2020年01月09日

諸説引渡

国外逃亡といえば思い出すロナルド・ビッグズ。今後は倣ってロナルド・ゴーンと呼ぼうか、カルロス旦那。ビッグズは、英国で列車強盗後に引渡協定ないブラジルに逃げて悠々自適生活、ピストルズ残党とシングルまで作ったっけ。さてゴーンのほう…キャヴィア&シャンパンの日々に戻れるや否や。それにしてもあの会見では「盗っ人猛々しい」としか、シンパなEU諸派にも映らなかったのでは。まちぃとしっかりニッポンの「自白偏重/人質司法」問題を突いて欲しいのよ。自助能力皆無の国は、黒船の昔から『外圧』なくして何も変われない二等国ゆえな。逃亡オヤジとはいえ、ゴーンに期待があんだがな。
posted by denny-0980 at 15:39| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。