2015年12月22日

blogDJ-#026/ローダイ


linda ronstadt/ poor poor pitiful me
 from "simple dreams" 78

luscious jackson/ naked eye _tony's magic mix 96

seeds/ pushin' too hard 67

john fogerty/ southern streamline
 from "blue moon swamp" 97

creedence clearwater revival/ lodi
 from "green river" 69

遠藤賢司/東京ワッショイ
 from "東京ワッショイ" 79

los lobos/ lonely avenue
 from "till the night is gone : a tribute to doc pomus" 95

stylistics/ you'll never get to heaven (if you break my heart)
 from "round 2" 72

u2/ with or without you
 from "the joshua tree" 87

nils lofgren/ girl in motion
 from "silver lining" 91

chairmen of the board/ patches 70

サザンオールスターズ/別れ話は最後に
 from "熱い胸さわぎ" 78



ロック史に残る名曲のひとつ、U2のこれ。ボノ…やべえ、これ発表しちゃったらオレらの次はないかも、と思わなかったかなと想像するほどイイ曲。曲もそうだが、エッヂのギターもクレイトン/ミューレンのリズム隊も最高のアレンジ、演奏を。 U2曲とまるで関係なさそうで大ありなのがルーシャス・ジャクソン曲。ビースティ・ボーイズが興した grand royal からデビューしたガールズ・グループ。この曲を含むアルバム {fever in fever out} はU2と同じくダニエル・ラノワのプロデュースだった。U2を高みに押し上げたラノワ独特の浮遊感音像はルーシャスでも十分に発揮されていた。 スタイリスティックス。バカラック=デイヴィッド・カヴァーだが、つくづくバカラックの才能を、恐ろしいほどのメロディメイカーぶりを堪能できる。 遠藤賢司。亡き佐久間正英の一番のプロデュースワークはこの盤では。 チェアメンの「パッチズ」_この曲は同年クラレンス・カーターで大ヒットだったがこちらがオリジナル。作者でありチェアメンのボス、ジェネラル・ジョンソンのあの声のほうが…やはりハマる。






posted by denny-0980 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | blogDJ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック