2018年02月04日

second helping

下続きで思い出した小ネタひとつ_

スキナード『おかわり』は当時日本盤で買った。そのライナー裏の聞き取り歌詞。
Now Mrs. Schultz has got the swampers and .....

second-lyric.jpg


Muscle Shoals が「ミセス・シュルツ」と聞こえましたか…。どういう意味ととらえていたのやら。当時「マッスル・ショールズ」は、74年の日本では…誰も知らなかった? てか、transcription は英米音楽に長けた在日外国人であったろうに_ワーナー盤はまずピーター・バラカンかリンダ・ヘンリックだったが、このビクター盤は誰か。"swampers" のほうはOKだがね、これはこのLPのB-2がずばり "swamp music" という曲だったりするのだが。
まあ当時の日本盤の「聞き取り歌詞」や「訳詞」も、正解とは誰も思ってなかったけどね。とくに東芝盤の訳詞の…誰だっけ、トンチンカンで酷い訳と噂になったほど。


posted by denny-0980 at 11:59| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。