2021年12月25日

Kim Fowley

下のELP長尺投稿には"Nutrocker"が最後に入っているが、『展覧会の絵』がモロにリアルタイムな身には懐かしい。が、ライタークレジットに Kim Fowleyとな? 意外。
+
チェックすると、やっぱりフォウリィ面白い。
まず、そうかそうかチャイコフスキーのクリスマス・バレー組曲「くるみ割り人形」は Nutcracker だったか。それをアップテンポなインストにしたのがフォウリィで、62年にでっち上げシングルをプロデュース。ドラムはアール・パーマー/ギターがルネ・ホール! これ、全英では1位になったらしい。それでエマーソンは馴染んでいたからカヴァーしたのだな。
「ハリウッドの山師」フォウリィらしいのは、作者コピーライトにしっかりと自身を登録しておく抜け目の無さ、流石。なのでELPの世界的ヒットアルバムでの印税もゲットだ(まあ、後にカヴァーされとは思っていなかっただろうからボーナスだが)。

Nut Rocker B BUMBLE & THE STINGERS


+
フォウリィは、音楽裏街道を行くコテコテのB級業界人としか見られてなかったような…(まず顔つきが怪しかった)。しかし親は映画関係かな、ボンボン育ち。かの University 高校で、フィル・スペクターとブルース・ジョンストンが Sleepwalkers というバンドを始めたときに同校先輩としてマネージャ兼ボディガートを務めたと。初プロデュースが59年シングル "charge" by The Renegades 。レネゲイツはブルース・ジョンストン/ニック・ヴェネット/サンディ・ネルソン/リッチー・ポドラー。ヴェネットはCapitolへ入社してビーチボーイズの初代プロデューサー、ポドラーもABC系列のエンジニアからプロデューサーとなってスリードッグナイト、ステッペンウルフなどをヒットさせた_彼らを指揮する立場にあったフォウリィとあらばどれほど「ハリウッドの顔役」であったことか。スペクターやブライアンにも先輩風吹かしまくりであったとも…。


posted by denny-0980 at 09:08| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。