2018年12月03日

dynamite

昨日のサンソンを聴いていたら西岡恭蔵をかけたが、その際にタツロウ氏曰く_恭蔵盤のディレクター「スエナガヒロシ」はステージ・プロデューサーとして長い関係。ん?、些細なことだが…「ヒロシ」だったの?「ヒロツグ」と読んでいたが。
ごまのはえがココナツバンクと変わったときに大滝に切られたボーカル/末永博嗣とベース/角谷安彦。末永博嗣はその後、ディランIIや加川良などのディレクターとして関西制作関連(福岡風太関連?)盤でよく見た名前。手持ちの加川良『南行きハイウェイ』では末永 "Hank" 博嗣となっている。これはオレンジ・レコード制作だが、このレーベルのディレクターということだろう。このレーベル、ロゴと一緒に "The Mephisaka Sound" と記している。この加川盤がまさにメンフィス録音で、メンフィス=大阪を繋げたいほどに当地の音がオキニだったんでしょうな。実際、ジェイムズ・フッカー/ルロイ&チャーリー・ホッジズ/ジーン・クリズマン…ハイ・サウンドの面々参加。しかしギターはティーニーではなく石田長生/中川イサト。なのにふたりの fender single-coil sound ときたらハイよりハイらしい、出色のプレイ。
が、Mephisaka Sound はダメでしょ。 Memphis ふたつめの「M」が脱けていてメフィサカって…この盤以外ではなんだかわからへんがな。
いまネットを見たら、井筒和幸監督22歳の処女作_自主制作ピンク映画『行く行くマイトガイ 性春の悶々』が。75年で主演:三上寛。音楽が大塚まさじとあり、主要演者のなかに末永博嗣も。役名が「ヒロシ」。 ドラマーの上原裕が「ユカリ」と呼ばれるように、ヒロツグさんは仲間内では「ヒロシ」と呼ばれるのかも。そんなこと聞いてど〜するの?的に些細なこと。

posted by denny-0980 at 10:15| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。