2021年11月21日

投了

登記完了証が届いた。マンション名義変更が済む。法務局へ四度足を運んだ末。
司法書士等専門家依頼が普通だろうが、10万前後の費用がかかるところ。なので自分でやってみましたヨ。時間は十分ある、平日も動ける身ゆえ。時間あっても法律則る書類作成に拒絶感持つ輩のなんと多いことよ_が、今時はネットに丁寧な指南あり、行政の文言もなにも英語で書かれているわけでない…じっくり読めば無茶は言っていない。
出費を惜しむ気持よりも、ひとつひとつクリアにしてゆく手間は「数学的」で嫌いじゃない性分。元来数学好き_all or nothing.. 答が白黒はっきりしている。この書類作成も1箇所でも不備があれば通らない、すべての問題はこちら側。ひとつでもバグがあればアプリは起動しないような_コンピュータ的ともいえるか。固定資産証明、印鑑証明、住民票やら揃えるべきをあっちゃこっちゃから集め、譲渡契約/変更申請書を書いてバグフィックスを繰り返して完了まで_正解への道程。
+
管轄の法務局は草加出張所だった。一度目は片道50分チャリ往復した、登記事項証明書を取るためでこれは必須。申請書等はネットからひな形をDLし、要項を合わせて書き換えて打ち出す。これでほぼ行けたかと思った。数カ所分からなかったがそれは空欄にして提出時に見てもらって埋めればいいと思っていたら…。
最寄駅から15分歩かされる、二度目の法務局。ここで躓く、相談が予約制だった。仕方なく予約だけ取って退散のはめに。三度目、相談担当司法書士を前に「..さん」でいいのか先生と言うべき?_迷いながら持参書類をみせると「あ〜根本を勘違いされてますなぁ〜」と。そっちは日々業務ゆえ片眼つむっても書けるだろうがこっちは一生に何度もないことよ…冷静保ちながら事細かに教わって帰宅(プロの目がないとまず無理_相談は無料)。
すべて修正して再度予約の四度目で、OKもらって十数万円分印紙貼って提出、やっと申請す。実際はここから「審査」なんだが、プロのチェックは確かで一週間で完了書到着の次第。難解な三次方程式が解けた爽快感というか…。


posted by denny-0980 at 13:53| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。