2020年07月29日

59え4d1dふぇ11sbd

https://youtu.be/9s1Xmak71UU
ナイキ・シューズ新作でデッドの "bear" コラボとの話題。Marching Bear とあるがこれはただの Bear でしょ。dancing bear はあった気もするが…。
『bear's choice vol. 1』で初登場だったと思う「ベア」は Owsley Stanley のこと、レコーディスト/エンジニア。でもあった、たしかに世界最大といわれたPAスピーカーをマンモス山積みしたがその前になんといってもdrug担当、窮極のラリパッパおじさんとして取り巻きのチーフ存在か(身内なので deadheadsとは言わないんだろうな)、Lペーパーをはじめて作った人とかいう話も。このオジサン、すごい名家の出だったらしい。


昔買った Bear のビーズ・ドール。何種類あったかは知らないがひとつひとつに「曲のタグ」がついていた。
僕が選んだのはこれ。トランプ・シンボル柄になっている_分かる人には分かるね。
"Deal"
8/31/81 Aladdin Theatre でのバージョンと裏に書いてある。この曲、デッドでのスタジオテイクはない(と思うが…)。ガルシアのソロ収録だがデッド・ライヴでは定番だった。僕は大好きな曲で、デッド/ガルシア曲は数あれどこれがベスト1なのだ。


deal bear.jpg

posted by denny-0980 at 21:04| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。