2017年10月14日

Muscle '69

boz muscle.jpg

#167
【Boz Scaggs】
produced by Boz, Jann Wenner & Marlin Greene
( '69 Atlantic)
<ー:★★★>


マッスル関連盤を並べて十数年、167枚目にしてこの盤とは。マッスルショールズと言って、話が通じるロック好き諸兄に「マッスルこの1枚は?」と問うたら、まず挙がりそうなこのボズ盤。それほどに有名なマッスル盤をスルーしてきたのは、30年前に買ったが処分してしまい手元になかったから。思い入れがなかった、というか「デュアン・オールマン」ばかりが語られるのが疎ましい盤でもあった…。
 今にして知ったのは、買ったLPがリイシューだったこと。いや、リイシューを承知で買ったが、単なるリイシューでなく「リミックス・リイシュー」であった事実を知らなかった。詳細は下に書いた通りで、69年のオリジナル盤は名手テリー・マニングによるミックスであったが数年で廃盤。世に出回ったのは77年からのリイシュー盤で、それはトム・ペリーによって remix されていた。これは、オールマン・ブラザーズ・バンドのブレイクに当て込んで_この盤でデュアン・オールマンが長尺にソロを弾きまくっていたことでそこにスポットを当ててのリイシュー。ボズのブレイクはまだ成っていなかった、あくまで「デュアンの素晴らしいセッション盤」としてまず注目された。
 トム・ペリーを責めることはできない、アトランティックとしては棚からぼた餅の盤だったので当然の処置、ボズよりも「デュアンの盤」としてリミックスを施す。

2年前にUKのエドセルが "original 1969 version" と "1977 remixed version" 、マニング盤とペリー盤とを2枚に分けて抱き合わせ、2枚組CDとして発売してくれたのを今、手にしている。やっと「本来の」LP『ボズ・スキャッグズ』を聴くことができた。
 やはり「ミックス」は大きい_マニングのネームバリューから言うわけじゃなく、オリジナルはリイシューよりもずっと良かったのだ。ここでやっと、マッスル・ショールズ・サウンド・スタジオの最初期(69年春にオープンして、これは夏の録音)録音盤を堪能できる。
 ただし…ここにはピート・カーはいない。エンジニアもマーリン・グリーンで、メルトン/マスターズのコンビでもない。マッスルスタジオの口開け時であり、全盛期はまだ先のこと。グリーンが当初のエンジニアであったがこのスタジオでの仕事は2年あったかどうかだったと思う。
 最近の話題で、雑誌「ローリング・ストーン」の身売り話があった。創業者ヤン・ウェナーの名前を久しぶりに聞いたが、そのウェナーがこの盤のプロデューサーであった。シカゴでスティーヴ・ミラーとやっていたボズが流れた先のサンフランシスコ、その地で雑誌を立ち上げたウェナーとの関係はフリスコ・ロックとして浅くなかっただろう。
 フリスコ前に北欧へ流れて彼の地オンリーのアルバム、フォーキーな弾き語り盤(ウルトラレアだったがCD化)があったボズだがそれは小手調べとして実質の「デビュー盤」はこれとしていいだろう、この後『my time』で再びマッスル録音があった、自身の音楽性との相性の良さを最初に示した好盤といえる。

バックはマッスル四人衆が張り切ってお仕事、そりゃそうだろう、自前スタジオが始まったばかりなのだから。ギターはジョンソン以外にデュアン、ヒントン、ボズも。ボズは結構弾く人だからこの盤でもヒントンのプレイと思われている箇所がかなりボズ本人のギター…とみた。
 コーラスに、シェール盤に続いて Donna Thatcher の名が。後にシスコへ行ってキース・ゴドショウと結婚、夫婦でデッドに参加した、あのドナ・ゴドショウその人。マーリンの奥さんのジーニー・グリーンは分かるが、トレイシー・ネルソンがマッスルへ出張りというのは珍しい_いやいや、これはフリスコ・オーバーダブだねきっと。

++++++


と…戸…都……。ここまで書いてさぁアップすっかな…と思ったがジャケ写を入れねばと気づき、スキャンも面倒ゆえネット拝借しようとしたわけで。そこでえらいコメントを見つけちまったよ!_「このエドセル盤、アホもたいがいにせ〜よ、盤面表記が『逆』であるぞ! original 1969 version となっているほうが77年リイシュー音源なのだ。ゆめゆめ『オリジナルが最高じゃん』などと吹聴して赤っ恥をかくなかれ…」とな! でもってwiki を見直せば、"Boz Scaggs (album)" の項目にもちゃんと書いてあったわ_「Edsel mislabeled the discs... 」と。
 怖い!怖すぎる…。すんでの所でやっちまうところだったではないか。てか、もうやっちまってるし。なにが「名手マニング」だ…、それはトム・ペリーのミックスだってよ〜! 我、じっと手を見て涙ス…これまでもどれだけいい加減なことを書いてきたことか…。
 斗、少しだけ思ったがこれぐらいではめげない、だいたいシロウトのブログなんてこの程度/常に眉にツバつけて読んで頂きたい所存でござる。
 とりあえずは自己検証をしようと思い立ち、三十数年前に池袋オンステージヤマノで買ったUSのリイシュー盤、とうの昔に処分してしまった盤、そこから "I'll be long gone" だけは焼き残しているのでその音をエドセルの2枚の同曲とで聴き比べてみた。
(A) USリイシュー・アナログ
(B) エドセルCD "original 1969" と書いてある盤
(C) エドセルCD "1977 remix" と書いてある盤

(A) と (B) にくらべて (C) 、楽器定位/分離の激しいテイクになっている(左右振り分けでボズの歌のみがセンターにある)。なるほど、たしかにエドセル盤表記はミステイクですわ。
 が、よくよく聴くに…同じのはずの (A) と (B) 、近い、が「違う」。まったく同テイクではない。顕著なのはロジャー・ホーキンスのドラムのパン位置/定位。センターを0度として左右目一杯に振ったところを90度とする。
(A) 左40度
(B) ほぼセンター0度
(C) 右85度

深い、ミックス(リミックス)は深すぎる…。それは兎も角、なんだかんだ言って、やはりこの盤は "I'll be long gone" に尽きる。



posted by denny-0980 at 07:59| Comment(0) | Muscle Shoals | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

Sleepwalker

「カンツリー・ロック」debut single はサント&ジョニー・カヴァー

produced by ゼイガーとエヴァンス 発売:2525年4月1日

guitar: denny-0980 (dedicated to Dennis Wilson)
guitar: 田村 猛太くん (dedicated to Berry Gordy, Jr.)
bass: 橋 安美 (dedicated to スパイダース/かっぺちゃん)
drums: 狭間 堅爺 (dedicated to Eleanor Rigby)

special thanx to Garageband





posted by denny-0980 at 08:23| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

Last week

・立憲民主党って…板垣退助か。しかし「みどり」だ「希望」なんてイメージ優先の党名よりも古色蒼然、愚直さを演出でいいんじゃないの。選挙行くのは年寄りとガッカイ員だけなんだから…。

・映画を観る。ストーリー上の重要な要素として、身障者と健常者(身体的な)のセックスがあったが、主演の若い女優はおっぱい見せないのね。リアリティがないんだよなあ。事務所から「うちの○○、裸は無しってことで…」とか釘刺されてだろう。日本映画の浅さを見る思い。女優名乗るならカメラの前で裸になってなんぼでしょ、その程度のガッツある女優を起用してちょ〜だい。悪い映画じゃないだけに惜しい。べつにおっぱい見たくて言ってんじゃないが(おっぱい見たくて言ってんだが…)。

・TVニュースでも取りあげていたが、先日当方も「アメ横」へ行ったときに驚いた_外人が経営の店が増えて強引な<客引き>、参った。東京板橋の生まれだが10才からは埼玉。それでも東京中あちこちへ行ってる、中で一番回数多いのがアメ横だと思う。思い入れも思い出もある場所だけに、由々しき状況に落胆。

・RIP Tom Petty. しかし本国での big name も日本では…。日米でこれだけ人気差があるミュージシャンも珍しかったような。なぜ…と思えば、「遅れてきた」アメリカンロッカー故という気もする。

・相も変わらずジャニーズ様なければ夜も日も明けぬTV界、どうだかなぁ…。ラジオだが、トキオのマツオカが、ドラムの師匠はそうる透と言っていた。師匠、その昔に東京おとぼけキャッツの一員としてオバカ一直線だった過去をマツオカは知るや否や。ダニエル茜ちゃんは誰の師匠になっているだろう…。

・米銃規制が進まないのも単に全米ライフル協会のロビー活動だけの結果でなく、米国人の「血」の問題か。開拓という詭弁のもと、侵略を続けて国を作った先祖からして根本が「いつ仕返しされるかわからない_銃で身を守り続けねば」では。隣人はヤバいと心すべし=性悪説が国の体とように感じる。警察力をある程度期待できる都市部のリベラル層が規制の声を大きくすれど、8割方の地方層_テメエの銃だけが頼り、これを変えるのは並大抵でないような…と諦めからは何も生まれないか。世代変わって「血」も変わったと思いたい。

・米国野球は本国だけあって日本野球はまだまだ見習う点が多い。これもひとつ、ペナントの閉幕。米では最終日が揃っていて実にすっきり。さあこれで次ぎはポストシーズンだ、と気持ちもすんなり切り替えられる。対し日本、残り試合数がばらばらだからズルズルと続くチームありで、まことに見苦しい/興味を削がれる。日程調整、なぜ米のように尻を揃えようとしないのだろうか、できない理由がなにかある?



posted by denny-0980 at 18:15| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

play something sweet

Drag Queen やドラグ・パフォーマーという言葉は性差別的には…どうなんだろう、OKなんだろうか。その初期のシンガー、ディスコ・ヒットを飛ばして人気だった人、シルヴェスター。ネチれば悲しいかな、時代ゆえ_88年に40才でエイズによる合併症で亡くなっている。そのヒットを、やはりゲイ・シンガーであった英のジミー・ソマヴィルがカヴァーヒットさせたがその声はシルヴァスター同様のファルセットだった。
 シルヴェスターがスターになったのは70年代後半からでディスコ期だったが、デビューは73年で blue thumb から Sylvester and the hot band _バンドとして同年に2枚LPを発表…てな事はまったく知らなかったが。なぜシルヴェスターかというと…、アラン・トゥーサン曲のことで。

"Brickyard Blues" がその曲。好きな曲で。最初に聴いたのは74年盤『ドーナツショップのウェイトレス』マリア・マルダーだったな。同時期のスリー・ドッグ・ナイトのカヴァーもヒットしてすぐに気づいた。この曲に関して、バラカン本のなかに「フランキー・ミラーがオリジナル」とあって…あれま、そりゃ知らんかったゾと。なるほど英国シンガーのミラーだが当時多かったがよ、米国南部志向。クラプトン、メイソン、コッカー、ウィンウッド、ミック、ロバート・パーマー、ジェス・ローデン、ポール・ロジャーズだって…英国シンガー全員だったか? でまあ、ミラーは現地赴きトゥーサン・プロデュース盤を作ったわね。なので "Brickyard Blues" のオリジナルがミラーと聞いて一度は納得できた。
 しかし、根が疑い深いから?…もうひと掘りしてみた。するとミラーのトゥーサン制作盤『high life』の前年73年のシルヴェスター&ホット・バンドの1枚目、ここに収録が一番早かったと知る、それでシルヴェスター話。ただし、シルヴェスター盤はロス録音でトゥーサンとの関係は見られない。すぐにミラー/マリア/3DNが…、それにBJトーマスとジェイムス・モンゴメリーも同時期に発表していたらしい、どれが「オリジナル」かは微妙。関係からすればミラー…なんだろうか。
 この曲、"play something sweet" 表記もあるのでややこしい。"play something sweet (brickyard blues)" もあるし…。まあどうあれ、いい曲は誰で聴いてもいいだなこれが。(wikiでは、74年にリトル・フィートも録音していたという/2000年初出)。リヴォン・ヘルムは78年盤でカヴァー… "brickyard blues" ではなく "junkyard blues..." と歌っている。

蛇足:シルヴェスター&ホット・バンド、ドラマーがトラヴィス・フラートンではないか。久保田麻琴と夕焼け楽団『dixie fever』…これはハワイ録音だっけ? ここでのドラムがフラートン(と林立夫だったか)。


++++++++++++++++


London Rock - 1970 Documentary
https://youtu.be/IfDHvpqzmas

面白いなあ、こんなのがガンガンあるのだから…ロハで見られるとは、時間がいくらあっても足りませんワ。音/曲としてはともかく…いや、リハの音というだけでも十分に魅力ある。全体にはなかなか垣間見ることができないオフ・ステージの姿、強く惹かれる。そうなんだ、Tレックスの一番いい頃はこの時期。リンダ・ルイスもロッドもリチャード・トンプソンも、いいじゃないの。ロニー・レインが、ガールフレンドと背丈かわらないのがいいゾ。 "nobody knows"... from album FIRST STEP、島国に共通する湿り気≠セろうか、柳ジョージあたりが歌いそうなメロディで。




posted by denny-0980 at 16:49| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

Streetwalkers

Chap_streetwalkers.jpg


コッシュによるチャップマン=ホイットニー盤。"walker" というより "runner" だが_。一点透視でシンメトリー/読みにくい壁文字/奥の建物のみカラーで他がモノクロ…ぱっと見では「おお、典型的なヒプノシス・ジャケ」_走るふたりに漠然とストーリー性を持たせているところも…。コッシュには珍しい、ヒプノシス的なデザイン。ただしモノクロ仕事では『Tony Ashton & Jon Lord / first of the big bands』のほうがいい出来。

そのトニー・アシュトンはアシュトン、ガードナー&ダイクで知られ…ないか。Family にも_『it's only a movie』に参加。コッシュはファミリー・ラスト3枚『fearless』『bandstand』(これは名手コッシュ作のなかでもベストに近い傑作デザイン!)『it's only a movie』のジャケットも手がけていた。ファミリー周辺のジャケ仕事をよくやっていたことになる。それとこの時期のファミリーにギターで参加していたのがジム・クリーガンで、コッシュはその妻だったリンダ・ルイス盤2枚、そしてクリーガンが、現在まで続くから40年越しの付き合いのロッド・スチュワートのジャケも手がけていた。やはりクリーガンが参加したスティーヴ・ハーリー(&コクニー・レベル)のソロも…。クリーガン関係盤を多く手がけたコッシュ…という印象も強い。友人だったのだろうか。

posted by denny-0980 at 15:28| Comment(0) | Kosh | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

another side of UK Rock

ロジャー・チャップマンが好きなんだ。musician's musician? ついぞビッグネームにはなれなかったが…ルックスかな、問題はそれだけでしょ? Family のレコはいい。

久々にコッシュ、John Kosh design 盤を見つけたら、それがチャップマンのレコだった。コッシュ_前ブログ(whink.seesaa.net)を見てもらうとどれだけ大物ジャケを手がけたデザイナーか理解していただけよう。大物仕事も多かったが、裏組のジャケもまた多かったのだ。

California Comes to The Old Grey Whistle Test
https://youtu.be/cneO7RQe_xY
このなかの、ティム・バックリーに注目。これはアルバム・プロモーションのための渡英時のスタジオ・ライヴ。なので英国勢がバック。
guitar : charlie whitney
bass : tim hinkley
drums : ian wallace

このバック3人の名前、UKロック・レコのどれかで見ていよう。ジョン "charlie" ホイットニーといえばセッションもあるが、ファミリーである。つまりは、Family とはチャップマン=ホイットニーの「ふたりプロジェクト」と断言ス。歴代いろいろな顔が出入り。ジョン・ウェットンのデビュー・バンドとしても知られるファミリー(実はその前に1枚あったが)だが、ウェットン始め歴代メンバーはすべてトラである/セッション参加であった。それゆえアルバム毎にメンバーは代わった。
 

chapman-whitney.jpg


Family として73年盤『it's only a movie』を出して解散。翌74年に出したのはチャップマン=ホイットニー名義で『streetwalkers』、まあ別に体勢をはっきりさせただけで変わりはなかった。Streetwalkers はそのままバンドとなるがそこでも入れ替わり立ち替わりだからやはり何も変わっていなかった、チャップマン=ホイットニーとトラ・メンツというだけのこと。しかしこの時期のメンツを見てもらえばUSロック裏街道の名だたる顔が総集合。もちろんファミリー時期とも重なるわけだが。となれば、ロジャー・チャップマンの一声でどれだけのメンバーが馳せ参じたことか_これらの顔ぶれは以下のパフォーマーと絡んでいたのだからUK王道を支えた強力メンツの実力が知れようというところ…。


Family, Jeff Beck Group, Rod Stewart, Hummingbird, King Crimson,
Camel, Alvin Lee, Blind Faith, Roxy Music, Traffic, Yes, Vinegar Joe,
Monty Python, Bee Gees, Kokomo, Grease Band, Arrival, Humble Pie,
Cockney Rebel, Bad Company, Hanson .... more

(なぜにビージーズかというと、Blue Weaver …この人はアンディ・フェアウェザーとのエイメン・コーナーから始まって、ディスコのブームまっただ中だったビージーズのステージ/レコーディングを支えた)


posted by denny-0980 at 06:42| Comment(0) | Kosh | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

wilton felder

http://www.laweekly.com/music/20-greatest-studio-musicians-from-los-angeles-8667172
The 20 All-Time Greatest L.A. Studio Musicians

https://youtu.be/z91l_lPz1oc


誰が選んでも独断と偏見になるからこれも、アリか。なかで、ウィルトン・フェルダー。クルセイダーズのサックス奏者よりも、当方的にはやっぱりセッションベーシストであったよなあ、この人は。この Jackson 5 曲の「ベーのみテイク」はどこからだろう? たまりませんワ。モータウン、Gene Page 仕切りのセッション(バリー・ホワイト等)からSSW、それと特にABCレコーズ盤が多かった気がする(ランバート/ポッターのセッション、スティーリー・ダンなど)、数多の盤で絶妙なベースを聴かせたフェルダーだった。ドラムのエド・グリーンとのコンビネーションは秀逸。
 セッション名演がCDとなって現出するようになった、素晴らしい盤としてモータウン・セッションとレッキング・クルーBBセッションがあるがそれは後述。

関係ないことだが、亡くなったトム・ペティの…ティーンエイジャー時代に近くの楽器店のギター教室で習ったギターだがその先生がドン・フェルダーだったとか。同郷フロリダ州ゲインズヴィルでの話。


posted by denny-0980 at 06:25| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする