2019年11月23日

Kitty Mama

UTで昔の和ロック音源を聴いていたら、やっぱり面白い。
まずは The M _エム。この後にイエローとなる垂水兄弟とゴダイゴの浅野がいたことで知られるバンドだけど僕は観たことなかった。LPが1枚出たことも覚えているが聴いてない。そのライヴ音源は当時に漠然と持っていた印象と随分と違っていた。驚いたのはマロをカヴァーしていたこと。唯一ヒットの "suavecito”。次はニール・ヤングの "southern man" とは。どちらも上手い! ハモりもしっかりしている。こういうバンドだったっけ。でネチると、数年前に往時ライヴ音源が2枚、CDで出てますな。曲だけをなぞればソウル/ブルース/スタンダードからFree まで何でもアリだね。はっきり分かりました_実力派のハコバンと。あちこちのハコで、客層に合わせてなんでもやれる、受ける技を持っていた…のだろうと。70年代初期、はっぴいえんどが出てきた頃ではあったがまだまだコピー(カヴァー)全盛、オリジナルは二の次だったことが知れる。それでも72年のライヴですでに「国旗はためく下に」はやっていたのか。イエローの代表曲だがエム時代曲でありましたか。カヴァーで、"get out of my life woman"、これはカップスもやっていた。オリジナルのリー・ドーシーではなくバターフィールド・ブルース・バンドのテイクだろう。当時バターフィールド・バンドとジミヘンの影響、日本のロックに、計り知れなく大きかった様子。
+
キャプテン・ヒロ&スペース・バンド。前も書いたが僕は、ヒロのドラムも声も苦手だがこのバンドだけは好きだった。TVK「ヤング・インパルス」によく出てきたからかな。しかしUTには聴いたことがなかったカヴァーも_バッドフィンガー「嵐の恋」。続いては "little wing" 。これはジミヘンでなくドミノス・テイクの完コピ。芳野藤丸/今井裕/四方義朗…四方のベースは怪しかったが総じてここも実力派。当然藤丸はクラプトンのフレーズを1音漏らさずさらってるわけで。
+
そんななかでの73年渋公でのキャロル音源は、ほんと別格。オリジナル楽曲ばかり。そして、それらが素晴らしいではないか。ジョニー(エーちゃんも)は天才的メロディメイカー。今聴いてもほれぼれする。無理がないメロディライン、琴線に触れるマイナーコード挿入の絶妙さ。
思うに、プレグレでもハードロックでもサイケデリックでもロケンローでも…ジャンルなんてなんでもいいさ。僕にとってはメロディこそがすべて。キャロルは日本でも屈指のメロディバンドだった。おのおののジャンルで秀でたバンドとは、凡百の二番煎じと違うねぇ_エロディの冴えが。Sex Pistols はキャロルと同じ位置にある最高のメロディバンドなんだなこれが。
が、そんなキャロルにもカヴァーが_ライヴ定番だった "good old rock'n'roll" 。
Jo Jo Gunne, Kokomo (_"no particular place to go") など同様にチャック・ベリー曲からのバンド名だろうキャロルだが、これは違う。渋い選曲はミッキー・カーチス押しだったのかもしれない。オリジナルは Cat Mother & The All Night Newsboys 。69年の一発ヒットで全米21位。収録のファーストは中古で何度か見て、買おうかどうか迷ったが…。この盤はジミヘンのプロデュース作として知られるが、実際は何もしていないとか。レコ会社ポリドールとしては多分に「名義借り」したかったのだろう。キャットマザーのオリジナルと云っても過去ロックンロール名曲のメドレー。そこに含まれていたビッグ・ボッパーやバディ・ノックス曲をキャロルのテイクでは省いていた。ノベルティ色を排して自分らに合うところだけで構成していたのだな。




posted by denny-0980 at 14:04| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月22日

Rick Henn contribution

earcandy.jpg


なぜにヘレン・レディ? と言うなかれ。77年のこの盤、ソフト・ロック・ファンには名盤と知られた1枚。ビーチ・ボーイズ色というか、よく出来た西海岸サウンド。
プロデューサーが Kim Fowley & Earle Mankey 。録音スタジオはBB所有だったサンタモニカのブラザー・スタジオ。で、このスタジオのハウス・エンジニアのアール・マンキーが録音/ミックスも担う。アール、元はハーフ・ネルソン。このバンド、ミール兄弟とマンキー兄弟の四人バンドだった。マンキー兄弟はロスに残ったがミール兄弟は渡英、ふたりはスパークスへと名を変えて成功した。裏方に回ったアールはブラザー・スタジオ・スタッフとなり、BB盤やその関連盤仕事を担当。そしてキム・フォーリーは、ご存知「ロック界の寝業師」。
この盤、ステファン・ビショップ/スティーヴィ・ワンダー/ケイシー・ケリーらのカヴァーが半分。それらも悪くないが、より良いのは書き下ろしの5曲。ヘレン自ら書いた詩にフォーリー、アール、それとリック・ヘンらが曲を乗せた。これが素晴らしい出来なのだ。ここで出てくる Rick Henn 。ヘンは作曲とアレンジの一翼も担う。
ヘン。BBウィルソン兄弟のパパ、マリーがBBへの当て馬として仕掛けたサンレイズ、そのリーダーだった男。が、マリーは置いておいて自身はブライアンと仲がよく、共作もしているほど。彼の妻キャシーは Kathy Dragon 。キャプテン&テニール、キャプテンこと Daryl Dragon の妹。そのキャシーへのプロポーズのために書いて録音したのが大名曲 "girl on the beach" 。シングル・オンリー、けしてヒット曲ではないがこれを知らないBBファンはいないだろう。
寡作だが希代のメロディメイカーのヘン、彼が手掛けた曲(共作)が含まれていることが大正解のヘレン盤。ハル・ブレイン/バーニー・レドン/TOTOメンツも参加。コーラスにカート・ベッチャー/ジョー・シャーメイ、それと non-credit だがブルース・ジョンストンも参加しているということでBB色はより濃くなっている。この頃はすっかり西海岸の人に成りきっていた、エルトン・バンドだったナイジェル・オルソンも。
+
いままで気にしなかったがタイトル_Ear Candy とは何ぞや。「耳障りのいい音楽」ですかい。これ、ちょっと違う気がするワ。それとジャケ写も…まあヘレン盤らしくはあるけれど、もうちょっとどうにかならなかったか。タイトル/ジャケで損している。とはいえ、ヘレン盤の購買層にキム・フォーリーやリック・ヘンを知る者はいなかっただろうがね。

posted by denny-0980 at 10:16| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月20日

差しつ差されつ

レコードはあげても貰っても気分がいい。価値の有無とは別、相手にハマるや否や、互いの音楽趣味のとらえ方が知れる、それが楽しい。随分と前だが、探していた『floaters』をM君が「見つけましたヨ」と手渡してくれたのは嬉しかった。日本のポップ・バンド、NORA のシングルはT君が、やはり「たまたま見つけましたんで…」と言ってくれた。僕からは彼にシングルを1枚進呈。ニック・ロウ好きなので「三遊亭円丈/恋のホワン・ホワン」を。David T 好きのS君にはLPを。レコハン途中のクレジット買い_T参加盤を見つけた。千円したかどうかというレコだったが知る人は皆無だろう、『Southern Fried』。71年、5人バンドの唯一盤。バンドだがなぜか参加メンツが豪華。ギターはメンバー以外にデヴィッドT/ジェリー・マギー/ルーイー・シェルトン。ラリー・ネクテル/ラリー・テイラーも参加。他にマイケル・オマーティアン/ケニー・ロギンス、それとブラックベリーズも参加で mercury 盤だから Gator Creek と関係があるのだろう。
そのT君S君ら、何ということでもないが疎遠になってしまった。年食うとほんと友人減るもんだわ。とくにT君には…先日レコ整理のなかである盤が2枚と気付いたが1枚は彼にあげようと買ったことを思い出す。それが残っていたことがちょいと寂しい感。『Helen Reddy / Ear Candy』。

posted by denny-0980 at 08:11| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月19日

諸説滅法

見たな、頭爆裂の女性朝日新聞社員が「報道ステーション」に出ているところ。稲垣えみ子。現在は新聞社を辞して…なにしてる? 現在東京新聞夕刊に「ああ憧れの一人飲み」というコラムを火曜に連載中なんだが、これが滅法面白い。今日が19回。終了後にちゃんと単行本になるかな。
posted by denny-0980 at 21:28| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

諸説槍槍

「思いやり」は、重い槍≠ナ heavy spear。「思い付き」は heavy moon。「なげやり」は throwing spear。ここら、どこかで見たな聞いたな。『スネイクマン』か。
レゲェの Burning Spear は何? ベーシストにロビー・シェイクスピアがいる_「振り槍」とはちょいとスペル違い。Robbie Shakespeare 。Sly & Robbie もながいこと聴いてないなぁ。

posted by denny-0980 at 09:11| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月18日

小銭諸々

デスコウニオンさんへ送ったLP200/7” 50枚。査定合計が9万円だった。はて、わたしゃその250枚にいくら費やしたことか。まあそれは言ってもしょうがないこと。
入金は9萬にならず。というのは、高額1/2番だった2枚を引き上げたから。1番はシングル「ダウンタウン/シュガー・ベイブ」。オリジナルELEC盤。当然最高値とは思っていた盤は2萬をちょいと下回る査定。2番はビーチ・ボーイズLP『Carl & the Passions / so tough』のテストプレス盤。Columbia Santa Maria 工場プレス。こちらは思ったより低い査定だった…が、引き上げのメールをしたらウニオンさんは電話をかけてきた。このBB盤がよほど欲しかったのか、もうちょい出しますがどうでしょ?と。丁重にお断りして2枚は返送してもらった。いや売り払ってもよかったんだけれど、金に換えたからってどうでしょという気になって。で、どうしたかというとその2枚はさる知人に謹呈。ブツは、あるべきところに収まるのが一番だから。
処分のなかでは、やはりBBアイテムは強かった。『pet sounds』はかなり状態悪かったけれど first rainbow label の Duo(phonic) ということで。ブートの『surfer's nightmare』『landlocked』等々。フランス盤の4曲EPもジャケがレアってことで。
ビートルズの音工盤、370円定価シングルは全然ダメなんだね。プレスリーとかも。逆にクィーンに値が付くってのは流行り廃りがモロに出ると納得。日本盤は概してオビがないとほんとカスだな。意外な値だったのは XTC 変名 the Dukes of Stratosphear の Virgin 7" とDamned 変名の Naz Nomad & the Nightmares LP。それと「自衛隊に入ろう/高田渡」URC 7"。
posted by denny-0980 at 21:32| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月17日

諸説円形

下、我が母校鶴瀬西小学校、統廃合で無くなってすでに十年以上だったのか。僕は転校生で、3年までは都内豊島区立小だから、4〜6年を過ごした。で、ふと思い出したのが「円形校舎」のこと。転校時で開校二年目じゃなかったか、真新しい学校/校舎だったが、なかでも_一番奥手の斜面地に実に奇妙にして画期的? 円柱型の校舎があったのだ。大きくはない、記憶では三階建てで各階は複数でなく単一クラス。記憶が正しければ僅か3クラス分しかないことに。なぜそれほど小ぶりだったか、それよりなぜ円形に? 僕は5年生のときの1年だけここだったが「丸≠フなかで1日過ごす」というのはいまも肌感覚が残るほどに特別な体験。楽しかったし不思議なイイ思い出。今振り返れば、円形校舎とは全国的にもかなり珍しかっただろう。なぜだったかの謎…も、無くなってしまえばどうでもいいことだが…。
ちなみにお笑いコンビ、インパルスの板倉俊之が西小だったらしいので後輩。彼も丸体験があるかも…。

posted by denny-0980 at 11:21| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月15日

諸説男はつらいよ

生まれの板橋から10歳で越して50年超、東上線「鶴瀬」。お袋が残したマンションを整理すればこの土地とは縁が無くなる。僕自身は引越魔なんで埼玉〜都内を行き来、実際住んだのは半分、25年ほど。それでも実家の駅として今日まで馴染んできたが、いよいよお別れだ。その前にかつての家周りやらをチャリで巡ってみた。すると、道自体が変わって_かつての道がなくなり新たな道ができてる、地図がもうすっかり変化、郷愁すら湧かない。そんななか、ふと目に付いたのは開業医。そこは小学校高学年で同級だった日鼻の、日鼻医院だ。都合よく午後診療のすこし前だったので入ってみた。受付看護師にかつての同級生だが繫いでほしい旨、説明したがかなり胡散臭く見られたらしい。一応は一度奥へ行ったが戻ると「先生は診察で忙しいので…」。おいおい、時間前じゃないか。押し売りとでもとられたか…そうと言われればもう結構、おとなしく退散した(なんだか寅さんになった気分)。鶴瀬西小学校時代、オク/クサパンと呼び合う、一番仲良かったと思っていたが再び逢うこともなさそうだな。good-bye... クサパン。
posted by denny-0980 at 23:30| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月14日

Trouble in Hong Kong





未来を予測していたか、セイラー。いやいや軟派バンド、アジアの片隅での色恋トラブルてな歌でしょ、よ〜分からんけど。変なバンドだったが、個性的ではあって一部でウケていたかも。当時のUK、グラムは終焉で Modern Music Era に。ボウイ、ブライアン・フェリー含め、いわば「スーツ・ロック」。スーツ着て七三髪形で歌っていた時代。Be Bop Deluxe のビル・ネルソンや Ultavox ジョン・フォックスら…そんななかのひとつがセイラー。ちなみに日本ではライダース慶一や葡萄畑のアオちゃん。
ギリシャ人だかギリシャ系だかのヴォーカルがリーダーでUKデビュー。なのになぜかアメリカ指向が強かった。単にデカいマーケット狙いだったのか。ファーストLPこそセルフ・プロデュースだったが、上記曲含めセカンドはNYサウンドの雄 Widescreen Production (ジェフ・レッサー&ルーパート・ホームズ)。サードも続けてワイドスクリーンだったがこれはUS発売無しという悲哀。ジャケ・デザインはヒプノシス。77年の 4th LPはなんとブルース・ジョンストン&カート・ベッチャー・プロデュース。録音こそロンドンだがLAサウンドまかせとは節操ないバンドだったか…。翌年に5枚目作るもこれもUS盤はスルーされた。ここでリーダー脱退。残りメンツは女性を加えてアルバム発表。これが今度はコロラドと来る。ジェイムズ・ガルシオ・プロデュースでカリブー・レコードから。その後にオリジナル・メンバーで再活動、さすがに諦めたか本国で。
+
80年盤でカリブー・レコードということは、わがビーチ・ボーイズとレーベルメイト。その前77年盤でジョンストン/ベッチャーとからむところもなぜかBBと被る不思議なバンド。

posted by denny-0980 at 16:59| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月13日

western outfit

IMG_20191112_103935.jpg

これがラストの1枚、袖三つボタンの Western Shirt。襟がすれて切れたので廃棄。とうとうウェスターンシャツが1枚もなくなった。これなどはデニム生地、ニール・ヤングやガルシアが着ているものと同じつもりで買った、気に入って着ていたっけ。US衣料の老舗ブランド KEY 。70年代初めだから当然 made in USA 。「ミウラ」が、渋谷へ移る前のまだアメ横ガード下、薄暗い一坪店舗だった頃に買った記憶。US made ももう仕舞い…カッコつけても見てくれるモンが誰もおらへんがな。
あの当時で古着を、千駄ヶ谷の最初の店舗だった聖林公司やアメ横で買った Levi's, Marverick, H bar C, Washington Dee Cee, Smith's, いろいろなブランドの US made ウェスタンシャツ。それと、前に書いた_細野や小坂忠らも着ていた原宿「HARADA」製も…いったい何枚のシャツを買っただろう。all nothing... Now。
posted by denny-0980 at 15:41| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする