2021年11月20日

ライヴ・パワステ

ピート・シアーズ、わが音楽ライフの所々で登場した名前。その活動が僕の趣味とハマるのだ。
英国人、なのでロッドのatlantic crossing前のベスト・ロッカー期≠バックで支えたひとり。…ながら、英米を行き来きして数々のバンドを渡る。ブルー・チアーのギタリストと一緒に始めたり、Stonegroundにも参加、ジョン・シポリナのコパーヘッドもか…西海岸サイケロックを転々と。普通ならセッションミュージシャンでこなしそうなのにこの人はとことんバンドマン拘りだね、つねにバンドメンバーになっていた。
Jスターシップではフライバーグとふたりがベース/キーボードを曲毎に交替していた変則編成。アルバムクレジットにも曲毎担当表記をわざわざ入れていた。
ホットツナとしての来日で観たんだよなあ、いまは無き日清パワーステーション。
posted by denny-0980 at 21:15| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。