2015年08月25日

blogDJ-_#018/仲間よ目をさませ!


ricci_martin.jpg


billy paul/ let'em in 77

AKB48/恋するフォーチュンクッキー 13

the pale fountains/ something on my mind _operating twilight single 82

leblanc and carr/ midnight light
 from "midnight light" 77

ricci martin/ stop look around
 from "beached" 77

jack tempchin/ peaceful easy feeling
 from "jack tempchin" 78

rolling stones/ hand of fate
 from "black & blue" 76

linda ronstadt/ i won't be hangin' around
 from "linda ronstadt" 71

james taylor/ angry blues
 from "gorilla" 75

todd rundgren/ can we still be friends?
 from "harmit of mink hollow" 78

war/ why can't we be friends?
 from "why can't we be friends?" 75

paul simon/ slip slidin' away
 from "greatest hits, etc." 77




マッスルがらみで4曲。まずは、マッスル録音だったリンダの…たった1曲のみのマッスル物。ドラムが実にホーキンスしている。ギターはカーでなくヒントンでなくティッピー。コーラスにメリー・クレイトンとダイアン・デヴィッドソン。ロスでのダビングだろうが、ダイアン…何枚かソロ作もあるシンガーだがコーラス参加もいろいろしていたんだな。ルブラン&カーはもちろんマッスルで、そのカーがプロデュースしたマッスル (fame studio) 録音だったジャック・テンプチン盤_この曲はイーグルスが採り上げた曲。ストーンズ曲のギターはマッスルギタリストのひとり、ウェイン・パーキンス

JT曲は『ゴリラ』から。ヴァレリ・カーターとローウェル・ジョージ参加。ヴァレリは当時ローウェルの girlfriend だったんだろうなあ。それにしても andy newmark - willie weeks の巧いこと上手いこと。この盤はこのリズム隊とリースク/カンケル組が交互だが、70年代のトップ・リズムセクション。どちらも上手すぎる。そして音の良さにもあらためて惚れ惚れした。サイモン曲でのスティーヴ・ギャド steve gadd もさすがに上手い、セッションワーク黄金時代70年代。





ラベル:blogdj
posted by denny-0980 at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | blogDJ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック