2018年12月07日

噺家

BSで放映していた71年のドリフ映画『春だ!ドリフだ 全員集合』。
「落語話」だった。長さん、カトちゃん、左とん平の3人が落語家に扮していた。新宿末廣亭と浅草演芸ホールもロケに使われている。舞台の様子、周りの店舗、車、一般人の格好など当時の様子や風俗が思い出されるのもこの手の古い映画を観る楽しみ。
それと落語家、昭和の名人も出てきたので驚く。師匠4人が熱海の旅館へ集まり、真打ち決定会議という場面が。それ、三遊亭円生/柳家小さん/桂文治と…もうひとりは、見覚えある顔だがはっきりしない。ネットで辿ると、三代目三遊亭小圓朝? ここで、犬猿の仲の円生と小さんが顔を合わせるだけで面白いのに、円生が小さんに啖呵を切る場面はその後を暗示したかのようで…。最後で演芸ホールの楽屋で長さんにちょいと小言を云うのも昭和の落語家、…誰だっけなあ。 
posted by denny-0980 at 09:09| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。