2021年10月22日

口禍

一昨年から手掛けるコンサートポスターは日本テレビ小鳩文化事業団主催というちょいと固いコンサートなのだが、今回は従来より大判のA1サイズで作成となった。そのデータ入稿に関して印刷所から電話が入った。今回が初めて、相手担当氏とも初会話。声の感じは四十代半ばか、最初こそ「お世話になっております…」だったのが途中から口ぶり変化。「…そうそう…、そうだね…」と。馴れ馴れしいというか、若干「上から」。
これは_俺の声はキーが高い、それ故に若僧のフリーデザイナーと踏まれた≠ネ。相手見えない通話のみで決めつけられた感。
年相応の渋いルックスでも声でもないこと、別に気にしちゃいないけれど、今回のように軽んじられる事は間々ある。「ちょい待てよ!」と喧嘩売る気は無かったが、むっとしたのは確か。ま、俺で良かったね_その口ぶりはどこかでしくじるゾと、、老婆心ながら…。

posted by denny-0980 at 08:48| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする