2017年12月30日

息の長いベイジル

なんか懐かしくなってトニ・ベイジルのビデオをいくつか見ている。
最初にその名を知ったのはやはり "Mickey" から。だが同時期に、シンガーが本職でなく振り付けがメイン_トーキング・ヘッズのPVのダンスを手掛けていると知った。そこから遡ると、なんと名画『イージーライダー』…マルディグラで買った?hooker が、ホッパーはカレン・ブラックでフォンダ(キャプテンアメリカ)のほうがベイジルであったか〜、と。さらに戻れば、音楽ショー [Tami show] の振り付けアシスタントや、モンキーズ映画 [Head] _この中でトニは踊っていた(その時の同僚ダンサーだったのがテリー・ガー:日本ではさっぱりだがアメリカでは「未知との遭遇」などで知られた女優/当方は「ヤング・フランケンシュタイン」からのファン)。
 64年のお気楽サーフ・ムーヴィー、ここでビーチ・ダンシンしているのもそうですか、ベイジルねぇ。
https://youtu.be/GwLEuLnaNaE

https://youtu.be/hteK-piUgQY
ハマケンじゃないよ。JBのダンスは唯我独尊だろうがバック三人は monkey, mashed potato... 入っていて、ベイジルの振り付けも加味されてる?


「ミッキー」は82年の全米1位曲。これのライターがヒットメイカー、チャップマン=チンと知ってなるほどUKからUS進出して本領発揮だったなとばかり思っていたら、今見て驚く_これは79年UKのレイシーというバンド曲( "kitty" )の改題カヴァーであったとは。


頭悪そ〜な sugar pop!! チャップ=チン、お得意の路線で素晴らしい!

誰の選曲かはともかく、メインであるチアリーディングで踊りまくりにふさわしいチョイスが見事だったことになる。ポップに踊りまくりを旨としたベイジルだが、「頭は良さげ」_Devo をカヴァーなど、インテリジェンスなパワー・ダンサーであったかな。おバカに見せていても出自はクラシック・バレーだね、端々に出てる。
バカラックもカヴァー。






posted by denny-0980 at 16:26| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。