろうが、ダイアン…何枚かソロ作もあるシンガーだがコーラス参加もいろいろしていたんだな。ルブラン&カーはもちろんマッスルで、そのカーがプロデュースしたマッスル (fame studio) 録音だったジャック・テンプチン盤_この曲はイーグルスが採り上げた曲。ストーンズ曲のギターはマッスルギタリストのひとり、ウェイン・パーキンス

JT曲は『ゴリラ』から。ヴァレリ・カーターとローウェル・ジョージ参加。ヴァレリは当時ローウェルの girlfriend だったんだろうなあ。それにしても andy newmark - willie weeks の巧いこと上手いこと。この盤はこのリズム隊とリースク/カンケル組が交互だが、70年代のトップ・リズムセクション。どちらも上手すぎる。そして音の良さにもあらためて惚れ惚れした。サイモン曲でのスティーヴ・ギャド steve gadd もさすがに上手い、セッションワーク黄金時代70年代。





ラベル:blogdj
posted by denny-0980 at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | blogDJ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする