2019年10月04日

諸説渾名

Snuffy と来て、ふと思い出した名がスナッフ・ギャレット。Snuff≠ニは噛み煙草ではなかったか。いまはあまり流行らないらしいが、大リーグで試合中に選手がベンチ内でペッ、ペッと吐き出していたもの。ネチれば面白いことが_。
スナッフィは本名が William Garrett Walden /スナッフ・ギャレットが Thomas Lesslie Garrett 、ともに Garrett が入る。で、噛み煙草の有名ブランドに Levi Garrett というのがある(あった?)らしく、そこからギャレット姓だと Snuff / Snuffy …と呼ばれることが多かったようだ。下に書いた:ある時期に上原の姓から「ゆかり」と呼ばれたこと。所換われど同じ事やってんだね、というお話で。

スナッフ・ギャレットといえば… Tin Pan 系列に入る、か? NYでなくロスで活躍のプロデューサーは、6〜70年代ポップス大立者のひとり。メインは Liberty Records で。そのスナッフだが、最初にモンキーズのプロデューサーに指名されたのはこの人だったとか。モンキーズといえば、ドン・カーシュナー仕切りの「プロジェクト」だったが、選ばれた4人は最初は大人しくカーシュナーに従っていた。しかし途中で抗い、仲間のひとりチップ・ダグラスを担ぎ出した。(これに懲りてカーシュナーはけして文句を言わないアニメ・キャラ=アーチーズで次の勝負に出た…とは出来過ぎな逸話)
しかし実際は、まず最初のスナッフ起用から反発していた_ジジィ臭いプロデューサーは御免!_せめて歳の近いボビー・ハートを、と自分らの意見は通していたとか。のっけから苦戦を強いられたカーシュナー御大。

posted by denny-0980 at 15:36| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。