2018年10月12日

ビールと酢

亡き佐野さんとよく話題にした、この“グッチやり過ぎ”『ハッチポッチステーション』。子ども番組なのに子供置いてけぼり…よく出来ているねと話し合ったのは_MTVパロディか、ロック/ソウル名曲を童謡に絡めたビデオ。その出色具合、グッチおよびスタッフが相当に通なのは確か。クラプトンがストラトのヘッドに火の付いたタバコを添えたまま歌っていたことまで知らないと笑えない…。マヒナスターズやブルコメの井上忠夫(のち大輔)がどういう風に歌っていたかまでが「基礎知識」。アレンジ/演奏能力の高さ、それにダンスも魅力だが、ビージーフォーとして、いやその前からだろうグッチがディスコハコバンとして鍛えた過去があってこそ。
 歌詞の「そら耳」合わせもよくできていた_

・(クラリネットを)棄てなさい= stayin' alive <ジョン・トラボタル>
・単身赴任=dancin' queen <BABA>
・すご〜く疲〜れた!休んでいんですかい?=
 smoke on the water, fire in the sky <デーブ・パープル> 等々

懐かしいと思う向きも相当数らしくこうしてUTアップもあるが、それでも個々の映像のフルはあまりないようだ。もちろん売り物にはなっているだろうとネットを見たが_CDしかないじゃないか。音だけ聴かせてどうすんの!? グッチの八面六臂、体当たりの頑張りを見なくてどうなる! NHKアーカイヴだから簡単には許可がでないのかもなぁ…。
 それにしても「エド・サリヴァン」はやりすぎでヤバくないか。個人的に最高なのは、どれも面白かったがデーブ・パープル、 KISSA…やはりマホービン・ゲイだな。ところでハッチポッチ・バンドというのだろうか、ここでのバックメンツで…かすかな記憶で不確かだがギターはダウンタウンブギウギンバンドのオリジナルギタリストだった蜂谷という人。<エリック・かけブトン>の最初のギター手元。

なぜこんなに深く凝ったのか、ただ単に「遊びのノリが進みすぎた…」と思っていた。が、UTコメントに「(グッチ曰く)大人が楽しそうに笑う家庭は子どもたちも楽しくなるから…」と。なるほど、なかなか深い配慮が…ちょっと後付け臭いが Www

https://youtu.be/8CoCPGLpo7w


posted by denny-0980 at 14:30| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。