2016年12月20日

Jackie Moore part 2


IMG_0136.jpg


#164
【Jackie Moore / make me feel like a woman】
produced by Brad Shapiro
( '75 Kayvette)
<B:★★★>



さて音のほうだが…。一聴ではその声が、ミリー・ジャクソンほどのアクはなくとも声質は似ている、グラディス・ナイトっぽくもある、それで苦手な歌い上げタイプだったので、こりゃハズれか…と感じてしばらく置いておいた。が、時間をおいて二度三度と聴きかえすにじわじわ来ますワ_悪くないよ。もうちょっとメロディが良ければとも感じるが、平均点以上の出来。
アップ、ミディアム、スローあり。スロー曲では若干アーシーに南部滋味もあるが基本的には典型的なマイアミ・サウンド。跳ね≠フリズム。
バックメンツは見事なまでの「マッスル仕様」。全曲がマッスルサウンド録音で四人衆(ベケット/フッド/ホーキンス/ジョンソン)にサブのピート・カー gtr/ジェリー・マスターズ bass/トム・ローディper.でリズム隊。ラッパはマッスル・ホーンズ四人衆(キャロウェイ/トンプソン/イーズ/ローズ)、コーラスがローズ+チャーマーズ+ローズの三人。エンジニアがメルトン&マスターズ。そして、弦はフロリダへ移って、おなじみクライテリア・サウンドにてマイク・ルイスのスコアをマック・エマーマンがエンジニアとくれば、これほど完璧なメンツ揃いは珍しいくらい。
しかしここで疑問、マイアミ・サウンドなのだからわざわざアラバマへ来なくとも地元録音でいいのでは? いやいや、たとえばクライテリアには Dixie Flyers というハウスバンドがあったが彼らには跳ね≠ェ出せなかったね、きっと。それほどに、マッスル四人衆(+ピート)は上手いんだ、どんな音楽にも適応性抜群。じつにヴァーサタイルなリズム隊であったことよ。
とくにピート・カーはもともとフロリダから来てるしね、あっちでスタジオ仕事を始めたからマイアミ・サウンドもお手の物。この盤でのギター・パート、全体でジミー・ジョンソンが弾いているのは1割だろう。残り9割はピートのはず。1曲につき最低でも3本のギターはひとりでダビングしていると思う。前に書いたように、ジョンソンはギターを弾くよりも卓をいじりたがった人だが、ピートも卓をいじれる人_ジョンソンと違ってギターも弾くし卓もいじるタイプ。つまりエンジニアリングに長けていたから、ギターの重ね(dubbing)をヘッドアレンジできたんだな。(ロッド・スチュワートの "sailing" ではエレキ4本とアコギ3本をピートはひとりで弾いた) この盤での見事なポップコーン=Qマイアミ・サウンド特有のギター・フレーズ、を聴いて強く確信したのは、72年の大ヒット=ベティ・ライト "clean up woman" でのポップコーンはやはりピート・カーということ。世間ではウィリー "little beaver" ヘイルと認識されているが…。

マッスル系ライターであるフィリップ・ミッチェルの曲もあるが、マイアミのクラレンス・リード作2曲、シャピロも2曲書いている、曲もマイアミ寄り。とくにリードの曲はさすがで出来がいい(タイトル曲も)。
しかし前述どおりに、CD-Rで音は最悪。まったくヘンリー・ストーンたる者がなにをしているやら…。



posted by denny-0980 at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Muscle Shoals | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

Jackie Moore part 1


さしたるレスポンスもないままにずるずると続けている「マッスルショールズ探求」なんだが、すでに峠は越えている_それでもまだ手を付けていない盤が14、5枚ほどリストアップはしている。そんななかの1枚が日本でCD化されたことに気づいた。ジャッキー・ムーア盤。今年の初めにSOLIDからマイアミ・サウンドのシリーズ物として出ていた。
それを買おうかとネチってみるに、USでは既CD化されていた_ヘンリー・ストーンのところから。アマゾンのマケプ中古の最安値が¥1000(+350)…内容にほとんど期待は無いからこれでいいや、と…決めかけてよくよく見れば、日本の業者なんだがそのコメントに「輸入盤/未開封ですが、henrystoneものですのでおそらくCD-Rだと思います」とあった。ヘンリー・ストーンの正規盤で「アール」ってどういうこっちゃ? 逆に興味がわいたので買ってみた。
届くとこれ、ちゃんとシールドされている。ますます疑問がわいたのでネチってみたら、これは2011年盤だが、diskunion のサイトにもあった_「アーティスト及びレーベルサイドの事情でCD-Rでの流通になっています」。なんだよ、事情って??
なかをみたら、なるほどCD-Rでした。ジャケはペラ刷りのカラーコピー。その音も、板起こしでノイズ・リダクションまったく手つかず…、いや驚くね。こんな代物なのに、インレイクレジットに " production supervisor : joe stone / executive producers : henry stone & inez stone " とある。家族でしこしこアール焼きとカラーコピーしてます_てなことか?
ヘンリー・ストーンといえば、KCと組んでマイアミ・サウンドで大ブレーク…フロリダ音楽界の顔役のひとりだってのに、なんだってこんなブートレガーまがいのチープな仕事をやっているのだろうか。信じがたい。
しかし今回のソリッドからのCDも想像するに、マスターテープからでないのでは。このオリジナルは Kayvette という超マイナーで短期間しか運営されなかったレーベルから。マスターが残っているとはどうも思えないんだが…。手元のヘンリー・ストーン物の酷さに比すればまあ日本レーベルならばたとえ板からでもノイズ消しはきっちりやっているだろうけど。

さてタイトルを書き忘れていた。
『Jackie Moore / make me feel like a woman』
これ、Kayvette Records のファースト・リリース・アルバム。

'75 KLP-801 Jackie Moore / make me feel like a woman 
'77 KLP-802 Facts of Life / sometimes
'78 KLP-803 The Facts of Life / a matter of fact
'78 KLP-804 Brandye / crossover to brandye

ケイヴェットからはこの4枚しかアルバムは出ていない。ファクツ・オブ・ライフの2枚に関しては既に当方サイトでレビュー済み。
このレーベルは Brad Shapiro が興したものと思う。ミリー・ジャクソンのプロデューサーとしてが最も知られるところだが、ほかにも仕事多数。まあ当方もよくは知らないンだが…それでもマッスル掘りのなかにたびたび出てくるのでいくらかは調べた。白人で、もともとはスティーヴ・アレイモのドゥーワップ・グループのメンバーであったらしいシャピロ。その後ふたりとも裏方に回り、フロリダ音楽業界で名を上げてゆく。グループの裏方を務めていたヘンリー・ストーンのほうは一足遅れだったが、ケイシーと組むことでふたり以上に大きな成功を収める。大きく見ればアレイモ/シャピロ/ストーン…フロリダではかなり知られた顔役であるはず。(オールマン・ブラザーズの名曲のひとつ「メリッサ」が、グレッグとアレイモの共作であること、オールマン通ならば知るはず。後にサザンロックとして名を成す若手が彼らの下で修行をした)

++++

マッスルショールズと言って、ストーンズ/ロッド/ディラン/ポール・サイモン/トラフィックなどロック巨星らの名がまず挙がるところだが、実際は彼らは短期滞在…この名スタジオを長く贔屓にしたといえるのはブラック勢のほう。一番はボビー・ウォマックであり、ルーサー・イングラムやジョニー・テイラー等々。そしてプロデューサーで贔屓筋といえばドンデとシャピロ。まずドンデ…と勝手に呼んでいるのが Don Davis 。シカゴがベースの、ブラック系アーティストの裏方ワークで手腕を発揮した人。かなりの枚数をマッスル録音(ただし基本はマッスル/シカゴの2箇所録り。大抵の盤はこうだった)。そしてこのブラッド・シャピロ…。手がけたパフォーマーはブラックばかりだったので絶対に本人も黒人と思っていたら…違っていたので驚いた。ミリー・ジャクソンのマッスル録音は10枚近いはず。で、上記の、自身で興したレーベル盤も、すべてマッスル録音であった…、録りはマッスル!と決めていたかのよう。



posted by denny-0980 at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Muscle Shoals | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

blogDJ_#036/ for your glitter night


darlene love/ christmas (baby please come home)

the pogues featuring kirsty maccoll/ fairytale of new york

pretenders/ 2000 miles

gary glitter/ another rock'n'roll christmas

ventures/ rudolph the red-nosed reindeer

band aid/ do they know it's christmas ?

mike oldfield/ in dulci jubilo

slade/ merry xmas everybody

wham/ last christmas

beach boys/ little saint nick (stereo single version)

tom waits/ christmas card from a hooker in minneapolis

RCサクセション/二人だけのクリスマス


クリスマスソングといって、ざっと思い出すまま並べてみるとUK勢が多くなるのは、USよりも宗教色が強いのだろうか、それとも北に位置して寒い場所だからなんだろうか。
シェイン・マックガァンとトム・ウェイツの濁声が図らずも洋の東西から…。
たんなるポップチューンと落とすには惜しい名曲、ワム。素晴らしいメロディメイク。こちらも名曲、凝ったコード進行の妙_RCのこの曲は、アコギ時代、12月しか聴けなかった(あたり前か)。


posted by denny-0980 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | blogDJ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

blogDJ-#035/ホーボーの子守歌


hot tuna/ sunny day strut
 from "burgers" 72

quicksilver messenger service/ fresh air
 from "just for love" 70

luther ingram/ ain't that loving you
 from "i've been here all the time" 72

faces/ you can make me dance, sing or anything
 from "snakes and ladders" 76

vanessa paradis/ your love has got a handle on my mind
 from "vanessa paradis" 92

j. blackfoot/ taxi
 from "city slicker" 83

paul siebel/ jasper and the miners
 from "jack knife gypsy" 71

bobby womack/ i can understand it
 from "understanding" 72

arlo guthrie/ days are short
 from "hobo's lullaby" 72

flying burrito brothers/ four days of rain
 from "fllying burrito brothers" 71



ex- Soul Children のブラックフットの甘茶名曲は、外人大好き「渋谷駅前スクランブル交差点」ジャケット盤から。擬音入り名曲でもあるが間奏ギターがエレシタならば完璧だったが…。対してウォマック、たたみかけファンキーチューンの、あまりのカッコよさヨ_大音調で。アーロ曲はライのスライド、抜群のオブリ全編で、自作ファーストとまったく同じ音だ。






posted by denny-0980 at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | blogDJ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

blogDJ-#034/猫年


cuff links/ tracy 69

byrds/ feel a whole lot better
 from "mr. tambourine man" 65

neil young/ coltez the killer
 from "zuma" 79

al stewart/ year of the cat
 from "year of the cat" 76

jack bonus/ cold chicago wind
 from "jack bonus" 72

simon & garfunkel/ so long frank lloyd wright
 from "bridge over troubled water" 70

canned heat/ goin' up the country
 from "living the blues" 68

mungo jerry/ in the summertime 70

lenny kravitz/ it ain't over til it's over
 from "mama said" 91

vanessa paradis/ just as long as you are there
 from "vanessa paradis" 92



ボーナスの曲まであるとは嬉しいぞ、UT。ジェファースンの取り巻きの変態おじさん…とかいってもLPの時は二十代だろうな。当然の「唯一盤」なんだが個人的には忘れられない名盤。
クラヴィッツの cool side なヒットは "エレシタ・チューン" 。ヴァネッサ…この人の姓はパラダイスか? この曲もクラヴィッツが、作/プロデュース。

posted by denny-0980 at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | blogDJ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月22日

monster guitarist


久々にマッスルネタをひとつ入れておこう。それにしても、「マッスル? いいよねぇ…」というロックファンでもナンノコッチャ?_極小ネタだが。マッスル・ギタリストのこと。当方いち押しのピート・カーですら「マッスル好きUSロック・フリーク」にあまり通じないというのに、よりコアな名前のラリー・バイロム。
『マッスルショールズのギタリスト』の問いに対する普通の答えは? ジミー・ジョンソンとくればひとまず合格か。エディ・ヒントン? デュアン・オールマンも多そうだな。他にもいるんですわ。ティッピー・アームストロング/ウェイン・パーキンス/ピート…そしてこのラリー・バイロム。

マッスルセッション盤参加ではピートに次いで多かった名前のバイロム。ヒントンよりも枚数はあるんだが、いかんせんいわゆる「マッスル盤」話題になる初期_69〜73年頃にヒントンは集中しているので知られるが、バイロムはその後…カントリーやポピュラー色の濃い、日本で話題にならない盤が多いというマイナス面が。

そのインタビューを見つけた。
http://steppenwolf.com/p-4261-qa-w-guitarists.html

この人、あのステッペンウルフの2代目ギタリストとして3枚に参加という意外な経歴。もともと生まれがアラバマということでLAでの活動から戻ってセッションワークへ。可もなく不可もなし、手堅いプレイという印象のギタリスト。

steppenwolf_monster
ギターうんぬんでなくアルバムとしてなかなかの好盤



追記:
最近マッスル盤もあまり聴いてないもんでね…、間違えてしもた。な〜んか誰か忘れてる気がしてならなかったが思い出した、ピートについでクレジットが多かったギタリストはバイロムじゃなかった、ケン・ベルのほう。Ken Bell (Kenny Bell / Kenneth Bell ...)



posted by denny-0980 at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Muscle Shoals | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月01日

blogDJ-#033/黒い炎


neil young/ like a hurricane
 from "american stars'n bars" 77

neil sedaka/ little brother
 from "the tra-la days are over" 73

kinks/ berkeley mews
 from B-side of single "Lola" 70

rare earth/ get ready _album version
 from "get ready" 69

back street crawler/ new york new york
 from "the band plays on" 75

・松任谷由実/ dang dang
 from "パールピアス" 82

sugarloaf/ green-eyed lady
 from "sugarloaf" 70

ides of march/ vehicle
 from "vehicle" 70

byrds/ wasn't born to follow
 from "the notorious byrd brothers" 68

chase/ get it on 71

brian hyland/ gypsy woman
 from "brian hyland" 70

eric burdon & the war/ spill the wine
 from "eric burdon declares WAR" 70



※カーティス(インプレッションズ)をカヴァーした60sアイドルのハイランド、プロデュースはデル・シャノン。全米3位だが最後のヒットか。日本ヴィクターから Uni レーベルの初回発売の1枚だった ※前回に続きセダカのUK録音_10CCバックが冴える。特にグールドマンのベース ※(アイアン・バタフライのガダダヴィーダや)このレア・アースの無駄な長尺ぶりよ…これこそ「時代」 



posted by denny-0980 at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | blogDJ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月08日

ばっちりマッスル盤


jose_muscleA.jpg


#163
Jose Feliciano/Sweet Soul Music
produced by Jerry Wexler and Barry Beckett
( '76 Private Stock)
<A:★★★>



ホセ・フェリシアーノにマッスル盤があったとは…と知ってネットで購入。都内で探してもそうは出てこないだろう盤。あれば¥5〜600と思うがもしも渋谷で見つけたとすると往復運賃入れれば2000円越え。それが eBay からで、米国の田舎から送ってもらっても¥1675で済んだ、便利な時代。

A-1: i love making love to you
-2: every woman
-3: the hungry years
-4: marguerita
-5: loveing her with easier
B-1: sweet soul music
-2: love comes from unexpected places
-3: that woman
-4: the air that i breathe
-5: funny / night life

A2のデイヴ・メイスン、B4がホリーズのカヴァーで大ヒット(オリジナルはアルバート・ハモンド)した曲、この2曲がまあ知られるところか。しかし他も興味深いカヴァーが並ぶ。A3は70年代のニール・セダカの傑作。A5:クリス・クリストファーソン&B3:ドニー・フリッツ楽曲と、南部滋味もありき。B2は、この盤にもコーラス参加しているキム・カーンズのマッスル録音アルバムからの曲であり、アルバムタイトルにしたB1はエレクトリック・フラッグ盤収録から_どちらの盤もウェクスラーがプロデュースだった、ウェクスの提案した曲だろう。ラストはウィリー・ネルソン楽曲。

過去に、エディー・ヒントン/ボニー・ブラムレット盤など、当方大のひいきのデザイナー、ジョン・コッシュ作にしてマッスル録音盤はあったがこのフェリシアーノ盤もまさにドンピシャなコッシュ=マッスル盤であったことにまず驚く。
それと、マッスル=ピート・カー関連盤をこれまで15年以上に渡ってコレクトしてきて、残りもまだ20枚ほどチェックしている盤あれど、このフェリシアーノ盤は最後ではないかと思えるぐらいの「パーフェクトなマッスル盤」である。そのバック陣容が。
ウェクス/ベケット・プロデュースによる、全曲が Muscle Shoals Sound Studios 録音であること。演奏はマッスル四人衆+ピート・カー+perc. トム・ローディ、のみ。ホーンがマッスル・ホーンズ四人衆。弦の被せが、マイク・ルイスのアレンジでクライテリア録音であること。それとこれ重要_エンジニアがジェリー・マスターズ&スティーヴ・メルトンのコンビ。

デザインから録音仕様まで、当方の望むところにがっちり合致する最良盤ということだ。76年ということでピートの「弾き」もけっこういい。これで2〜3の曲の不出来…というよりここにはハマらない感なんだが、別曲であったら文句なかった。とくにラストがちょっと…。



+++++


jose_muscleB.jpg

デザイン的には… Kosh work としては、さほどよくないか。表よりも裏のほうが「らしく」、マシ。



posted by denny-0980 at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Muscle Shoals | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

blogDJ-#032/keeps on burning


four tops/ if i were a carpenter
 from "reach out" 67

shocking blue/ venus 70

10CC/ fresh air for my mama
 from "10CC" 73

norman greenbaum/ spirit in the sky 70

strawberry switchblade/ go away 85

minnie riperton/ the edge of a dream
 from "perfect angel" 74

poco/ dallas
 from "head over heels" 75

neil sedaka/ better days are coming
 from "solitaire" 72

style council/ my ever changing moods (extended) 84

sly & the family stone/ if you want me to stay
 from "fresh" 73

donald fagen/ snowbound
 from "kamakiriad" 93

jam/ a solid bond in your heart (demo) 82



※スタカンのこの曲はピアノ・テイクとバンド・テイク、どちらも良し。※グリーンバウム曲、強烈なファズ・ギターはラッセル・ダシェール。ヒイキ筋ギタリスト。※「ヴィーナス」、original version とあるが本来のオリジナルはもっと遅いテイクでは。これはジェリー・ロスがUS向けにピッチを上げたUSオリジナル。※セダカの曲。10CCバックのUK経由アメリカンポップス。※ミニーのデビュー盤は、そうか、 Wonderlove 盤だったんだな。





posted by denny-0980 at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | blogDJ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月02日

blogDJ-#031/フリーク・アレイ


beach boys/ break away 69

tom jones/ daughter of darkness
 from " i who have nothing" 70

dream academy/ in the heart 88

donnie fritts/ winner take all
 from "prone to lean" 74

大滝詠一/水彩画の街
 from "大瀧詠一" 72

donovan/ try for the sun 65

super session/ season of the witch 70

ventures/ guitar boogie shuffle
 from "rock and roll forever" 72

blue ridge rangers/ workin' on a building
 from "blue ridge rangers" 73

temptations/ just my imagination
 from "sky's the limit" 71

jose feliciano/ light my fire
 from "feliciano!" 68

mamas and papas/ creeque alley
 from "deliver" 67



ドリーム・アカデミィのこの曲は Japan exclusively release 。デン2の札束攻勢に負けた?_ビール「ハートランド」のCMのために書き下ろし。後に歌詞換えてアルバム収録。ドノバン、デビュー時のこのハープの響きはたまらない。次曲、サイケデリアに世界的に受けた時期もまた良し。don & bob 無しのベンチャーズはハーヴィ・マンデルの独り舞台。「クリーク・アレイ」から「フリーク・アレイ」へ…誰も分からない、個人的な思い出。



posted by denny-0980 at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | blogDJ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする