2021年12月29日

ハニー!

オールディーズ≠ニ呼ばれたアーティストが Oldでなかった時の映像を見ると斬新。
Realだった時、56年か。シングルコイルのイメージが強いパーキンスもここではレスポール。まだまだ「新興メーカー」フェンダー社では信頼がおけなかった時期かもしれない。
しかし往時映像でいつも思うがリップでなくすべて「生」なんだよな。逆にリップにするほうが手間だったのかも。ここではどういうマイキング? ギターはコンボアンプとして、歌はばっちり、バック(アコギ/アップライト/どらむ)も薄く聞こえるのは…吊りが2本ぐらいだろうか?




+
B4、ジョンの入れ込みはチャック・ベリー/ラリー・ウィリアムズで、ポールはリトル・リチャード命だったか。リンゴがカール…ロカビリー的趣味というか、カントリーが好きだったんだろうな。
posted by denny-0980 at 10:13| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。