2019年03月21日

ゴードン/パークス

78年に出たSD初の2枚組ベスト『グレイテストヒッツ』にアウトテイクが1曲のみだが収録された_ "here at the western world" 。なぜこれだけいい曲を…個人的にはSDベスト5のひとつ。
82、3年にアナログで『gold』という別のベストが出たが、これの拡張版CDが90年代始めに出たときにそのCDライナーノーツにはこのアウトテイク曲もパーソネル・クレジットが入った。
michael omartian, chuck rainey, jim gordon, dean parks
from sessions for "The Royal Scam"

これも変だな。レイニー/パークスは『摩天楼』に名があるがオマーティアン、ゴードンはない。4人がばっちりハマるのは『さわやか革命』。当然この3枚目セッションのアウトテイク。
ここでのゆったりしたゴードンのドラムも良し。ベースは…シンプルに弾けないわけじゃないだろうがレイニーとは思えない。エレキギターのパークスがベースも弾いたように感じる。アコギはベン・ベネイじゃないか。
ゴードンもいいが、やはりこの曲はパークスが最高。目立たない、派手なリードもない。が、細かいオブリと短めのリードが素晴らしい。パークスはどれだけのアルバム参加があるか分からないハード・ワーカーだが、この曲はベストに近い_少なくとも僕にとっては一番好きなギター。カールトンと混同されがち(実際にふたりはジョニー・リヴァース・バンドで一緒だった)なパークスだが、ここで聴けるような若干の「濁り」音色がこの時期の特徴なんだわさ。


このビデオにあるように非常に暗いドラッグに関する歌詞とは思うが、意味はわからへん。暗すぎてオクラにしたのかも…

posted by denny-0980 at 12:33| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。