2021年12月31日

One for Nilsson

役者が演じるヒストリックなロック/ソウル映画やドキュメンタリー映像には、まず興味無し(単にコンサートの映画化なら文句ないのだが)。どれだけ優れた才能でも、その「人となり」はどうでもいい、パフォーマーは作品だけがすべて。作った音盤だけが勝負と思っている。ケチであっても周りから嫌われていてもステージフライトでもなんでも結構…いいレコさえ作ってくれれば。
ただこういうのは、音楽の背景/裏方との関係_そうだ、ワタシは裏方にはとことん興味があるタチなのだ_を知りたくて観てしまう。希有なメロディメイカー、ニルソン物。
https://www.youtube.com/watch?v=Je8g10Q3-gY
B4との橋渡しがデレク・テイラーと知る。
+
溢れんばかりの才能を感じさせたニルソン楽曲を、アル・クーパー (& Danny Kapilian) が仕切ったこのトリビュート・カヴァーCDは素晴らしい名盤。年の暮れに聴くのはどハマまり。
1曲目がランディ・ニューマンというだけで解る者には解るね_Newman sings Nilsson 。ラストはジミー・ウェッブだ。その間にリンゴ・スター/スティーヴィ・ニックス、ピーター・ウルフら大物も参加。個人的にはBBからカール(ベクリー/ラム/ウィルソン)と単独でブライアン参加であったから買った盤。
ただしそのブライアンが…この曲はブライ以外の誰が歌う!というべき "this could be the night!" なのに、全23曲で一番不出来というのが困りものなんだが…。
ベストトラックは2曲目のこれ:マーク・コーン




+

20211231_145232.jpg

for the love of Harry:everybody sings Nilsson
('95 Music Masters/BMG)

リンゴ/ニックス曲は Don Was 、ロン・セクススミス曲はミッチェル・フレーム=チャド・ブレイクがプロデュースと裏方も渋い!
posted by denny-0980 at 15:30| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。