2019年02月02日

ケセラセラ…

映画『let it be』がリメイクされるらしいが…だらだらと回し続けた未発表フィルムは山とあるだろうが、漂う陰鬱な雰囲気はどうなるもんでもないのでは。再度人前に見せる内容があるのか? 「終わり始まる」結果となった Get Back session であったろうに。「戻れる」と思って初めてみたら、もうそこはリヴァプールではないという現実を4人全員が、とくにポールか、痛感してしまったわけでしょ。The End への助走以外のなにものでもなく。音源も棚ざらしに。『abbey road』の後になってスペクター印の加工品としてぼんやり世に出た最終アルバム=B
 などと云いながらも個人的には『let it be』は全B4盤のなかでもっとも好きなのだ。スペクター盤か Naked盤かと問われれば、「どちらも」。ともかく、ゴスペル風味のサザンロック≠ナはないだろうか。これほど Laid-Back したレコはそうはない。



posted by denny-0980 at 13:18| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。