2019年10月07日

対自核_look inside

http://denny-inside.seesaa.net/

久しぶりに更新したのは見開きジャケの「内」サイト。
正直つまらないポートレートもあるけれどなかなか見る機会のないインサイドなので記録としては重要と思い、見つけたら更新している。
+
今回はナイス/ピンク・フロイド、2枚のヒプノシス仕事。ムーディーズ『octave』もそれらしく見えるがこれは KOSH(ジャケ表裏はまさにコッシュ調、しかしこの内面は…?)。
ヒプノシスは、表裏のみならず内ジャケ/内袋/盤面_トータル・デザインで最上級に評価された。デジタル時代には現出しようのない存在はすでに幻と化している? アナログ時代の超ド級才能デザインチーム。31cm角の大きさなくしては意味が無い。そこに、アナログなマン・パワーによる驚異のコンセプト具現化。いまの眼では「こんなんphotoshop一発でしょ」と言うか。違うんだよな。同じようで虚と実では見る者を圧倒する力に雲泥の差。
+
ナイス『elegy』。既にキース・エマーソンはELPを始動させていた。この盤は契約履行のためのライヴ盤で本人的には無いことになっていたらしい。が、ことデザインではヒプノシスの並べモノ″ナ初期傑作。表ジャケ同様にこの内面写真も重要。gatefold ゆえサイズが倍だから壮大感も倍に。

posted by denny-0980 at 08:14| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。