2019年04月06日

Steely Dan tune

spiritrock.jpg

『spirit of rock』


デモって、¥150だったSD収録盤は、思ったより早くUKから到着。レア・チューン "Dallas" に関して。
なんというジャケット、rocky horror show パチモン風。mfp とは music for pleasure でEMI傘下の廉価レーベルだったか。前述の通りにこれは US ABC+Dunhill 音源のヨーロッパ管理だった PROBE としてのコンピレーション。傘下アーティストをまとめただけなのでレイ・チャールズ/BBキング/フォー・トップスのブラック組とステッペンウルフ/3DN/バーサ/エミット・ローズなど混在、なんでもあり盤。
さてお目当て…といってもお初でない同曲は、当然既に聴いているモノ音源。なのに、ここでは一手間を。その意味では「お初」だ。72年盤なので「ダラス」以外は当然すべてステレオ音源。ジャケにも Stereo と表記。ゆえにモノが1曲でも収録では塩梅悪いと感じたんだな、「ステレオ化」。いわゆる「擬似ステ」。60年代に流行った_ビーチ・ボーイズ盤などでは日米で一番流通していたのは擬似ステレオ盤だっただろう。詳しくは知らないが、モノ音源にリヴァーブやらかけてその反響音のみを片チャンネルにもっていったり? 「少しでもステレオっぽく聴かせる苦肉の策」。ここでは "this track has been electronically enhanced for stereo effect" とある。しかし聴けば、worse... たんなるモノ音源よりこもっただけでステレオ感ほぼ無し。
なお "from the Probe album Can't Buy A Thrill" と曲名下に記載が。この時点では、UKにはファースト収録曲としてアナウンスされていたのかもしれない。
何にしろ「資料的価値」だけはある、この迷盤_72年の UK disc 。

posted by denny-0980 at 10:31| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。