2019年10月04日

諸説渾名

Snuffy と来て、ふと思い出した名がスナッフ・ギャレット。Snuff≠ニは噛み煙草ではなかったか。いまはあまり流行らないらしいが、大リーグで試合中に選手がベンチ内でペッ、ペッと吐き出していたもの。ネチれば面白いことが_。
スナッフィは本名が William Garrett Walden /スナッフ・ギャレットが Thomas Lesslie Garrett 、ともに Garrett が入る。で、噛み煙草の有名ブランドに Levi Garrett というのがある(あった?)らしく、そこからギャレット姓だと Snuff / Snuffy …と呼ばれることが多かったようだ。下に書いた:ある時期に上原の姓から「ゆかり」と呼ばれたこと。所換われど同じ事やってんだね、というお話で。

スナッフ・ギャレットといえば… Tin Pan 系列に入る、か? NYでなくロスで活躍のプロデューサーは、6〜70年代ポップス大立者のひとり。メインは Liberty Records で。そのスナッフだが、最初にモンキーズのプロデューサーに指名されたのはこの人だったとか。モンキーズといえば、ドン・カーシュナー仕切りの「プロジェクト」だったが、選ばれた4人は最初は大人しくカーシュナーに従っていた。しかし途中で抗い、仲間のひとりチップ・ダグラスを担ぎ出した。(これに懲りてカーシュナーはけして文句を言わないアニメ・キャラ=アーチーズで次の勝負に出た…とは出来過ぎな逸話)
しかし実際は、まず最初のスナッフ起用から反発していた_ジジィ臭いプロデューサーは御免!_せめて歳の近いボビー・ハートを、と自分らの意見は通していたとか。のっけから苦戦を強いられたカーシュナー御大。

posted by denny-0980 at 15:36| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SW/TONTO 4

・talking book '72
・innervisions '73
・fulfillingness' first finale '74

SWに対する public image では頂点、三部作。個人的印象では『心の詩』で思いの丈を(TONTOとともに)ぶつけた後で若干丸くなった感。というか、内向きだったベクトルが外へ向いたというか…方向が徐々に変化。大きな愛≠ノ向かう。大局観か。緩やかなメロディも増える。ゲストも増えた。旧友モータウン勢、ジェイマーソンや Jacksons 5 も。
『ファースト・フィナーレ』をもってボブ&マルコムとの蜜月も終わる。それはTONTOで出来ることはやり尽くした意味でもあろうし、やはりベクトル変化でもあったろう。オーディエンスの前に立ちたい欲求の高まりか。TONTOは、innervisionの探求にはもってこいだがライヴ楽器にはならない。そこでバンド演奏の渇望があったのでは_。アルバム記載では次作『key of life』からだが『フィナーレ』からマイケル・センベロ/レジー・マクブライド/オーリー・ブラウンら_Wonderlove の萌芽が見える。ライヴに備えたバックバンド。
+
楽しみはギター・プレイヤー。まずは、ゲストに Jeff Beck、引き続きのフィトゥン。あらたにレイ・パーカーJr. 。『インナー』では1曲のみプレイだが、賛辞クレジット ( [his] playing is as warm as his birth sign ; Cancer ) まで入れたのは David "T" Walker。手堅いディーン・パークスも参加していた。ペダルにスニーキー・ピートも。
蛇足だが、『key of life』には1曲参加のギタリストに Snuffy の名がある意外。前にポール・コソフの<影武者>と書いた Texan guitarist _ W. G. Walden




guitar : Jeff (solo) and Feiten


posted by denny-0980 at 09:27| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする