2018年12月05日

friends again

御茶ノ水の貸しレコ屋_ジャニス閉店の寂しいニュース。80年代、アメリカ音楽にまったくハマる物がなくなり、UKへすっかり興味が移ったがジャニスはUKレア盤揃いの店だった。池袋北口の雑居ビルに入っていた貸し屋へもかなり通ったがここはジャニスの姉妹店じゃなかったかな。御茶ノ水へもわざわざ通いましたヨ。ティアドロップ・エクスプローズ、アイレス・イン・ギャザ等々、買うのはちょっと引ける盤をまず借りて聴いていた記憶。
てなことで_80年代にすっかりハマった12インチを聴き返す、まずはアズテックとフレンズ・アゲイン。
アズテックは、ドゥルッティ・コラム/ペイル・ファウンテンズとともに来日ライヴを観に行った口なんだが、何人バンドだっただろう。結局はロディ・フレイムのワンマンバンド…だよな? そのライヴで最後にヴァン・ヘイレンの "jump" を熱演したことははっきり憶えているが…。フレンズは日本では話題にならなかったがネオアコ勢のなかでも屈指の名バンド。なにより曲良し。それとネアアコと称されたバンドはどこもギターが上手かったがここもそうだった。


aztec_friends.jpg
posted by denny-0980 at 13:03| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。