2020年03月29日

32615487

ここに来て雪かい…となると毎度のこっちゃが思い出す猫・雪。田口さん。
拓郎曲雪をスマッシュヒット?させた、ユイ音楽工房の猫。リーダーだった田口さん、四十一、二じゃなかったか、早世された。事故だったんで訃報を聞いてすごく驚いた。直接の面識はないんだ、兄キの呑み友達だったんで池袋の店で何度かお見かけしたぐらい。それでも毎年雪を見ると柔和な笑顔を思い出す。
posted by denny-0980 at 12:35| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3533

いまUTで70年頃のUKロック映像をみるに、気付くのはブルース・ロックからポップ・グループまでギタリストが使用のストラトキャスター…ほとんどが、いまの言葉では vintage だよな、スパロゴのストラト。すでにラージ・ヘッドのCBSロゴ時代であったはずが。これ、思うんだが、70年頃にとくにUKではスパロゴ・モデルは超安かったんじゃないだろうか。新品CBSロゴよりも格落ちというか、真っ当に中古ギター…質屋ギターという立ち位置だったんじゃないか。いまでこそウン百万もつくオリジナル・スパロゴ・ストラトも当時は十年前後落ちの中古以外の何物でもなかったか。新品買う金がもったいないとして中古スパロゴで十分…としか見えないんだな。
posted by denny-0980 at 11:34| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

329

「ルイジアナ州でコロナ感染拡大、ニュー・オーリンズ集中は『マルディ・グラ』開催が元か…」とニュース。やばいすなぁ、中止できなかったかねぇ。『Mardi Gras』といえば、僕のお初はCCR_最終にして最悪盤。しかしその後に『easy rider』のなかの祭り/パレード・シーンがそれであったと知った。ホッパー&フォンダが当地のhooker連れ立って物見遊山、フォンダの連れが、ヌードも披露してましたな、Toni Basil。のちに "Mickey" の全米1位を放つベイジル。このオリジナルはUKの超マイナー曲で、レイシーが歌った、タイトルも違っていた。
https://youtu.be/h3JxiB4FLjU
チャップマン=チンの名コンビ作。で、チャップマンがベイジルもプロデュースすることとなり、その際に印税欲しさに売れなかった自作もブっ込んだ…んだろうな。それが大化けと。
+
日本映画監督協会新人賞受賞が照屋年之。ゴリエ!
https://youtu.be/lYLrSZJN7jU
posted by denny-0980 at 10:52| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月28日

311

ウルトラ・ヴァイヴは変な社名だね。英字で Ultra-Vybeならヴァイブじゃないのか。Vibrations は黒人グループでヴァイブレーションズだったろうし、Cleedence Clearwater Rivival はリヴァイヴァルだったろうし…Bをヴとするのは無理ある感。 
posted by denny-0980 at 17:57| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

38887457

積年といえば積年の疑問ひとつ_なぜ映像がないのか見つからないのか、ジェファースン。飛行機〜宇宙船とすべての活動を通して最もセールス的にも成功、そして魅力も最大だった時期のそれがまったく観られない。最近でこれ。しかしこれは『spitfire』期だ。これも名盤ではある、が、ベストは『red octopus』、次点が『dragon fly』であることはあたぼうでアル。つまりは74〜75年、2年に満たない期間こそがベスト・ワーク/ベスト・メンバー。『spitfire』はイチ抜け≠ェ惜しい。なにを言いたいかというと、Papa John Creach の電気フィドルの魅力が大きかったということ。『red octopus』_ marty balin, paul kantner, grace slick, david freiberg, john barbata, craig chaquico, pete sears とパパジョンの8人期が最良であったな。(『dragon fly』はベイリンがゲスト扱いで完全復帰直前)
その8人期の映像がまったくみあたらないのが残念で残念で…。




posted by denny-0980 at 13:05| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3825610

コロナといえばトヨタのコロナでしょ、車に乗らなくなったからとんと分からない、いつ無くなったかまだあるのか。小林旭は♪いい頃な〜〜〜♪だったヨ。でもって最近米国感染はknackとな。替え歌で ba ba ba bye, Corona!! と。



posted by denny-0980 at 09:59| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3355248

ほうほうそうでしたか、リー・ロッカーのおとっつぁんはNYフィルのメンバーと。Rebel をきどっていても楽器やってるアニさんら、やっぱりえぇとこのご子息だったりするわな。清志郎も端からエレキを持ってソウルブラザーを決めたかったはず。細野や教授のような家庭環境じゃなかったからガットギターが精一杯。で、RCはデビューしてまもなくからエレキバンドだったことは後述ス。
posted by denny-0980 at 07:55| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

333333352658

この曲、大野進ナレーションによるオリジナル『まんがno.1』ヴァージョンでなければならぬ、絶対にならぬノダとウナギイヌとわしは積年力説しておるノダ




posted by denny-0980 at 07:43| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月27日

33355

チビな僕が言うのもなんだけど、最高・最強トリオ stray cats でひとつだけ残念なのはベースの Lee Rocker の背が低いことなんだよなぁ…。のっぽふたりに挟まれるセッツァーという「絵」が欲しかった。 ん!stray cats のTシャツを持っていたのにどうした? あれでマスクを作ればキマったな。
posted by denny-0980 at 10:08| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3626266

John Simon - Dylan - Manfred Mann



posted by denny-0980 at 09:47| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

85858577

LOCK this DOWN - "TOKYO"




posted by denny-0980 at 09:22| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

358

yokoo先生の「パクリだ〜」話、山田監督映画のこと、ありゃどうなってんでしょうかね。大人の手打ちがあったのかシカトされて終わりなのか…。by the way... シカトは鹿頭と昔聞いたんだけど合ってるのかな。
posted by denny-0980 at 07:55| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

111548

_新聞に出ていた立体マスクの作り方に倣ってやってみた。BALLも作った。

ranch-mask.jpg

ball-mask.jpg

posted by denny-0980 at 07:51| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月26日

6389465

face流れ〜:ケルトナーとギャドは最高のテクニックを持ってしてなおかつ出過ぎずに調和する見事さにほれぼれする。逆に一切の調和を無視しているような、好き勝手に見えて、実は味のあるドラム_キース・ムーンとミッチ・ミッチェルが好きだ。
posted by denny-0980 at 17:22| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9658421578


hollywood.jpg


Makers of the original Mr. 聖林公司 worlds toughest clothing
記憶では一番最初の店舗、千駄ヶ谷のとき買った hollywoodランチ≠フバンダナだから、40年物? 穴も開いたしてろてろでガーゼになったから捨てようと思っていたこれを_
posted by denny-0980 at 15:16| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

86279

ヒアリはどうなった? とんとニュースに出てこないが。けっこうな心配事だったんじゃなかったか。コロナの前ではなんでもない?
posted by denny-0980 at 13:05| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

23598

going my way の甥っ子が社員になって働き出した_先が、ライヴハウスとな。おめでとうではあるが、このご時世… take care of business
posted by denny-0980 at 08:41| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月25日

2356845

医療体制脆弱なアフリカ・中南米はこれからでしょ、世界的パンデミックにこれから立ち向かおうてな時期に、一年後に「ウイルスに打ち勝った証しとして」やると宣う政治家。空疎な言葉を羅列させたらニッポンイチだな(本人も本気では言っていまい)。まレガシーとメンツだけで生きてる人らだからここで中止は言えない_風当たりも強すぎて怖いだろう、が今後も<幻の開催まで>投入決定となった税金、ただでさえ落ち込むとこまで落ちそうな景気なのにどうするつもりだ。ま、自分の金じゃないからレガシーとメンツのためにバンバンぶっ込むだろうが。
posted by denny-0980 at 09:49| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月13日

初期のマッスル

early-muscle.jpg


すまぬ、billboard '70-12-5 記事から転載。
Fameから離れ、四人衆が Muscle Shoals Sound Studios を立ち上げた直後の写真で、Barry Beckett / Phillip Mitchell / Alan Walden / George Soule' / Terry Woodford の五人写り。ベケットはこう見るとクマだな。ジョージ・ソールとテリー・ウッドフォード…顔を見るのは初めてだったか。ソールはマッスル著作権会社所属の、ミッチェルと同様でソングライターとして多く楽曲を世に出した、黒人かもと思っていたら…。で、姓は Soule' と最後に" ' " 付くのが正式らしい。読みも、文中に注釈があり (Soul-lay) とある。ジョージ・ソウルレイという人だったかも。
著作権会社 (The Muscle Shoals Sound Publishing Company) 、BMI管轄下で四人衆とウッドフォードがオーナー/実運営はベケットによる、と記事にある。Capitol 配給になっていたレーベルの "Muscle Shoals Sound" は四人衆+ウッドフォード+ソウルレイの6人経営ともありますな。
そうか、ウッドフォードとソウルレイは初期はかなり参画していたという事実を知る。
ウッドフォードのほうだが、同時期に始めたと思われるスタジオ、Wishbone Studio をクレイトン・アイヴィと協同経営。Wishbone Inc. としてふたり名義でモータウン物など結構プロデュース業に精を出していた。マッスルというと四人衆とリック・ホールで語られるが他にもありということ。
+
もう一人の、アラン・ウォルデン。Capricorn を興したフィル・ウォルデンの弟で、兄キの下にしばらくいたが独立し Hustlers, Inc. という会社を設立しマネージメントなどの裏方に。ネット情報の限りでは芳しくない御仁らしいが…詳細は分からない。巷間伝わるのはスキナーズがらみ。アル・クーパーに見初められてブレイクしたバンドだがその前、フロリダはジャクソンヴィルの悪ガキバンドを最初に見出したのがアランらしい。最初がマッスルでのデモ録りだったことは知られるが、連れて行ったのがこのアランとのこと。そこらから "free bird" を始めとして主要な(後の)ヒット曲の版権を、バンドともめて袂を分かつも離さなかった_ヴァン・ザントは終生恨んだらしい、最終的にMCAへ売るが相当な蓄財を成したとも。まあアーティストとマネージメントのトラブルは枚挙に暇無し、ほとんどお約束。どちらにも言い分。ステージをすっぽかしたりホテルの部屋を壊したりの尻ぬぐいを誰がやったと思ってるンだ…とかね。話半分、どっちもどっちか。

posted by denny-0980 at 09:26| Comment(0) | Muscle Shoals | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月04日

Macon Rhythm


oscar7\

久しぶりのマッスル掘り。ツイッタにあったネタで Oscar Toney Jr. なるおっさんシングル話。いままでシングルは面倒なんでほぼスルー…というより深すぎて手に余る。とりあえずこのオヤっさん物はちょいチェック。
いや、ツイートではマッスルではなくピート話だった。この Capricorn single A面のギターがピート・カーだと。
A● down on my knees / seven days tomorrow (70 capricorn)
https://youtu.be/1aM4LJE9Wg4
45catでレーベルをチャックすれば:
produced by Tom Dowd
recorded at Capricorn Sound Studios, Macon, Georgia
ダウド・プロデュースでメイコン録りですか。70年はたしかにピートはまだマッスル移籍前、ここジョージアだった。バックは当然 Macon Rhythm Section _ Pete Carr, Johnny Sandlin, Paul Hornsby, "Pop" Popwell の4人。この時ピートは Jesse Carr 名義だが。54年のテレキャスターだったか、音が硬い渋いオブリだね。フレディ・ノース盤と同じ時期、似た音。B面音源はUTに残念ながら無し。

他のシングルも見てみよう。
B● I Wouldn't Be A Poor Boy / Person To Person (70 capricorn)
C● The Baby Is Mine / Workin' Together (71 capricorn)
D● Thank You, Honey Chile / I Do What You Wish (72 capricorn)
その後3枚キャプリコーンからリリースがあった。
「B」_両面とも作・プロデュースが Jackie Avery とあって、録音はメイコン。A面はなんか違う感じもするが…たぶん両面ともメイコン・リズム隊だな、やはり。B面は硬いテリー音でピートか。
https://youtu.be/93RX610aYjE
「C」_両面ともに prod. Tommy Couch & Jerry Puckett でミシシッピ州ジャクソンのマラコ・スタジオ録音。A面はスワンプドッグこと Jerry Williams 曲だから_ピートはドッグのセッションのお抱えギタリストだったからどうかと思ったが、こりゃ違うな。両面ともマラコのリズム隊だろう。
「D」_ prod. & arranged by Jerry Williams 、曲もドッグ、AB面とも。完璧なスワンプドッグ・セッション。スタジオ記載はない、が、こりゃ間違いなく両面ともピートのギター。72年なのでこれはもうメイコンではないだろう、マッスル録音か。エンジニアが David Johnson とあるか。この名は muscle shoals sound studios とは無縁、となれば Broadway Studio (ex-Quinvy) あたりかもしれない。
https://youtu.be/1wnZTW_iEB4



posted by denny-0980 at 10:03| Comment(0) | Muscle Shoals | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする