2030年12月31日

Muscle Shoals Sound Studios

 "denny-O-Muscle" 過去評価盤備忘表 http://muscle-album.seesaa.net

posted by denny-0980 at 00:00| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月12日

クルドサック

Cul-De-Sac :クルドサックとは、住宅地における宅地割りの際に袋小路の道路を作るものである。フランス語で袋小路を意味する

一昨日か新聞に、東武東上線「ときわ台」の記事が。そのなかに出てきた言葉がクルドサック。
「大山」生まれ/「鶴瀬」育ち/「川越」中学/「上板橋」高校と、生粋の東上線人間の僕としては、東京と云えども下町でもなければ山手でもない_正直昭和な我が城北地区は、隣家が「万引き家族」かと疑うような貧民街と感じていた。そのなかで唯一「ときわ台」、しっかりと区画割されたお屋敷町と、住んでもいないのに若干誇らしく思っていた駅。そのときわ台にはいくつかのクルドサックが今も残るという記事だった。
http://toutoi-tokyo.blogspot.com/2014/04/tokiwadai.html

 その記事、ときわ台の思い出もあるんだが最初に思ったことはエリック・カズ盤。そうか、セカンドLPはこれであったと今更に気付いた次第。日本盤CDは『カル・デ・サック』とされているしアナログ時代からそう読んできた、『 if you're lonely 』に続く『cul-de-sac』。どちらもSSWレコの傑作、僕にとっては甲乙付けがたい一生モンの2枚。それでもタイトルの意味を今まで知らなんだ…日本の英語教育の無策が端的に表れたものよのう?
カズとしては「住宅地の造形物」でなく、「人生の袋小路」みたいなニュアンスなのかもしれないが。 収録の " I'll find the way " と呼応するような気かちょっとする。しかしフランス語、これは米国でも普通に使われる言葉なのだろうか。

CD時代になりかつての名盤がリイシューされだした頃のこと、こりゃノイズ無いし扱い易しでええわいと思った僕は『great speckled bird』『hungry chuck』などのアナログは処分してしまった。後悔先に立たず。しかしカズの2枚/『fifth avenue band』は残したのでよかった。ノイズは増えてもオリジナルアルバムの重みはCDに比ぶべくもない。

posted by denny-0980 at 07:45| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

Fleetwood Kirwan

ダニー・カーワン死去の報。追悼で4月投稿をリ・アップ。17才でマック加入とな、ほんとに若かったダニー。僕が中学のときに買ったソニー盤『英吉利の薔薇』のインナーシート写真_「高校生か? なんでこんな若くて一流のバンドに参加できるんだろう…」と思ったことを思い出す:





2018年04月25日

The Wilderness "Mac"
ウィルダネスって…荒野か? ピーター・グリーンで注目されヒットも出した時代が過ぎ、アルバムをリリースすれどスルーされるばかりの低迷期は確かだったが別にすさんでいたわけでもないだろう、ウィルダネスはないんじゃないの。
 この時期を経て、バッキンガム=ニックス参加で大ブレイクとなるマック。しかし僕はこの wilderness years がけっこう好きなんだ、捨てがたい。
 マックは、歴代ギタリストは何人だろう_15人ぐらいでは。デイヴ・メイスンや贔屓のリック・ヴィトーもいたし。最初期はとにかくグリーン人気だったわけだが、UTで当時の映像を見て気付いたのは、グリーンの歌/ギターと思っていたものが違っていたこと。ジェレミー・スペンサー/ダニー・カーワンの頑張りも相当にあったことをいまさらに知る。
 
この映像、最初の曲はカーワン作/歌の「とんぼ」。これ、グリーンの「信天翁」に負けないスローな名曲じゃないか。カーワンはギターもいい。シングル・オンリーだった。フリートウッドとマック≠フリズム隊がいる限り他がどういうメンツであろうとフリートウッド・マックたり得るわけだが、ここではクリスティーン(パーフェクト)とボブ・ウェルチで五人。
 73年のUS番組『ミッドナイトスペシャル』ではカーワンも抜け、ウェルチの時代。ここでリードを弾くのはボブ・ウェストン。この人がまたいいギタリストだった。顔は変われど常にテクニシャンに恵まれたマックであったとつくづく思う。


posted by denny-0980 at 09:35| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月09日

カズの二枚目

ハーモニカで始まりウォーターズ兄妹のコーラスのゴスペル感とケルトナーのどっしりしたドラミング。レズリーかまし? ジェシ・エドにも似た濁り音色良しのポール・バレリのギターが冴えるA1。お次はシンプルなメロディをシンセ・ベースで追う曲。スニーキーのペダルはカントリー色無く曲によく合っている。3曲目はちょいとキバった歌い方がカズ風R&Bマナーか。ここでもパレリが冴える。
B1。 "I can't live without you" もそうだが、照れもせずに"my love will never die" と歌うセンチメンタリズムがカズのいいとこ! すごくメロディアスだがシンセ・ベースで。この曲は『MIUアルバム』ごろのブライアンを彷彿させる。B2は軽快なシンセで先行しパーカッシヴにクラヴィが乗る曲。デヴィッドTのギターもいいがメインのギターは…ティム・ムーア? バレリも加わってかなりギター・オリエンテッドな曲に。A3に次ぐR&Bか、B3はドラムはプリティ・パーディかな。次曲、完全弾き語り名曲を挟み、最後はデヴィッドTの独壇場。ベースはボブ・バビットだろうか。キーが変わればジャクソン5が/マイコーが歌ってもおかしくない爽快な西海岸サウンド。

ピアノがメインだがシンセがかなり絡む、そしてメロディアスにして、ウォーターズを配してゴスペル風味も。スティーヴィー・ワンダーに近い音像を再確認。それもそのはずで、レコーディング&リミックス・エンジニアリング/アレンジ手伝い、そして本業のセンセ・プログラムがボブ&マルコムの名コンビ_ロバート・マーゴーレフ&マルコム・セシール、TONTO兄弟。
ウッドストック・ガイのカズだがこの盤の録音はロスのレコード・プラント(NYヒット・ファクトリーも並記だがたぶん歌入れ程度だろう)。ファーストのNYテイストと変えてみたかったのかもしれない。西海岸らしい軽快感と若干のブラック・テイスト加味、こちらも僕の趣味にドンピシャだった名盤。
カヴァーイラストは、アトランティックのハウス・イラストレーターだったのだろうか、その仕事が多かったスタニズロウ・ザゴースキィ。

culdesac.jpg

posted by denny-0980 at 15:52| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする