2021年11月03日

Wembley Randall

ロンドンへ移り住んでもう何年だろう、エリオット・ランドールで…「輝く季節」。
一昨年、 Steely "alone" _フェイゲンのウェンブリーギグ…当地なので飛び入りした?
Steely Dan's premier guitarist を謳うわりにはフェイゲンと同じ「ステージ」は…70〜71年Demian 時代にあったかどうか、もしかしたら初のことかもしれない。
https://www.youtube.com/watch?v=FwS2c48pJ7Y
+
+
Demian / Kenny Vance tape (71)での
"Brooklyn (owes the charmer under me)" オリジナル・デモ録り。
フェンゲン・ヴォーカルが低くて…テープ速度が遅いまま出回ったと言われている。それでもファーストLP収録よりずっとスローなテイクは確か。ギターがランドール。
https://www.youtube.com/watch?v=s5SpndF5PB8

posted by denny-0980 at 10:36| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

kings T


ぶるっく.jpg

かみさんと近場へ出た折、予定外にスーパー銭湯へ行くことにした。着替えを持っていなかったからモールのなかの店舗でこの¥950のTシャツ購入。
Brooklyn_は、US地名/大学名などありがちなロゴだが、上記通りにSDファンとしてハマったので。なおかつ "KINGS" もある…「SD曲2曲収録」と勝手に解釈。:-)
調べたらNY五区はそれぞれ異なるカウンティ(郡)管轄下となっていて、ブルックリンはキングズ郡ということらしい。
日本の音楽ファンにとって一番馴染みの「郡」といえば、ジャクソン・ブラウンのオレンジ郡か。
posted by denny-0980 at 10:33| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする