2020年01月25日

諸説病状

リンダのドキュメント映画、全編本人モノローグが続く。現在は衆知の通り病魔で表舞台から引退の身。パーキンソン病を患うリンダ。映画の終盤に叔父、甥っ子と三人で歌うシーンがあった。そこでちらっと…カメラはすぐに離れたが、リンダの手に震え症状が見えた。辛い病と闘う姿を知る。その病魔だが、本人の弁では祖母も患っていたらしい。母親も…同病かははっきりと聞き取れなかったがやはり病に苦しんだ様子。遺伝的側面色濃いと匂わせていた。極最近にオジー・オズボーンも…のニュースが駆け巡った。晩年のムハマド・アリの姿なんかも思い出したり。特効薬の開発は難しいのか…。
+
下に入れたマック・ナンバー "Oh Well"。
アルバム『then play on』セッションだが、出来がいいのでシングルへ。本国ではシングル・オンリーだったがUSとジャパンでは収録…だったか。
長尺、ハード〜スローのパターンは "Layla"仕様。というよりクラプトンが真似たかも(スロー・パートはクーリッジ姉妹だが)。長尺なのでシングルはパート1&2分け。
作はグリーン。とはいえこの時期はダニー・カーワンに主導権は移りつつあった。なによりグリーンの薬物禍は深刻だったのだろう。
posted by denny-0980 at 22:12| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

諸説年金

毎日ぐだぐだ書き入れてるのは…ヒマゆえ。昨年12月から年開けて今日まで仕事らしい仕事をしていない。てか「無い」。ヒマにかまけて(誤用)、すっ事ないので書いてる。

30歳で会社勤めを辞めてフリーになったが、その際友人フリー・デザイナー数人に年金のことを聞いたら声を揃えて「絶対にダメになるから払い損」と言われた。真に受けて未払いまま、オレにゃ年金なんで関係ない…で来ていた。年食うとともに無年金老後は辛いかと思いつつ、グダグダで無策な政府の年金行政を見るに勝手な選択も間違いでなかったと感じたり…。しかし数年前にアベ政権は最低納付期間を25年から10年に短縮の法案成立と。ここで自分を考えたんだが、8年近く勤めたときの給与天引き分はどうなる? 調べたらその期間の厚生年金分が数に入れられる。阿呆な政府は…と罵っていたのが我ながら驚く手のひら返し、こりゃどうにかなるべ…で、年金事務所も行きました。大学の2年分も免除される、ならばと不足分を後納してどうにか120ヶ月納付を満たした。晴れて受給有資格者の仲間入りと。当たり前だが額はソレナリだ。
posted by denny-0980 at 08:20| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする