2021年12月31日

One for Nilsson

役者が演じるヒストリックなロック/ソウル映画やドキュメンタリー映像には、まず興味無し(単にコンサートの映画化なら文句ないのだが)。どれだけ優れた才能でも、その「人となり」はどうでもいい、パフォーマーは作品だけがすべて。作った音盤だけが勝負と思っている。ケチであっても周りから嫌われていてもステージフライトでもなんでも結構…いいレコさえ作ってくれれば。
ただこういうのは、音楽の背景/裏方との関係_そうだ、ワタシは裏方にはとことん興味があるタチなのだ_を知りたくて観てしまう。希有なメロディメイカー、ニルソン物。
https://www.youtube.com/watch?v=Je8g10Q3-gY
B4との橋渡しがデレク・テイラーと知る。
+
溢れんばかりの才能を感じさせたニルソン楽曲を、アル・クーパー (& Danny Kapilian) が仕切ったこのトリビュート・カヴァーCDは素晴らしい名盤。年の暮れに聴くのはどハマまり。
1曲目がランディ・ニューマンというだけで解る者には解るね_Newman sings Nilsson 。ラストはジミー・ウェッブだ。その間にリンゴ・スター/スティーヴィ・ニックス、ピーター・ウルフら大物も参加。個人的にはBBからカール(ベクリー/ラム/ウィルソン)と単独でブライアン参加であったから買った盤。
ただしそのブライアンが…この曲はブライ以外の誰が歌う!というべき "this could be the night!" なのに、全23曲で一番不出来というのが困りものなんだが…。
ベストトラックは2曲目のこれ:マーク・コーン




+

20211231_145232.jpg

for the love of Harry:everybody sings Nilsson
('95 Music Masters/BMG)

リンゴ/ニックス曲は Don Was 、ロン・セクススミス曲はミッチェル・フレーム=チャド・ブレイクがプロデュースと裏方も渋い!
posted by denny-0980 at 15:30| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

晦日

レコ大はDa-iCE/シトラスに決まった…てか。新聞字面から「ダーアイス」と読むかと思ったら違った、わしゃ誰や知らんよ。多様性が進むのはよいこっちゃが、音楽業界は従来様式崩壊で、もはや万人受け、誰もが知る大ヒットが生まれぬ状況。で、何年も前から「レコ大存在意義」が無くなっていること…世間は分かっている…それを業界も気付いている、はず。それでも止めてしまえば完全敗北宣言、どのようにフェイドアウトしたらよいか模索しながらダラダラ続けるしかなさそう。ちなみにワタシ、レコ大受賞者(デザインしたCDが企画賞だが…マジ)
+
今年に入って気付いた感、民主主義に対抗するのは社会主義でなくなったワケね、「権威主義」というのか。しかしこれの明確定義ある? 選挙という民主的手順を経てもブラジルのように強面が上に立てばそこはもう民主国家でない? よう分からんなあ。だいたいニッポンは…米追随型国粋主義であってとても民主的と言えぬ。SDGs/アジアレイシズム/ジェンダーフリー、すべてマイナスベクトルへ向かう、…向けようと必死な復古主義政権が牛耳るまま。
posted by denny-0980 at 10:54| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月29日

ハニー!

オールディーズ≠ニ呼ばれたアーティストが Oldでなかった時の映像を見ると斬新。
Realだった時、56年か。シングルコイルのイメージが強いパーキンスもここではレスポール。まだまだ「新興メーカー」フェンダー社では信頼がおけなかった時期かもしれない。
しかし往時映像でいつも思うがリップでなくすべて「生」なんだよな。逆にリップにするほうが手間だったのかも。ここではどういうマイキング? ギターはコンボアンプとして、歌はばっちり、バック(アコギ/アップライト/どらむ)も薄く聞こえるのは…吊りが2本ぐらいだろうか?




+
B4、ジョンの入れ込みはチャック・ベリー/ラリー・ウィリアムズで、ポールはリトル・リチャード命だったか。リンゴがカール…ロカビリー的趣味というか、カントリーが好きだったんだろうな。
posted by denny-0980 at 10:13| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月28日

蜜柑

ついエゴサってもうたのはワーナーの『500 Atlantic R&B Singles』CDのこと。
こうして想い入れてくれてる人がいるのは嬉しい…ゆえに未完が惜しいわけで。2枚組50曲で1巻、全10巻=都合500曲予定であったが6巻(vol.6)出てから既に3年。300曲まで行ったが、残る4巻分200曲が無理らしい。
ソウル音楽ライター重鎮、鈴木啓志氏監修。氏の所有シングルをレーザープレイヤーを通してデジタル化した音源CDという凝った仕様。ワーナー宮治さん担当仕事だが、進まない理由は年代が進むに連れて選曲のほとんどがUSワーナーの使用許諾が下りないためと聞かされる。
+
シングル7”サイズの紙製二つ折りジャケットCD。デザインをオファーされてこの仕事はイラストで行かせてもらった。基本はライヴホールのファサード看板で統一/色変化としたが、余白を微妙に2巻づつ変えた。
1/2巻はビル群でNY、3/4巻はパームツリーで西海岸(ロス)、5/6巻は高架鉄道=シカゴをイメージさせた。アメリカ横断で行こうと…。7/8巻は deep south でスワンプな沼地のラフが出来ているんだが…。
+
https://bonno-web.com/interview/4142/
(石川県、2年前にカミさんと行きましたヨ〜)
+
+

500しんぐるず.png

posted by denny-0980 at 15:02| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Okie baseball

Okieで思い出したが、阪神バース。日本のプロ野球史上最強外人とされるバースが、来日したときに散々まわりから「オーキー」「オーキー」と言われて驚いたという話。Why? Japanese people!! なんでオレを "Okie" とまで知っている!?  この人、オクラホマ出身。日本語で「大きい!」と、体のデカさを驚かれていたとはつゆ知らず…。
posted by denny-0980 at 09:10| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月27日

ゲイツ

63年録音の「恋のドライブイン」popcicles and icicles 、フォウリィ・プロデュースのヒットだったが、それを知る者は少なく、知られるのは作者が_60年代を下積みで過ごして70年代に Bread でやっと日の目を見たデイヴィッド・ゲイツだったということだろう。
ゲイツは他にも数多曲を書いていたが、この曲はスペクターでなくフォウリィへ売り込んだというから、やはり当時のロスでのフォウリィの立ち位置が知れる逸話。
録音は Gold Star 。このスタジオをフォウリィは贔屓にしていて、それを倣ったのがスペクター…との記載もあった。「恋のドライブイン」の録音現場でドアの隙間から覗いて見ていたのがブライアン…とはフォウリィ自身の言葉。ブライアンも Gold Star を当初は使いたがったが、スペクターへの畏敬と対抗心か、そこでなく (United) Western Studioを拠点とするようになった。まあウェスタンには Brian's Ear とも言えたチャック "Chucky" ブリッツがいたことも大きかっただろう。ゴールドスターにはラリー・レヴィン。名スタジオに名エンジニアあり。
+
ゲイツ、田舎モンの代名詞? Okie(オーキー=オクラホマ人)で、J. J. ケールと一緒にハリウッドへおのぼりとも聞いた。ただしラッセル・ブリッジズ Leon Russell を中心とするオーキー・ファミリーは当時からハリウッドにあったとか。




posted by denny-0980 at 08:52| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月26日

fowley 2

The Byrds_マイ・ベスト3バンドのひとつ、今も愛聴、historicな名バンド。不思議だったのがロジャー・マグィンで、曲を書けたのだからワンマンに仕切れたはずが、時々に主導権委譲。メンバーチェンジに伴ってサウンドも大きく変化、それでも駄作無しがバーズの魅力。
最初に買った盤は『(名前のないアルバム)』日本ソニー盤、70年。その後のリリースと、同時に遡って過去リリースも買った、聴いた。どの盤も好きだが、やはり思い入れはリアルタイムなカントリーロック期。クラレンス・ホワイトの名前がとびきり重要だった頃。そのバーズ最終期なんだが、ここにもキム・フォウリィの暗躍…透けて見えたのは20年位前。
+
70年以降のバーズでbassだったのがSkip Battin。当時はまったく知らなかった、この人はマグィンよりも8才も年が上だった。50年代末から Skip & Flip というデュオ、スマッシュヒットも放っていた業界古参。じわじわと見えたのは、そのFlipことGary Paxton/スキップ/フォウリィの関係。三人、長い付き合いでツルんではハリウッドでひと儲けと常に策を巡らしていた様子。
60年 "alley oop / Hollywood Argyles"
62年 "monster mash / Boris Pickett & The Crypt-Kickers"
2曲が全米1位、64年「恋のドライブイン/マーメイズ」は3位と、大ヒットも物にしている。パクストン/フォウリィふたりの仕事場の前のアーガイル通りをまんま付けてのでっち上げノベルティ、安直でもひと山当てられた60年代。
しかしbritish invasion に始まるビートバンドのブーム、そしてサイケと激しい業界変化に対応できなくなる。スキップは Evergreen Blueshoesなるソフトサイケバンドをやるが手応えなし。
で、機を見るに敏な輩は頭を絞って…ベイカーズフィールドへ河岸を変える_これからはカントリーロック!と。西部カントリー= Nashville West を仕掛ける。
その代表選手だったクラレンスは既にバーズ・セッションに参加していて、後に本契約をゲット。ここでツキも回ってきた_デビューの2枚担当したテリー・メルチャーがプロデューサー復帰。メルチャーといえばドリス・デイの息子、ボンボンのなかのボンボン。ブルース・ジョンストンと Bruce & Terry も組んでいたし、そのバーズ復帰もブルースと立ち上げた Equinox プロダクションでの請負仕事。フォウリィにすれば高校後輩にして当時はパシリにしていたかもしれないようなメルチャーでは。で、クラレンスに続いてドラムのジーン・パーソンズ、そしてベースは追い出してスキップ自身が加入という強引_ほぼバーズ乗っ取り?
69年『バーズ博士とハイド氏』のパクストン曲から始まり、『(名前のないアルバム)』『バードマニア』『ファーザーアロング』まで、スキップ=フォウリィ曲をやり放題。これ、メルチャー的には「フォウリィのあにき、無茶やるわぁ…ま、逆らえんけどねぇ〜」であった…かもしれぬ。


このノベルティ色がスキップ–フォウリィだが、悪くない。



posted by denny-0980 at 14:26| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月25日

Kim Fowley

下のELP長尺投稿には"Nutrocker"が最後に入っているが、『展覧会の絵』がモロにリアルタイムな身には懐かしい。が、ライタークレジットに Kim Fowleyとな? 意外。
+
チェックすると、やっぱりフォウリィ面白い。
まず、そうかそうかチャイコフスキーのクリスマス・バレー組曲「くるみ割り人形」は Nutcracker だったか。それをアップテンポなインストにしたのがフォウリィで、62年にでっち上げシングルをプロデュース。ドラムはアール・パーマー/ギターがルネ・ホール! これ、全英では1位になったらしい。それでエマーソンは馴染んでいたからカヴァーしたのだな。
「ハリウッドの山師」フォウリィらしいのは、作者コピーライトにしっかりと自身を登録しておく抜け目の無さ、流石。なのでELPの世界的ヒットアルバムでの印税もゲットだ(まあ、後にカヴァーされとは思っていなかっただろうからボーナスだが)。

Nut Rocker B BUMBLE & THE STINGERS


+
フォウリィは、音楽裏街道を行くコテコテのB級業界人としか見られてなかったような…(まず顔つきが怪しかった)。しかし親は映画関係かな、ボンボン育ち。かの University 高校で、フィル・スペクターとブルース・ジョンストンが Sleepwalkers というバンドを始めたときに同校先輩としてマネージャ兼ボディガートを務めたと。初プロデュースが59年シングル "charge" by The Renegades 。レネゲイツはブルース・ジョンストン/ニック・ヴェネット/サンディ・ネルソン/リッチー・ポドラー。ヴェネットはCapitolへ入社してビーチボーイズの初代プロデューサー、ポドラーもABC系列のエンジニアからプロデューサーとなってスリードッグナイト、ステッペンウルフなどをヒットさせた_彼らを指揮する立場にあったフォウリィとあらばどれほど「ハリウッドの顔役」であったことか。スペクターやブライアンにも先輩風吹かしまくりであったとも…。


posted by denny-0980 at 09:08| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月24日

体育会系

「議員」、なにゆえこの国で、(オリンピアン)メダリストの就職口≠ノなりえているのか。
明治期にねじ曲げられた、スポーツ=軍事演習化を引きずるままに、縦社会/確立された命令系統に盲従…の輩ゆえ、右派明治復古政治屋には容易に操ることが可能な駒…だからだろう。
posted by denny-0980 at 17:31| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Feiten

バジー・フィトゥンのいいギター…過去に入れたのが
削除されていたからあらためて_
シリータ&スティーヴィー
https://www.youtube.com/watch?v=iQit3Euq_IU
posted by denny-0980 at 10:12| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Glitter!!

ガキん時にゃ大山銀座商店街がクリスマスに向かって1ヶ月以上華やかだった_モールが飾られクリスマス曲が流れ通しで。年々クリスマス気分が縮小される感。今年はCMに「クリスマス・イブ」すら流れない年ではないか。クリスマス・ソングも聴く暇あらへんかったっしょ_
+
USよりもやはり欧州のほうが、雪も多そうだしクリスマスは映えるので曲もこっちもんをチョイスして、短いシーズン・グリーティングを_

・ゼマイティスのアコギのいい音から始まるグレッグ・レイクのXmas Tune+
 https://www.youtube.com/watch?v=CMMsSg_01YY
 (おっと…、オリジナルシングルと [Works] 収録は違っていたか。remix ver.)


・ノリノリ系で一発、グリッター! 
 『輝き」がすでにクリスマスイルミネーション的だった_
 



posted by denny-0980 at 10:02| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月23日

stories

なんじゃぁ、フェアチャイルドだけでなくモダンチョキチョキズも出てきたのぉ…『カムカム』。あとはビンゴボンゴじゃのぉ。 主夫としては洗濯干しながらevery morningみちょるけカムカム。
+
今朝は最後に…、Louis couldn't hold back the tears.... ナレだったと思う。はて「ルイ」はルイ・アームストロングからの設定だが、英字では Louis... じゃないか、ローマ字表記の Rui か。日本では「L」を使わないからな。がしかし、これがオカシイ。発音的には日本語に「R」は無く、ラ行はすべて「L」なのに…、って、どうでもいいか。
+
ま何にしろ、ここで net DJ のチョイスはこれである_ミック・ハックネル。



12inchで持っとります、名曲。ん? いけんいけん、いまの今まで holding back the tears と勘違いしていた。

+
ちなみに「ルイ」といったらわしらはこれじゃ_
https://www.youtube.com/watch?v=C6yLdrkP-Bk

これは日本盤シングルでキープ。全米1位ヒット。曲良し、ストリングス追いかけギター良し、ハスキーヴォーカル良し。
オリジナルは Hot Chocolate でライターはこのおっさんじゃったワ。
http://sakatomi.seesaa.net/article/464275173.html


posted by denny-0980 at 08:58| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月22日

TRAX

"paperback writer".... ン? で、CD棚を見たら、そうそうこれを買ったんだった!
The Beatles _ ULTRA RARE TRAX
聴くのは30年ぶりか… vol. 1 & 2 の2枚買ったのは1988年。彼曲収録。文字通りのレアトラック満載だったが、B4事情に疎いのでよ〜知らんです、いまではすべてオフィシャル既出しているのだろうか。
+
それにしても懐かしい。これは「ブートの新時代を拓いた」歴史的CDだったはず。それまでブートといえばノイズの海からどうにか聴き分ける未発表音源、もしくは客間録りのライヴ音源盤。対しこれはオフィシャルと遜色無し_関係者横流し音源≠フ登場であった。以後ブート界は「横流し」=流出正規音源でなければ商売にならなくなった。この Ultra Rare と、続く Unsurpassed Masters シリーズの大ヒット(?)によって、メジャー・アーティストは [official bootleg] として自前でライヴ/レア音源の発表を余儀なくされた。
+
Ultra Rare Trax はswingin' pig というレーベルCDだったが、これはアナログ時代の優良レーベルTMOQ (trade mark of quarity) 「豚マーク」と関係の有無、かなり話題になっていたな。その豚マークの最初期LP_B4盤でノイズの海のブート… [yellow matter custard] も買ったっけ、中三ぐらいかな。キレイな clear yellow vinyl だったが…さてどこへ行ったやら。


ultra-rareTrax.jpg
posted by denny-0980 at 08:49| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月21日


b4おーるでぃー.jpg


初B4盤LPはこれだった、[oldies but goodies]。そうか正式には[a collection of beatles oldies]か。買ったのは中1、70年の東芝音工盤。ほぼ解散決定のゴタゴタした時期からがリアルタイムで、家には「ヘイジュード」「レディ・マドンナ」はあったが自分で買った初シングルは「let it be」。
LPは…小遣いからヤリクリには高価であったから「お得」狙ってベスト盤購入と。どういうベストかなど何も分からなかったが…。B4が、シングルをアルバム収録していないとも知らなかった時。70年の AP-8016盤で福田一郎センセのライナーノーツ。これはオリジナル=67年盤と同様だろう。その67年盤は当時の音工盤の目玉の everclean =クリア赤盤だが、70年のappleリイシューは赤/黒と両方あったとdiscogs記載。そうか、惜しいな、手持ちは黒ヴィニール。赤盤ならば価値があったかも_いや「オビ」が無くてはゴミというご時世だよな。あいにくオビはその中1の時から買ったら即破り捨てていた。
+
日本盤、音工盤は裏ジャケが世界に類を見ない?
写真には下に入れたように「ネガポジ反転」することもあるが「左右反転」もある。こちらはほぼミス≠ノよる。この『オールディーズ』で衆知なのは、裏ジャケ写真が正規盤がミスしている≠アと。オリジナルUK盤は、東京での来日時ショットが左右反転の大ミス(それでも英米はリイシューもずっとそのままだろう)。対し音工盤、67年時点で「ミスを正している」=英オリジナル写真を「反転して」正しくなっているのも皆知るところ。ポールが着ている羽織の「寿」紋から即判断できたのだろう。
日本らしい見識であるし好判断とも思う_が、よく本家のEMI/parlophoneが「日本独自修正」を許したな。いやいや、こっちが正しくてあんたらが間違いなのよ≠ニは言っただろうけれど。

posted by denny-0980 at 09:28| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月20日

休みの国

休みの国のベスト曲は_まず5…追放の歌/第五氷河期/夕焼地帯/白い国籍のスパイ/霧の中から。ここから〜やっぱり「夕焼地帯」を選ぶ。
「霧の中から」は、カイゾク版 "give peace a chance" だねえ。

posted by denny-0980 at 23:36| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

M2

妹、地団駄踏んでるな、オズワルド。ネタ順が逆ならば行けたのに。
錦鯉は敵じゃないと思ったけどねぇ。
posted by denny-0980 at 17:46| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

watt05.wixsite.com/sakafon

Sock It To Me!!!
+
年始、元旦から original fontサイトを開始。で一年総括。現在15フォントを制作_無料頒布。最初は3フォントを¥110課金してみた_のは、儲け無し廉価でもダイレクトにリアクションが知れると思ったから。が、パーフェクトにノー・リアクション、売れずにがっかり。となれば仕方ない、半年で課金廃して ALL FREE に。それでもサイトのdownloadページ・アクセスは未だ100にもとどかない。personal useはもちろん business use もOKとしていても…。需要なし? デザイン不評? 宣伝不足?
しかし、メジャーなフリーフォントサイト『1001 FONTS』(本部はドイツ)にアップした4フォントのdownload 合計数が半年で1,400になっている(欧米の英アルファベット・フォント需要が日本より格段に高いのは当然でもこの数)。このサイトのuploaderは「フリー」を謳っていても95%はpersonal onlyで business use は課金としている。我が SAKATOMI font は極小5%のオール・フリーだから数も伸びるはず。
+
ガリガリ君1本買えない状況、何の為かと思わないでもないが、ま、フォント好きなんでね、2022年もとりあえず to be continued てことに。欧米userを見据えて続けますか。


さかふぉんと.png
posted by denny-0980 at 15:53| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月19日

b4 was fab

『get back』のせいで久しぶりにB4モードに。旧作をいろいろ聴く。
それにしてもB4はステレオが…片チャン寄り寄りの完全セパレート・ミックスで、元来ステレオ大好き人間なのだがこれは聴くに耐えない。時代、3/4/8トラック録音遍歴だろうから仕方ないとはいえ。『the beatles』以降あたりの8録音はともかく、中盤まではどうにも。
"paperback writer" "lady madonna" などもどうしてこんなに左チャンがオフで右のbassがオンなのか(これらはモノ・テイクあったっけ?)。ピンポンでももうちょっとなんとかなっただろうに。
+
"hey jude" はいい。定位もいいし、ドラムが。リンゴのドラムがここから「段ボール期」でいい。スネアもタムもミュートゆえ?_段ボール紙を叩く音でしょ。[let it be] [abbey road] だいたい段ボール。
+
[past masters]で "yes it is" という曲、初めて聴いた。いなたいトーン・ペダルがいい味。

posted by denny-0980 at 10:02| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月17日

reversal

B4 [get back] を二度見ス。で、『let it be』『...naked』を、前者CDなんだが、聴き返したり。
ルーフトップから4曲も使われていたなんで今まで知らなかったヨ。あんなにヤッツケなライヴだったのにグリン・ジョンズ、頑張って録ったよなあ。グリンの功績はもっと認められていい。
+
『...naked』が出た時に、ジャケ不満_なんで反転? ウラ盤≠言いたいとしても反転て良くないっしょ、嫌いなんだ。イーサン・ラッセルとジョン・コッシュに失礼なデザインと感じた。
ふと思えば…グリンのUSバンド仕事であった『SMB/brave new world』も反転。それと、これも思い出す_ストーンズのモア・ホットロックス。
ん〜どれもやっぱり反転はあかんと思うがなあ。



B4-naked.jpg

SMB-brave.jpg

RS-more.jpg

posted by denny-0980 at 14:18| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月14日

しもた


渋い佇まいがまだ残る上野界隈_
+
この外壁は戦前のものでは。造りからしてかつて店舗、ミルクホールとか…。で、仕舞た屋に。
+
つい最近まで営業していたらしい喫茶店ヤマ。


20211212_142024.jpg

20211212_141916.jpg


posted by denny-0980 at 12:53| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする