2020年07月06日

Peabo 76

peabo.jpg

#173
【Peabo Bryson / Peabo】
produced by Peabo Bryson
( '76 Bullet )
<B:★★★>


デュエット曲でヒットを飛ばしスターとなるのはかなり先のこと、ピーボ・ブライスン、南部の出らしくこのデビュー盤はアトランタのローカル・レーベルより。しかしバック陣は豪華、David T, Ed Greene, Ray Parker らを擁したLAセッション/マッスル・セッション/アトランタ・セッションと三箇所での録音、大半曲のアレンジが Gene Page による。
4曲がマッスル4人衆+ピートがバックトラック担当。
A−1 "just another day" 
A−2 "do you believe in love"
A−3 "it's just a matter of time"
B−2 "underground music" 

A面3曲、かなりヒット狙いな作りだが悪くない。マッスル勢も一番油の乗った時期ゆえ好サポート。ピートも薄くはあるがいいギターを。
B−2、同じマッスル録りだったステイプルズ "chica boom" によく似た楽曲。これはピート名演のひとつとしてよい出来。
posted by denny-0980 at 22:22| Comment(0) | Muscle Shoals | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする