2020年05月31日

6321215

ハジモー¥奄゚てのモータウン_に70年の3曲を挙げたが大事な1曲を忘れていた。スモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズの唯一全米1位「涙のクラウン」。ラジオから聞こえて来た何とも軽快にして不思議なフックに強く惹かれた。このアレンジ(ファゴット使用?)、「サーカスっぽさを強調するとハマる」と進言したのは若きスティーヴィ・ワンダーとのこと。若き≠ヘ17歳。70年ならハタチでしょ? いや_この曲、元々は67年LP収録の1曲に過ぎなかった。3年後UKで、たぶんラジオDJが見つけ出してヘビロテしたんちゃうか、シングル出したら大ヒット。受けてUSでもリリース、こちらもあれよあれよで1位へ登り詰めた。スモーキーとしては「棚ぼた」大ヒット。かねてより半端ないモータウン好きで知られたUK業界へ感謝でしょ。ちなみにUKシングルはアルバムまま、USシングルはあらたな remix version だそう。
この曲の日本盤シングルはこのピクチャー・スリーヴ。スモーキーをピエロ(クラウン)か、なかなか当時のデザイナーもセンスあるじゃないか…と思ったら違っていた、これは70年 Billboard 誌広告から流用だった。しかし独盤はこれ、オリジナルに。センスは悪いが意欲は買う。


smokey-robinson-and-the-miracles-tears-of-a-clown-tamla-motown-2.jpg

smokey-robinson-and-the-miracles-the-tears-of-a-clown-1970-32.jpg

smokey-robinson-and-the-miracles-the-tears-of-a-clown-1970-26.jpg



蛇足:The Beat によるスカ≠ネカヴァーがいい


posted by denny-0980 at 10:34| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする