2020年06月30日

上の固定投稿をチェックされたし


自分自身齢を重ねたせいか、死がより身近になり、レコードでしか知らなかったミュージシャンらの死もそれなりの感情が…昔より深くなる昨今。とは言え相応のビッグネームの死も次の訃報を聞いたときに忘れ、二度目に思うのは年の暮れあたり、年次振り返りの際ぐらいのもの。
数多訃報のなかにこればかりは早々に流せない_個人的に大きな訃報が入りまして、マッスルショールズ・ギタリストの Pete Carr 。ちょいと驚きも_コメント/ニュースが思いの外あったこと。知る人ぞ知る存在と思っていたので…。
僕にとっては、ウェイン・ベリー『home at last』を74年日本盤で買った時に少し気になり、20年前からはディープ掘り。参加盤を200枚ほど聴き込んでいれば、まず日本/世界#1digger の自負はあるのです(#2はいない…でしょ)。ピートはとにかく器用なんでね、音色もフレーズも長いセッションワークのなかで激しく変化/当然equipmentも…。どの音かの判断が難しいプレイヤー。で、さまざまなコメントの中にイヤイヤそうじゃないんだが…と言いたい箇所もありますが、まあそれはおいておきましょ。
とりあえず1ヶ月ばかりは過去のレコードをしみじみ聴いてみようかな、と。そのあとで何か思うことがあったら書いてみます。


playG_Pete.jpg

ピート個人(自宅事務所か)から買ったCD-R『play that Guitar』

posted by denny-0980 at 15:29| Comment(0) | Muscle Shoals | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月29日

8114789

日本のグラフィック界への影響もめちゃくちゃ大きく、ふたりが中心となって始まったデザインスタジオが Pushpin Studio で、プッシュピンを倣って黒田清太郎/長友啓典はK2を、矢吹申彦/湯村輝彦/河村要助が100%スタジオを…といっても僕よりも上の世代だからまず通じないか。
ともかくデザインの大先生であったミルトン&シーモア。ふたりはイラストレーターにしてデザイナーであり、グラフィックにとどまらない大活躍、それは僕にはリアルタイムではなかったが仕事は続いていたのでいくつかはリアルだったし_とても眩しい存在というか、超一流のデザインとはこうであるかと思ったもの。
+
単なるハーモニカの写真。しかしその写真自体のクオリティ、大胆なレイアウト、書体選択、最終仕上がりの精度…凄い。ちなみにBearsville レーベル・ロゴもミルトン作。


better2.jpgbetter1.jpg

posted by denny-0980 at 12:20| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月28日

222858


push2.jpg

push1.jpg


ともに左閉じ/左開きの作品集…2冊のようだが実は1冊。どういうことか分かるかな? 50頁づつで「天地逆」になっている。両A面レコードというか、裏がないのだ。奇想天外がいかにも_。
アメリカン・グラフィック界の、まず最大のと言っても過言でない巨星ミルトン・グレーサーが91歳で亡くなった。
これはグレーサーと盟友シーモア・クワストの『2人展』会場で買った「イラスト集」、84年。この作品展のためにふたりが互いに描きあったイラストを天地を返して合わせた表紙。カラフルなのがクワストによるグレーサーのportraitで、黒いのはグレーサーによるクワストportrait。
posted by denny-0980 at 16:32| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月26日

49265689

Sadistic Mika Band ... リ・スタート後は "Mica" Band なのでオリジナルは福井光子さんヴォーカル時のみとなる。ミカ・バンドといえば『黒船』、時間も金もかけた/イギリスから著名なクリス・トーマスを呼んで作った…代表作なんだろう。が、僕はこれはどうでもよく、ファーストがすべて。ミカ・バンドは1枚で終わっている。海外、とくにUK受けを狙ったオリエンタル風味/ジャパネスクがかなりあざとく感じて無視していた『黒船』だが、いまちょっとだけ興味が湧いている。
UKでウケて2枚のアルバムが Harvest から出されたのは知っていた。が、US発売もあったのは知らなかった。『黒船』は"Black Ship" として、日本盤ジャケに文字がなかったがUK盤には black ship•sadistic mika bandと入れられていた。
対しUS盤だが…ジャケにやはり文字はあるものの "sadistic mika band" のみ。USでは「ファーストであるべき same title で『黒船』が出て」いた、出てしまった。これは珍盤だろう。なおかつUK同様に Harvest ロゴ(Capitol 製造)も意外。米にハーヴェストがあったとは思えない_単にキャピトルがUK EMI と契約していたからだろうが、かなりとっちらかったリリースはたしか。てか、当時米国にミカ・バンドを受け入れる土壌があったとはとても思えないのが最大の疑問、よくリリースしたもの。ジャパン・エキゾチズムとして? いや、これも他盤とのバーターだったのでは…。安く見つかればUS盤は入手したい。


s-l1600.jpg
US盤「黒船」


s-l1600-1.jpg
Black Ship と入っていないUSレーベル

posted by denny-0980 at 21:46| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4259878

米カントリー人気トリオ Dixie Chicks 、Chicksへ改名_ディズニーランド、Splash Mountiain のテーマ『南部の唄』(テーマ曲 zip - a- dee - doo - dah)を廃止して変更を決定_ですかい。黒人差別問題は振り幅MAXなのか…「南部的なモノ」すべて悪の烙印が押されかけている体。極端すぎやしないかと単純疑問。この波はロックへも間近か_
dixie chicken はリトル・フィートもジョン・セバスチャンも放送禁止だぁ〜? ザ・バンドもバエズも the night they drove old dixe down は歌えないぞ? カプリコーン・レコーズ盤、レナード・スキナード関連、クラシクス4〜ARS、ジョー・サウス、すべて廃盤? マナサスもやばい? ハングリー・チャックは old thomas jefferson / dixie highway を歌って絶対にアウト…
all dixie down .....

+
ところで "zip - a- dee - doo - dah" …数多カヴァーの誰で聴いた(今後は聴けないかも)? 一番はやっぱりスペクター/Bob B. Sox ヴァージョンか。僕としてはシンガーズ・アンリミテッドとスティーヴ・ミラーなんだなこれは。スティーヴ・ミラーのいまでも唯一「ソロ」じゃないか?_『born 2 B blue』は88年盤、初期SMBを支えた盟友、ジャジーな友ベン・シドランに仕切り任せた、個人的には外せない超名盤に収録。
https://www.youtube.com/watch?v=ERLmGvhuLZA

posted by denny-0980 at 20:58| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6789669

米、感染者1日3万6千人て…、ビビらず出歩きまわる米人の阿呆さ加減を天性のオプディミズムと讃えるべきか。また、1日のどれだけの数の検査を行っているやら…その国力に脱帽ス?
比しニッポン、1日全国で100人以下だったら国民揃って夜の七時に拍手すべきじゃないかねぇ。まあその数字が信頼たり得ると判断する者だけでも…。
posted by denny-0980 at 08:35| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月25日

82594

London Pop _ グラム・ロック台頭の少し前、68年頃からじゃなかったか。
Mr. Freedom / Granny take a trip / Alan Aldrige が私的なロンドンポップ三題噺。前者ふたつはファッション・ブランドで、アラン・オールドリッジはエアブラシ・イラストレーター。まず世に出たのはオールドリッジかな、Beatles Lyric Illustrated だったか…。アルバム・ジャケもけっこうやっている、一番有名なのはエルトン・ジョン『黄昏のレンガ路』。
posted by denny-0980 at 21:10| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月23日

00159

昔仕事は88年CD ファンハウスから_『ビリー諸川/JB Sun Session』。
全編ギターが James Burton 。バートンのギターが、ソロを除けばこれほど聴けるレコ、ないんじゃないか? タイトルの "JB" は Japanese Boy / James Burton のダブルの意味。湯川れい子プロデュースのメンフィス、サン・スタジオ録音。
Japanese No. 1 エルヴィス・フォロワーのビリー氏ゆえジャケ裏はエルヴィス盤をオマージュしてみたわけ。ロッド82年盤も同様で…これは敬愛する KOSH desgin 。

billy_back.jpg

50000elvis.jpg 

rod_body.jpg

posted by denny-0980 at 13:24| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8201547

abbottEl.jpg


再開…てか新規アカウント(「重箱と湯桶」:アカ名_アボット・プレズリィ)なんだけど、re-twitter_最初なんで体裁作りにガチ入れしてます。音ネタ/音自慢しか書くことないんだけど…。しかしナンだな、twitter を「呟き」はやっぱりおかしいな。呟くのは自分自身へ、他人に聴かせることじゃない。これは「囁き」でしょ。ちょっと聞いてよ…なのだから。
ちょっとどこまで耐えられるか、デス・マス口調で投稿。
posted by denny-0980 at 13:07| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月21日

09895842

twitter(@costellaElviss) に入れたことを、何しろ文字数無いので掘れない…こっちで掘ろう。
Black Lives Matter の matter だが基本は否定で使われるらしい。そこを敢えて肯定で使っているこのスローガンは[そこが問題なんだよ!]_かなり強い強調なんだろう。
たしかに以下2曲は否定で_。matter で思い出し2曲。

1:prince / money don't matter 2 night
 スロー・チューン・プリンスは超メロディアスで贔屓。これと "diamonds and pearls" が聴きたくてCD買ったけどファンクの音が凄い盤。音圧半端なし。

で、その2は "it doesn't matter" 。なんてこたぁないがさぁ〜という曲は、素晴らしい(個人的にはロック史でも屈指)バンドだったが短命に終わった Manassas の代表曲。この曲 stills - hillman 作となっているが Rick Roberts も共作者であった。大のリック・ロバーツ贔屓の僕以外は誰も語らないから声を大にする。
ブリトー兄弟がうやむやに終わりかけてリックとヒルマンはステファン兄キに誘われるままリハを繰り返す。そこで出来た曲。しかしリックはレコーディング前に脱退しソロ活動へ。曲はマナサスのファーストへ収録されたが、作者表記からリックはomitされていた。リックは4年後に Firefall を結成しそのファーストの1曲目にこの曲を入れている。作者表記は三人にして。このテイクはマナサス・テイクと歌詞がまったく違っていた。となると、リハしていた時にまずリックが歌詞を書いた…しかし脱退したから二人は別歌詞を付けて録音、ならばリックは関係ないじゃん/印税分けてやる義理もないし…だったろうか。そうは思わないんだな。リックは作詞もするが基本メロディ・メイカー、関わっていたと思う。
別歌詞と言ったが、曲に対して詞の収まりはマナサス・テイクよりもファイアフォール・テイクのほうが良い。その歌詞でだが、じつはそのマナサスでのリハのときにリック自身で歌うテイクがあったのだ。71年録音テイクは、79年に出された『the Best of Rick Roberts』にひっそりと収録されていた。詳細記載はない、しかし音を聴くにドラムはあきらかにダラス・テイラー。ギターの歪みも、コーラスでもうっすらステファンが聞こえる。これこそがオリジナルの(t doesn't matter であるはず_とはリック贔屓の引き倒しだろうか…。

bestRick.jpg


蛇足:思えばステファンという人もかなりdixie色が強かったかな_マナサスの地名といい、テキサンにしてフロリダ育ち。ラテン・パーカッシヴ好きはフロリダゆえだろうし、彼の地クライテリアは好んで使用したスタジオ_
posted by denny-0980 at 07:40| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月20日

49696987

https://youtu.be/funsQCddMQQ
まずまずこのクリエイション、"spinning toe hold" _ジェフ・ベック・グループでないの。ベースは Clive Chaman でしょ? パパラルディじゃなくてクロッパーにプロデュース依頼すればよかったのに。
posted by denny-0980 at 09:16| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8121887

して、マキOZだが…二大看板はマキのshoutと春日博文のpower guitar。春日はRCサクセションのブレイク発火点となったことはよく知られた事。アコギを捨ててエレクトリックバンドとなっていたが三人パワートリオ時代=清志郎/リンコ/土井コウタロー。よくいえば Hot Tuna ? この時代 77~78年、世間では暗黒やら低迷といわれるがそれほど酷くはなかった。僕は八割方は観ていた、オッカケ。しかし客は10人前後、たしかに清志郎はなかば「諦観の体」ではあったな、歌う以外にやれることがないからしょうがないという…。そこに分け入ったのは、ほろ酔いで渋谷屋根裏のドアを開けた春日。RCのギグに飛び入りしたのは寒い冬の日、78年1月18日。
その夜も僕は狭い屋根裏で清志郎の真ん前に座っていたし、テレコも回していた。
・夕べいい事
・たとえばこんなラブソング
・モーニングコールをよろしく
・指輪をはめたい
・エネルギー
残っている音源はこの5曲で、久しぶりに聴いたら春日の弾きまくりは「エネルギー」のみ。なにしろ飛び入り/乱入だったから、それに酔っていたし…コードの簡単なのだけだったろう。

+
兄キが録り残した70年の「青い森」、翌71-7-20のファーストリサイタル「RCサクセション・コンサートその1」はフルで20曲…それとTV<ヤングインパルス>など、最初期から79年までのRCの音源はまず誰よりも持っているのが自慢だったが、いまとなってはUTに古いライヴ音源、ガンガンに上がっているから威張るもんでもなさそうな。
https://www.youtube.com/watch?v=QXdhfs2YNI4
これなんかは…78年はほぼ観ていたつもりだったが、この日は記憶にない。「RCではない」夜なのでスルーしたかも。「ありふれた出来事」というのも初めて聴いた(凡作、歌詞一部は「お墓」から)。

+
78年1月18日以後一年弱だったか、RC with ギター:春日博文を見続けたがこの人、目をつぶり口を丸くしてジミヘンばりに弾きまくるが涎がたらたらで…キメ系の人?とか思ってなんか苦手だった。音も、清志郎はいたく気に入っていたらしいが僕はRCには合わないんだがなぁ…と思っていた。次の小川銀次も同様、なんか違うよこの弾きまくりは、と感じていて。RCを脱退してからだが、そうだ神田小川町の飲み屋だったが銀次氏をシンコーの人に紹介されて、その席でRC時代はどうも…と話したら怒ったねぇ、殴られそうになった。
posted by denny-0980 at 07:03| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月19日

82225487

そうだよ、絶対まずいだろうと思ったよ、誰が考えてもそうでしょ。テニスの話、全米オープン。無観客で実施と発表した全米オープンだが車いすの部は行わないとも。それに対して今夕刊では、国際パラリンピック委員会が「再考要求を」。
健常者はやるが障がい者はやらないって…そりゃダメじゃん。車いすでは出来ない理由がないのだから。絶対クレームの嵐と見えているのになぜ? やるならどちらもやる、やらないならどちらもやらないしか選択肢はないのに。
+
その今夕刊だが、前に書いたつのだ☆ひろの連載コラムにクリビッツ!
ご存知の通りにひろは「初代」ミカ・バンドのドラマー。ユキヒロは二代目だ。デビューはシングルの「サイクリング・ブギ」、バック陣はともかく、写真に残るサディスティック・ミカ・バンドはひろ/加藤/ミカの三人だった。しかしその前があったという。加藤からバンドの話を持ちかけられたひろは、フライド・エッグ仲間だった高中正義とジャズ・ギタリストの神谷重徳を呼び寄せたという(高中は本来のギターでなく、ここでもベースか)。しかし練習をしたがしっくりせずに消滅したという。その時は、加藤のなかでバンド名は「戦艦大和」だったそうな…。なんで大和…ではあるけれど、後の『黒船』と薄く関連あるような気もする。
posted by denny-0980 at 21:29| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

405698

タイフーン・ナタリってこんな…
https://www.youtube.com/watch?v=POIbVnnQksE
posted by denny-0980 at 08:54| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

305987

サントリー創業者についての「小説」が新刊の伊集院先生。新聞広告見てるんだが「この物語は日本人の底力が書いてある(伊集院静)」…こういう惹句は誰かそれなりの人に書いてもらうもんじゃない?普通。村上龍先生とか伊集院先生とか、うむを言わさぬ力技≠フ諸先生、凄いなあ。憧れるなあ。還暦まで来てしまったヘタレでもこれから変われるでしょうか…。
posted by denny-0980 at 08:51| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

25186584

下つづき。そのUT大量アップ氏だが、マキOZの77年ギグの音…なかで珍しくインストを挟んでいたが、タイトル「カルメン・タイフーン」だそう。
そこで思い出したんだ、ベースのシゲ。この人、マキOZの夢ふたたびだったのかも…90年代入っての短期間だが女性シンガー立てたバンドを結成。知る者は少なかろうよ…メジャーのソニーからCD2枚出したが。タイフーン・ナタリというバンド。
そのセカンドがコレ『マリアの泪』。デザインはソニーから独立していたN氏。友人に紹介されて売り込みに僕はN氏事務所へ行ったら、この仕事をくれた。バンド・ロゴを描かせてもらう。シングルCDも描き文字でやったな。
僕がマックを導入したのは94年、このCDは91年盤。デザイン業界デジタル黎明期。N氏は既に導入していたがマシンパワーが不足だったのでこのジャケはソニーのデザイン室へ出向いてオペレーションしてもらっていた。画像切り抜きや変形がWYSIWYG(懐かしい言葉)にできると聞かされて驚いてた頃。今は当たり前も、段階を踏んで今日まで来ている。アンディ・パートリッジ(=XTC)の The Dukes of「成層圏」盤ジャケットにも似たサイケデリア。これに合わせてロゴを描いてほしいというオファーだったので…。


typhoon_natali.jpg
posted by denny-0980 at 08:38| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月17日

5379145

UTにユーミンや大瀧などをやたらアップし出した御仁が。「ヘッドフォン・コンサート」のフル、はてソースはどこから?_驚くレアものも。ユーミンの76年暮れコンサート、これは大晦日がTV放映だったから僕も音だけラインで録り残した。大瀧「ヘッドフォン」、これもラジオで流されたりしたものだろうか。それにしては長い…。
しかし御仁、一番贔屓はカルメン・マキ&OZらしい。映像数多。
posted by denny-0980 at 23:27| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月16日

274747

レコードコレクターズ6月号表紙のジャケうち、山下達郎『spacy』『circus town』、美奈子『minako』シングル「恋は流星」、ユーミン『cobalt hour』_イラストすべてペーター(佐藤憲吉)。シティ・ポップはペーターの時代だったんだなあ。意外や山口はるみイラストが見られないのはなぜだろう。
+
まったく個人的な思いだけれど、デビュー以来大好きだったユーミンだが、ギターが鈴木茂から松原正樹に変わったところがシティ・ポップで、僕はそこからno thank youになったのだ。穏やかなオブリを弾いていても鈴木茂はロックで、がんがん弾きまくっても松原はロックじゃない。
posted by denny-0980 at 23:38| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

429898

KKK映像のなかでも掲げていたように記憶の南軍旗だからこのご時世では圧倒的に分が悪いよなそりゃ。アメリカンでないから肌感覚が無いそれ、単に田舎者の象徴なのか、差別主義のアイコンとして忌み嫌われるのか…。ま場所場所で違うだろうが。
ロッキン・サイドとしてはもちろん一番はレナードスキナード。煽りでかなり意識的に使っていたようにも(レコ会社の意向?)思えたが、まあサザンロックにもかなり入れ込みのある僕としては「これはこれでアリ」だったんだが。しかし、魔女裁判的な all or nothing 区分け、南部全否定のように見えるのが辛い感も。
+
この曲をひさびさに_ dixie's pride 「南部魂」を歌うのは Wayne Berry 、75年同名ソロ収録。この盤、ロス/マッスル/ナッシュヴィル3箇所録音で豪華バック陣。出た年に日本盤で買った忘れがたい_というか、僕の長きに亘る「マッスル掘り」の原点はこのレコード。
歌詞に出てくる mason - dixon line で隔てられた Yankee vs Dixie _dixie の由来は dixon らしい。南部出身ベリーが思いを込めたマッスル録音名曲。electric lead はダブルトラックで Pete Carr。
+
南部でも音楽シーンは白人黒人が良い塩梅に融合していたんだが…。ちなみにマッスルはほぼホワイト。黒人はホーンズ四人衆のキャロウェイ&トンプソンぐらい。






蛇足:贔屓のベリーに、ソロLP前年にsingle only のこんなにいい曲があったのは知らなかった。

https://youtu.be/3ae_uq6HIgo
posted by denny-0980 at 21:58| Comment(0) | Muscle Shoals | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

825254

twitter 、ひと月前に畳んでいたがここでしか連絡つかない何人かがいることに気付き、仕方ないな_再度開こうと…したら、パスワードが入らない。控えておいたものだから間違いないと思うのにどうしてもダメ。ほんとにパスワードってのには苦しめられるヨ。
諦めて新規に_新アカウントはアボット・プレズリィとしてみた。「アボット&コステロ」&「エルヴィス・プレズリィ」なUKのあの人の逆で…。
posted by denny-0980 at 21:11| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする