2017年11月18日

Ducks

知らなかったねぇ…ニール・ヤングが77年、「二ヶ月半」だけやっていたバンドがあったなんて。それが個人的にどツボ。当方にとっての五大パフォーマーのうちの2つが組んでいたのだから。
ニール・ヤングとモビー・グレイプ。

https://youtu.be/rz8pZecv6yI

「Neil Young & The Ducks」
NY : guitar, vocal
Bob Mosley : bass, vocal
Jeff Blackburn : guitar, vocal
Johnny Craviotto : drums, vocal

モビーのベーシストにしてぶっとい声のシャウターだったモズリーとNYが一緒にやっていたとは。NYはソロで輝くパフォーマー。クレイジー・ホースとの録音/ステージも、たしかにホースのグルーヴも素晴らしいモンがあるが、それでもフロントアクトNYの引き立て役。その意味でこの Neil Young & The Ducks …モズリーやジョニーCの曲もやる/歌うとなるとその「バンド感」からNYファンとしては食い足りない感じであろうな。それを承知のニールだったかも…長く続けるつもりでなく、ジャムったら思いの外気持ちいいので少し人前でやってみた、と。実際このサンタ・クルーズ始めローカルなギグのみだった様子。
 それにしても個人的には最高だ_モズリーの曲でニールがリードを弾くなどはたまらない。ニールのソロ/バッファロー曲でモズリーの声が被るのも…。
"gypsy wedding" _モビーのリユニオン盤『20 granite creek』の頭のモズリー曲は、翌年のソロ作でもリレコした代表曲、このぶっとい曲にニールのギターはハマるハマる!
"truckin' man" が唯一のモビーグレイプ曲だがこれもよし。
小さめのハコだったんだろう、間近にこのギグを見られたらどんなに気持ち良かったことか…。

前年76年にモズリーは1枚のアルバムをバンドで¥oす。
【Fine Wine】(Rocky Road Records / Polydor)


finewine.jpg

長いこと「モビーグレイプの変名盤」と信じていた、ロス録音ながらドイツ盤しか出なかったレアな1枚。入手出来たのは23年ぐらい前、馬場ディスクファイルで見つけたときは驚いた、価格も_¥300。モビーではなかった、モビーからのジェリー・ミラー/モズリーが Michael Been, Johnny Craviotto とで、四人バンドだった。



posted by denny-0980 at 16:27| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。