2018年08月20日

percy sledge

昨夜BS-TBS『song to soul』はパーシー曲「男が女を愛する時」。
マッスルショールズを代表する楽曲は確かだが、録音は FAME でも Muscle Shoals Sound Studios でもなく、Quin Ivy のスタジオ。今は(現在も営業しているだろうか?)Broadway Studio となっている、かつての Quinvy Studio …もしくは Norala Recording Studio 。ノーララの名前で始まったスタジオだが自身の名になぞらえてクィンヴィと改称…その過渡期の録音曲。ちなみに Fame は Florence Alabama Music Enterprises の頭文字。Norala は North Alabama (Recording Studio) なんだそう。

DSC00166.jpg

画面キャプチャ_四人衆が Fame Gang だった頃。場所はフェイムの駐車場だろう。
立っているのが左からジュニア・ロウ/フッド/ベケットで、座るのがジョンソン/ホーキンス。
「男が女を愛する時」セッションにはロウが駆り出されてベース_「モーリスのベースを弾いた」という。日本のモーリスでしょこれ。キーボードがスプーナー・オールハム(たぶん発音的にはオールダムじゃなくてこう)。プロデュースがクィン・アイヴィとマーリーン・グリーン。マーリーンはエンジニアもやってそうなのにここではジミー・ジョンソンだったと番組で。ギターとドラムは誰だったのだろう。
追記:
ギターはマーリーンが、ドラムはホーキンスらしい。
posted by denny-0980 at 23:19| Comment(0) | Muscle Shoals | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。