2018年12月03日

黒文字

最後にちょろっと出た文字「制作:ABC-TV/ヨシモト」、昨夜『M-1』放映の話。審査員も関西優勢で。つまりは東京TV枠を買っての大阪売り込みでしょ、じつにマッチポンプ的。
東京の番組で聴かされる関西弁て個人的にはノー・サンキューでっせ、ほんま。なぜに「東京進出」に成功せねば「上がり」にならへんねん?関西芸人。政府よ、東京一極集中を問題視するならばこの芸人問題を直視せよ。地方青少年少女にとってTV影響は絶大だよ_なぜサンマ、ダウンタウン、ナイナイ、ツルベが東京へ流入してきたのか検証せねば。
べつに関西芸能が嫌いなわけでなく、子どもの頃からしばらくは大の贔屓。『番頭はんと丁稚どん』から始まって吉本新喜劇/松竹新喜劇(どちらも東京でも放映していた)を見ていた。新人ハザマカンペイも奥目も花紀京やら曾我廼家兄弟、寛美を見て、『てなもんや三度笠』を欠かさず_。落語も、特に好きだったのは桂小文枝(先代文枝)で、枝雀、露の吾郎、森乃福郎なども好きだったねえ。しかし当時の名跡は、関西は東京と並ぶ、いやそれ以上の芸所という矜恃があったはず。崑ちゃんも雁之助はん/小雁ちゃん、みな大阪に根を張ったままだった。なのにいまは大阪人気者ではたんなるローカル扱いか。地元を二流扱いにしている現状は理解に苦しむ。野球をやる以上、いまならメジャーまで行かねば…日本のプロままでは二流なのと一緒と? いや、野球では日本よりも歴史あるメジャーの格は歴然とあるだろう。が、芸事では関西が格上ではないか。その矜恃をして「東日本の芸人よ、メジャー関西で勝負せんかい!」となぜ言わないのだろう。

『笑劇の人生』芦屋小雁(新潮新書)_おもろかったワぁ

posted by denny-0980 at 07:07| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。