2018年08月10日

philly rock'n soul

村上春樹ラジオの続き。カヴァー曲が大半だったがたまたまだろうか、ちょいと気になった。締め近くでかけたこれもカヴァー、ホール&オーツの "love train" 。
サントラ収録オンリーという、かなりレア・チューンのチョイス_よほどH&Oが好きなのか。映画は『earth girls are easy』という米国B級SFとのこと。で、ちょいとネチってみれば、なるほど、トレイラーしか見られないがかなりオバカ系らしいのは知れる。なにゆえにビッグネームが音のみとはいえ参加かと見れば、サントラ盤にはスチュワート・コープランドや Jesus & The Mary Chain も書き下ろしらしい。はて?_と思えば、監督がなんとジュリアン・テンプルとは。sex pistols の『rock'n roll swindle』や『absolute beginners』、パンク/ネオ・モッズの傑作ムーヴィーを撮ったとことん英国人のテンプルが…。
H&Oのこのカヴァーは、時代の音でエレクトロ・ポップな打ち込み感がいただけない出来。それでも村上琴線には触れた?

ダリル・ホールはフィリー・ネイティヴ(トッドも同郷だぁね)にして、ケニー・ギャンブルとバンドをやっていた/スタジオ・ワークも務めたと聞く、フィリー・ソウルフル・シンガー。ならばオージェイズ・リスペクトも半端ないのは当然でしょうよ。
で、これですワ_自前の番組 LFDH(もう2年近く開いたが終わってしまったということだろうか、これほど素晴らしいウェブ・チャンネルがストップとは惜しくてならないが…)のゲストとして喚んでますヨ_。
のっけが当然彼の曲、このグルーヴィーな高揚感、リアルなライヴでなく映像であっても痺れる。しかしシェイン・テリーオのギターが上手すぎる…!

https://youtu.be/BzWRT-PAGQk


posted by denny-0980 at 08:26| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。