2019年03月21日

ゴードン/パークス

78年に出たSD初の2枚組ベスト『グレイテストヒッツ』にアウトテイクが1曲のみだが収録された_ "here at the western world" 。なぜこれだけいい曲を…個人的にはSDベスト5のひとつ。
82、3年にアナログで『gold』という別のベストが出たが、これの拡張版CDが90年代始めに出たときにそのCDライナーノーツにはこのアウトテイク曲もパーソネル・クレジットが入った。
michael omartian, chuck rainey, jim gordon, dean parks
from sessions for "The Royal Scam"

これも変だな。レイニー/パークスは『摩天楼』に名があるがオマーティアン、ゴードンはない。4人がばっちりハマるのは『さわやか革命』。当然この3枚目セッションのアウトテイク。
ここでのゆったりしたゴードンのドラムも良し。ベースは…シンプルに弾けないわけじゃないだろうがレイニーとは思えない。エレキギターのパークスがベースも弾いたように感じる。アコギはベン・ベネイじゃないか。
ゴードンもいいが、やはりこの曲はパークスが最高。目立たない、派手なリードもない。が、細かいオブリと短めのリードが素晴らしい。パークスはどれだけのアルバム参加があるか分からないハード・ワーカーだが、この曲はベストに近い_少なくとも僕にとっては一番好きなギター。カールトンと混同されがち(実際にふたりはジョニー・リヴァース・バンドで一緒だった)なパークスだが、ここで聴けるような若干の「濁り」音色がこの時期の特徴なんだわさ。


このビデオにあるように非常に暗いドラッグに関する歌詞とは思うが、意味はわからへん。暗すぎてオクラにしたのかも…

posted by denny-0980 at 12:33| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

small circle of Tin-Pan friends

Steely Dan のドラマー。プリティ・パーディ、ポール・ハンフリー、ギャド、ケルトナー、エド・グリーン、マロッタらを惜しみなく曲毎に配した豪華セッションは活動半ばから。初期のバンド・メンバーとしては、役不足だったオリジナルのジム・ホッダーから若きポーカロのリクルートだったが…その間をリリーフ登板したのは三作目『さわやか革命』のみのジム・ゴードン。この盤はポーカロが2曲で残りはすべてゴードン。ジャジーなアルバムにハマったのは、もともとジャズが出自のゴードンだったからと思う。SD最大のシングルヒット「リキの電話番号」もゴードン。デラボニ〜ジョー・コッカー〜ドミノスと、スワンプロックのパワフル・ドラマーが代名詞になってしまったゴードンだが、前歴はロスのセッション畑で活躍、素地にジャズがあったからだろう。ウェストコースト・ジャズを強く感じる。「リキ」もそうだが軽いドラミング/リム打ちやブラシなどがこの人の本来の味ではないか。
それをもっとも感じさせたのは、68年のアルバム『The City _ now that everything's been said』。キャロル・キング、チャールズ・ラーキー、クーチの三人組の唯一盤では全編でドラミング_小粋にジャジー、真骨頂。クーチももともとジャズな人だろう、ハマったコンビネーション。それと、こちらはモロだったがトム・ウェイツ。たぶんプロデューサーのボーンズ・ハウからのオファーだったろう、セカンドの『the heart of saturday night』はゴードンが叩いた。




シティ.jpg

ところでLP『The City』、収録うち2曲が King = Palmer 作。このパーマーはデヴィッド・パーマー。一番最初に SD-fame から弾かれたあのオリジナル・ヴォーカリスト。SDの最初のヴォーカルだったが即クビになってしまったデヴィッド・パーマー。その後にビッグ・ワークーというバンドをやったねぇ、付き合いで買いましたヨ。もともとはチャールズ・ラーキーらとThe Myddle Class というバンドをNYでやっていてキャロル・キングのプロデュースだっけ? Tomorrow レーベルからシングルを何枚か出した。その意味でティンパンアレイに関係ある者といえそう。なので、SDの結成時にお声がかかったのだろう。ベッカー/フェイゲンは、ジェイ&アメリカンズをとっかかりとしてティンパンに潜り込もうと必死だったし、ゲイリー・カッツ(当時はゲイリー・カノン)もリチャード・ペリーと組んでNYの業界人だった。たまたまカッツが西海岸レーベル ABC に誘われたから皆してロスへ行くはめになっただけで「こころはNY」がSDの肝。ティンパンアレイがおおきなファクターであったと思う。
エリオット・ランドールは古くからのティンパン仲間だっただろう(ソロ作の1枚はドン・カーシュナーのレーベルからでプロデュースがトーケンズ)。なので、ランドールとカールトンは違うと思う。カールトンやグレイドンらはフェイゲン(&カッツ)にとっては、一流ではあるが替えがきくセッションメン。いわば駒のひとつ。しかしティンパン仲間は長年の信頼関係がある_。ある意味最大の信頼はデニー・ダイアスだったはず。スカンク・バクスターしかり。結成時はティンパン仲間に声をかけて始まったと思われるSD。リック・デリンジャーもNY仲間のひとりだろう。なにしろバート・バーンズのBANG!からデビューしたバンド、マッコイズなのだから。WikiにはセカンドLP『エクスタシー』の録音場所がサンタモニカ(ヴィレッジ)とコロラド(カリブ・ランチ)となっているが、これは変だ。コロラドでの録音はデリンジャーがソロの録音を彼の地でやっていたので、フェイゲンは仕方無く "Show Biz Kids" のテープをそこへ送ってスライドをオーバーダブさせて返送させただけ。そこまでしたことでも、単なるいちセッションギタリストとは別格と知れる。


posted by denny-0980 at 09:58| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月19日

極東駐留

https://youtu.be/T54EZlZeEmM
その昔、現AFNがまだFENだった頃_在日米軍放送の話、大の贔屓だったのは Jim Pewter Show。本国では何分番組だったか知らないがFENでは30分だった。カセットに録っても聴いていた。いまも数本残している。Wolfman JackやCharlie TunaもKing Biscuit Flower Hourも好きでよく聴いたが、これも_Time Machine。他の番組は本国放送を、トランスクリプション・ディスクとか言ったな、片面に30分入れるために規格外サイズのディスク仕様だったらしいが40cm近いLP盤に焼いて軍用機で持ってきてそれを流していたはず。しかしこのタイムマシーンはオリジナル番組、軍属のDJによるものだったと記憶ス。 

ん? AFNはいまも聴けるのか? そうか「ラジオを聴く」習慣がすっかりなくなったからダメなのか。radikoには入ってないからだけど、ラジオのチューナーを合わせればいまでも米軍放送は聴ける…よなぁ? しかしラジオを聴いている人ってかなり少なくねぇ? てか、ラジオって売ってるんだっけ? そこから分からなくなってる…。
posted by denny-0980 at 23:29| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

lazybone

「東京さくらトラム都電荒川線」、TVで東京都広報嬢が言ってやら。これで「正式名称」にしてしまったてか?
片仮名偏重、なんでもかんでもカナにすれば「サマになる/カッコいい」という勘違い…誰かエラい人/影響力ある人よ言ってくれ、そりゃカッコ悪いんだって_と。とりわけ公共関係ネーミングの暴走ぶりには怒りすら覚える。トラムだのゲートウェイだのを誰が許した? ウチの隣町など住所が「ピアラシティ一丁目」になっちまった! ああ馬鹿も休み休みに言え。

posted by denny-0980 at 08:22| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月16日

凍結保存

テニス試合の長さについて書いたが、朝刊には「サーブまで25秒とする『ショットクロック』導入」_プロ大会で決定の報。TVの軍門に下ることなき貴族スポーツ≠ゥと思えたテニスをしてもダメか…スポンサーという帝王のご意向には逆らえないのか。その記事下は春の選抜大会。日本スポーツの諸悪の根源、若人を蝕むブラック大会が悲しみのなかでまたも開催されるという。ニッポンを憂いて我滂沱…。
posted by denny-0980 at 10:45| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月15日

not for sale

下のアリサ曲「rock steady」だが…確かアレにと思い出した。一昨年の仕事。キャンペーン対象CD複数枚購入者へのプレミアムCD、非売盤のデザインをやった。『Peter Barakan presents: My Favorite ATLANTIC Grooves』は、バラカン氏によるアトランティック音源からのベスト・コンピレーション。全12曲は_
・ruth brown / 5-05-15 hours
・clyde mcphatter & the drifters / money money
・little esther phillips / mo jo hannah
・ray charles / mary ann
・willie lee / teasin' you
・otis redding / mr. pitiful
・sam & dave / you don't know like I know
・booker T. & the MG's / groovin'
・freddie king / play it cool
・wilson pickett / hey jude
・aretha franklin / rock steady
・king curtis / patty cake
全曲に1行コメントを付けている_アリサ曲には「ソウルの女王の最も脂がのっていた1971年、歌も演奏も編曲もすべて完璧だ」_。
このCDジャケのラフが出てきた。バラカン氏が、ちょいと The Three Stooges のラリーに見えてしまうが支給フォトゆえ仕方ない。採用デザインは茶色メインの down to earth 感のもの。しかしこちらのブルー・バック案、NYレーベルの洗練という感じでどうだろう? いまさらだがこちらでもよかった…気がする。


1708-barakan_type-1.jpg
posted by denny-0980 at 14:20| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月14日

drunken aniton

SD「ヘイ・ナインティーン」の日本盤シングルは即買った。B面目当てに。80年のシングルというのにどそのB面はず〜っと古い楽曲_セカンド収録「菩薩 / Bodhisattva」。ただしスタジオ録音のそれでなく、なんと超レアな live versionだった。『ガウチョ』までしかSDと認めていない僕としては「唯一の」SD live 音源、オフィシャルには。音質拘りという点ではロック界の頂点とも云えたベッカー/フェイゲンなのにこのテイクはまさかのカセット音源。何故リリース許可したかという疑問も。
 1)アルバム収録はありえないがシングルのB面なら大目に見る
 2)MCが大笑いだから世に出したくなった
てなところかも。手持ち日本盤を引っ張り出すのが億劫なのでネットのUSシングル・レーベルを見るが、こう書かれている_(日本盤にはなかったような)。
 produced by gary katz
 live at santa monica civic
 original recording on cassette 7-4-74
 your host : jerome aniton

サンタモニカはSDの拠点 Village Recorders の所在地だから地元。会場は、ニール・ヤングが『harvest』というライヴアルバムを計画していたのにここシヴィック・センター(オーディトリアム)でのライヴからブートLPが5種も出てベストセラーになってしまったから急遽スタジオ制作に変更された、そんなハコ。
それよりも興味深いのはジェローム・アニトンという名前。このB面は7分越えの長尺…だが、最初の2分半はMCのみ。それがアニトン。そのベシャリ、大笑いの連続。本人も笑っている。酔っている。ぶっ飛びMCはさて酒かドラッグか。メンバーも聴きながら大受け。やんやの喝采だ。さてこのJアニトンなる人物は何物か。ローディのひとり/機材車のドライバー/単なるヨッパライでベッカーがダウンタウンの飲み屋で見つけてきた…諸説ありですわ。ハッキリせず。白人とも黒人とも。
ズルズルにして抱腹絶倒なMCもいいが、演奏が凄くいい。カセットといえど遜色まったくなし。ここでは1年足らずでクビになるジェフ・ポーカロと、やはりクビになるギリギリでラストかものジム・ホッダーでダブル・ドラム。ホッダー同様に脱退寸前のスカンクとダイアスのギター。マイケル・マクドナルドのキーボードとロイス・ジョーンズのパーカッションも加わっての熱演は「バンド形態」スティーリー・ダンのファイナル・パフォーマンスであっただろう。しかしSD、『ガウチョ』までに駄作は一枚もない/セッション・ワークの金字塔とも認めるが、バンド的SD期のほうが良かったと信じる身としてはこのグルーヴは最高。
 can you show me the shine of your Japan
 the sparkle of your China, can you show me
日本や中国での「輝き」を我に…と歌ってしまうのもある意味安直な東洋趣味という気がする曲だがね…。
収録はもっとも売れなかったセカンド『エクスタシー』だがこのアルバムもよし、しかしマイ・ベストは準メンバーといえるエリオット・ランドールのみ参加、まさにバンド然としたファースト『can't buy a thrill』なんだ。

posted by denny-0980 at 09:29| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月12日

『500 Atlantic R&B/SOUL Singles』

さすがに延期が多すぎて、ネットで見ると手厳しいというか…終わった?/頓挫したらしい/出す気あるかしらん?等々、そりゃ言われますわね。「500」と謳ったかぎりは全うせねばということで鋭意努力を続けているのはワーナー宮治氏。ようやくなれど vol. 5/6 の100曲が揃いましたヨ、3/27発売。
今回のジャケ・イラストは Chicago Transit Authority …シカゴの街といえば高架鉄道網。これで昼夜にしてみた。

#5_680.jpg

#6_680.jpg

posted by denny-0980 at 15:47| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月10日

19才

リイシュー・シングル、アレサ・フランクリンの…と書いたのはシングルジャケ表記が「アレサ・フランクリン」ゆえ。ま、アリーサ・フランクリンとしたいところだが。
歌詞に入れたのはフェイゲンかベッカーか… steely dan "ney nineteen" 。



ここでは前に That's 入れてるからツメ、リーサ<tランクリンに。

+++++

「67年に俺はガンマ・カイで顔だったぜ、ボストンでの話さ」と始まる歌。
フェイゲン、ベッカーの出会いはNY州バード大(Bard College)でのこと。ん? マサチューセッツ州じゃないな、フェイゲンは "Boston Rag" なんて曲もやっていたがなぜボストン拘りだっけ…? それは置いておいて、ガンマ・カイってのは大学のフラタニティーですな。やたらギリシャ文字名称にする学生寮。ジョン・ベルーシの出世作だった『アニマル・ハウス』は寮での馬鹿騒ぎだったか。ギリシャってことで古代ギリシャ人風の白布衣装がお約束、これを Toga ということはこのCDで学んだ。

DCC_toga.jpg

ずばりタイトルが『Toga Rock』。87年盤は、Steve Hoffman が興したDCC (Dunhill Compact Classics) レーベルから。ここは Rhino の牙城を崩すかもと期待したオールディーズ・レーベルだったがそうはならなかった。このCDのライナーノーツはかの Jim Pewter _ king of DJ だからね、音もしっかりした大したレーベルだったんだが。内容はアニマル・ハウスまま、馬鹿騒ぎの時の定番曲コンピレーション。

馬鹿騒ぎ曲、ベストはこれ:
https://youtu.be/57s89xrC93o

+++++

このUT投稿歌詞、 The Soul Survivors となっているところはミスだ。オリジナルLPスリーヴの歌詞では the sole survivors 。唯一の生存者。しかし上のアリーサと続けているから sole = soul で同名バンドとかけてもいるだろう(CD『Toga Rock』には "The soul survivors / expressway to your heart" も収録)、魂の生存者の意味とも…いろいろな意味を持たせているはず。ダブル・ミーニングでいえば、アウトロで出てくる The Cuevo Gold も、有名テキーラでもあるし、(なになに)ゴールドは産地名+ゴールドとするマリワナ名でもありそう。次ぎの the fine Colombian とともにドラッグがらみなのは明白。そのふたつが「今夜を最高にしてくれる」って…。ダンスは踊れない/話は通じない「19才」とヤクザなオヤジが…こりゃ援交ソングだな。音が崇高/静謐なわりにはゲスな歌詞。
posted by denny-0980 at 16:00| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一時凍結

大坂人気はどこまで保つか。まず国籍はどうなるだろう。それにしても思う、テニスは盛り上げにくい競技。試合時間(特に男子メジャー大会だが)長過ぎ。TVでは中継枠の設定がつらそう。それにリスキー。大半がトーナメント大会ゆえ、全試合放映権を買っても目玉選手、大坂などが、1回戦敗退しては大損では。どうにもTV向きでない種目。
かつては茶の間の花形だったプロ野球も、試合時間がネックで右肩下がり傾向。テニスは時間短縮としてサーブでダブルフォールト廃止、ワン・フォールトなんて無茶案もあったが、昨今の野球では七回制変更案も。どちらもそこを変えたらほぼ全否定と思える無茶振り。但し、ことプロ野球は思う_時間短縮として打者はバッターボックスから出てはいけないルールに変更せよと。1球毎に素振りなんかしてんじゃねぇよ、さっさと打ちやがれ/投げやがれ。

テニスも野球もだらだらと長くてこそ、それでいいんじゃないかとも思うが。TVのために始まった競技じゃない。それを良しとする者だけが観て楽しめばよし。ただそのままでは廃れる、TV放映されない、オリンピックから外される_か。「柔のこころ」を捨てて(カラー柔道着の愚!)メダルにしがみつく柔道や、頻繁なルール改正のバレーボールなどはとても情けない気がする。何を目指して媚びるのかという疑問。本来、人気とかメダルとか、ましてや観衆などまったく本質と無関係。観るもんでなく、ただ「やる」のがスポーツ。

本来の意味がねじ曲がっているといえば、祭りや初詣もおかしい。観光/集客の道具じゃなかろうよ。どちらも氏子だけで感謝・奉納・祈祷すればいいこと_域外の者には見せるべきでもない…と思うが。そりゃ都会に住むモンの傲り、村の神輿を担ぐ若い衆もおらんようになった土地じゃ何が何でも話題作りせりゃならぬヨ…の声は半分だけ聞く。

posted by denny-0980 at 07:53| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする