2017年11月27日

Kosh - T. Rex

レコードジャケット話。変形ジャケットのこと。
基本的に邪道と思う。Graphical でないから_平面デザインで勝負してこそのジャケットのはず。変形はほとんどが「3D」、立体物である。金をかければどこまででも出来てしまっては土俵が違うことになる。とはいえ、凝った仕様ゆえの「限定」は貴重/稀少でありコレクト心をくすぐられる。遊び要素/華美な仕様、抗いがたい魅力あるのは事実…。英語では Gimmick Jacket と呼ばれるそれ、過去に傑作数多し。幅も広く、単に穴開けだけから、素材からして逸脱したブツまで。動きや組み立てて超立体になる物も。そんな中、個人的に長いこと want list にアップしているのが3点_。

「アリス・クーパーのパンティ」。72年全米2位まで上がる大ヒットアルバム『school's out』、レコードが紙(不織布だったよな?)パンティに包まれていたこと、知らぬロックファンはいないだろう。ジャケ自体も汚れた「机」を模した変形だった。日本盤もパンティ盤にはなっていたが、どうしたんだろう?それは米国ワーナーから送らせたのだろうか。当時、アリス・クーパーに興味なかったために買わなかったが、いまになるとやはり「歴史に残るギミック」として欲しくもある…。が…、中古のパンティって…その意識が先に立つ、まあ入手することはないだろう。あっても時価でいかほど? 1万前後? ミント・パンティなら2万はしそう…。たしか3色あって赤いのが一番レアなんて言われていた記憶だが、さて。

お次は『Bob Marley & The Wailers / catch a fire』。UKオリジナルの「Zippo 変形」も欲しい1枚。紙仕様だがフタがちゃんと開くようになっている見事なギミック。可動のためにリベット打ち_紙と金属リベットは相性悪いので大半は紙が切れてしまう。ミントだったら2万に届きそう_入手ハードルは高い。

で、最後に挙げるのは…買った、Tレックス。
人気に陰りが見えだした74年盤『ズィンク・アロイと朝焼けの仮面ライダー』。離別は解体を意味することを分かっていたはずのボランの、ヴィスコンティとの最後の制作となった盤。
当方の追っかけデザイナー、ジョン・コッシュはこれと次作『bolan's zip gun』、2作のデザインを担当していたが、この盤では Special limited edition を作っていた。1000枚限定ナンバリング入りの変形ジャケット盤。レコード自体はあきらかにデヴィッド・ボウイ盤の二番煎じのコンセプトアルバムだったが、「檻」がキーワード…ということで、檻を模した型抜き三面追加変形は_1,2,3面と重ね方によって顔が変化する凝った盤_多くの変形ジャケを制作してきたコッシュらしい特別な仕様になっていた。
 コッシュ・ファンの当方的にはマストな盤だったが、いかんせん数が少なく相当にレア、ほぼオークションアイテムで、セットプライスでも4万前後という高値がついている。
 さてこのレア盤だが、2万円でヤフオクに出た。出品者はディスクユニオン。これは破格だ、思わず登録してクリックしようかと…。が、よくよく見れば檻が1本欠けた VGコンディション。う〜む、それでも安いか、どうしよう…かなり悩んだが。よくよく考えるに、これ買ってどうするの?誰に自慢する?…ま、それを言っちゃお仕舞いヨ/コレクションの根本否定でしょ_なんだけどね、やっぱもう断捨離時期入ってっから…いらないワと。
 諦めまして。けどネット見てたら面白いのがあって…。2001年にテイチクからの同盤CDが、通常盤ジャケットでなくてこのコッシュ作の限定盤ジャケを使ったリイシューであったことに気付く。ならば、せめて気分だけどもと思って、アマゾン/マケプにあったから¥1350で買ったんですワ。
 届いて超ビックリ…なんと紙ジャケでまんま変形コッシュ・デザインを再現していたとは! ジャケ表をリプリントしているだけだろうと、なんら期待していなかったから驚いた驚いた。さすがにニッポン制作、よくやった! サイズ縮小とはいえワタシャこれで十二分ね。中古じゃなくて新品?と思うほど_汚れはまったくなく、帯付きミントでこの価格…(超トンチンカンなライナーノーツは無視して…)満足デス。



Trex_Jinc3.jpg

Trex_Jinc1.jpg

Trex_Jinc2.jpg


posted by denny-0980 at 08:59| Comment(0) | Kosh | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

Peter Lewis

モビーグレイプとなると力がどうしても入ってしまうタチなんでこれも紹介。

モビーとして、メンバーソロ・ワーク、どちらにしろずるずるとした駄作続きというのが正直なところ。フリスコロックの肝であるライヴ…デッドやジェファースンと同時期にシスコの venue で鳴らしたはずのバンドなのにライヴ盤がかなりショボい、つまらないという意外も。おなじようにサイケデリア≠ナあったが、デッドら「幻覚派」に対してモビーは「覚醒派」だった…なんて評論もどこかにあったが。真実はよく分からないが、たしかに他のバンドとは違って交流も見当たらない、唯我独尊であった感あり。
結局モビーで聴くべき盤は、Columbiaのハウス・プロデューサーだったデヴィッド・ルービンソンが仕切って制作した(しらふでやらせた?)3枚_『moby grape』『WOW』『moby grape '69』この3枚のスタジオ盤だけ。
 その他ではせいぜいボブ・モズリーのソロ (same title) ぐらい。アレックス "skippy" スペンス盤『Oar』_「西海岸のシド・バレット」とは好き者に言わせておこう。

そんななかでこれが隠れ名盤。まあ知る人のない1枚だろう_ピーター・ルイスのソロ。
ピーターは、songwriter, singer, guitarist としてモビーの魅力の一翼を担った才人。意外や「いいとこの子」。大女優ロレッタ・ヤングの子でハリウッド育ち…、テリー・メルチャーと幼なじみであってもおかしくないようなボンボン。それは知っていたが、いまネットを見てみると_なんとデヴィッド・リンドリィが従兄弟とある。あのリンドリィも…実はいいとこのボンボンだったのか? リンダ・マッカートニー(リンダ・イーストマン:フィルム会社 KODAK 創業家)とは幼なじみであったらしい。
 そのピーターが95年に出した同名盤が至極良いのですワ。Taxim というローカルレーベル(ドイツ?)から出したCD。ex-CCR のスチュ・クック/Doobies のキース・ヌードセンがリズム隊で、モビーのメンバー時期もあったコーネリアス・バンプスも参加。ギター、ペダルなどマルチに活躍しているのが、この人も Doobies だったジョン・マクフィー。ポスト・プロダクション含めマクフィーが完全に仕切った1枚。ランディ・マイズナーやジョン・ヨーク (byrds) らもコーラス参加している。
モビー時代のリレコ2曲含めてすべてがオリジナル楽曲。駄曲なしの素晴らしい盤であり、マクフィーの貢献で仕上がりも抜群。なれど遅きに失した盤は、誰に語られることもなかった。

ピーターは絵も描く人らしくブックレットには淡いタッチから書き込んだ作まで掲載されている。モビー前のプロデビューバンド、The Cornells 時代のフォトも。
 この盤、オリジナルよりも日本盤のほうがいい。オリジナル・ジャケットは自画像だがこの出来が…どうにもぱっとしない。それを、97年に Kaigan Entertainment, Inc. という会社がなぜか日本発売したんだが、困ったジャケは別仕様に変更。自作画前の本人の顔を使ってかなりイメージの立ったよいデザインになっている。ブックレット内容もUSと変わらないようなので推しはこちら…とて、入手困難盤か?


peter_US.jpg


peter_lewis.jpg


(追記)
ブライアンをマインドコントロールしたかどでお縄になった?怪しい医師、ユージーン・ランディがそのず〜っと前に著したスラング辞書『アメリカ俗語辞典』(研究社)によれば_

moby grape : a syringe with a bulb on the end used for shooting drugs into a vein /静脈に麻薬を注射するために使う端にゴム球をつけた注射器(ゴム球は子供のおしゃぶりを利用する)

 …てなことから「覚醒派」、さもありなん。



posted by denny-0980 at 08:37| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

basil / ochs

佐野さんとのことでもうひとつ思い出した_スィートベイジル。
中山康樹さん。スイングジャーナル編集長から評論家へ転じて、マイルス/ビートルズ/ブライアンなどに関して多くの著作のあった中山さんも亡くなって3年か。
その中山さんと佐野さんは、ブライアン話で花が咲く仲だったんだろうな。で、2000年前後だったと思う、六本木芋洗坂のスィートベイジルのブッキング担当に中山さんが就くことになった。そしてそれまでのジャジーな路線からボップ路線へ変更、アメリカンポップ・ノスタルジア・サーキットのスケジュールで固めた。しかし苦戦…空席が目立っては塩梅悪いということで佐野さんへ「招待」の声を掛ける。一人ではどうもならぬ…「友人も」ということで当方も誘ってくれた。7〜8本はロハで観られたと記憶だが、さて…ゲイリー・ルイス&プレイボーイズは覚えているが他は?
 ネットを見てみたが過去スケジュールは出てこない。ロニー・スペクター、フィフス・ディメンションの名前がかろうじてある…どちらも観たな、きっと。ゆったりしたディナー&ライヴ・スペースに佐野さんらと足繁く_すっかり「常連気分」に浸れたことだけ覚えている。


その中山さんからひとつだけ仕事を受けた。VANDA のデザインを気に入ってくれての依頼はビーチボーイズ・ムック。2002年に河出書房新社からの『文芸別冊:ビーチボーイズ』。
巻頭にロニー・スペクターの特別寄稿あり、たぶんベイジルでのブッキングの際に書かれたんだろう。佐野さんはその中山さん/萩原健太とでフェイヴァリットBB曲・鼎談を。鈴木慶一/松尾清憲/湯浅学で『スマイル』鼎談など、いま見返せばなかなかに面白い内容。しばらく見る気にならなかったのは後味の悪さというか…中山さんはちょいと難しい人だった、デザインに関してゲラ出しのたびにいろいろと言ってくるので、当方としては「いや、ここの意図は…」と言ったつもりもかなり感情的に返してくるタイプ。どうやら、言うことを聞かない奴と最後は取られたらしく…。それでも見れば、自分のイラスト突っ込みなど、全ページを好きにやらせてもらってるか。表紙の写真。"Surfin' Safari" セッションのアウトテイク。かのマイケル・オクス・アーカイヴから買った。ネット上でのカタログからだったが、中山さんが「好きなの選んでいいよ」とのことで_。もちろん支払いは出版社、それなりな額だったんじゃないか…。


posted by denny-0980 at 09:24| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

Ducks

知らなかったねぇ…ニール・ヤングが77年、「二ヶ月半」だけやっていたバンドがあったなんて。それが個人的にどツボ。当方にとっての五大パフォーマーのうちの2つが組んでいたのだから。
ニール・ヤングとモビー・グレイプ。

https://youtu.be/rz8pZecv6yI

「Neil Young & The Ducks」
NY : guitar, vocal
Bob Mosley : bass, vocal
Jeff Blackburn : guitar, vocal
Johnny Craviotto : drums, vocal

モビーのベーシストにしてぶっとい声のシャウターだったモズリーとNYが一緒にやっていたとは。NYはソロで輝くパフォーマー。クレイジー・ホースとの録音/ステージも、たしかにホースのグルーヴも素晴らしいモンがあるが、それでもフロントアクトNYの引き立て役。その意味でこの Neil Young & The Ducks …モズリーやジョニーCの曲もやる/歌うとなるとその「バンド感」からNYファンとしては食い足りない感じであろうな。それを承知のニールだったかも…長く続けるつもりでなく、ジャムったら思いの外気持ちいいので少し人前でやってみた、と。実際このサンタ・クルーズ始めローカルなギグのみだった様子。
 それにしても個人的には最高だ_モズリーの曲でニールがリードを弾くなどはたまらない。ニールのソロ/バッファロー曲でモズリーの声が被るのも…。
"gypsy wedding" _モビーのリユニオン盤『20 granite creek』の頭のモズリー曲は、翌年のソロ作でもリレコした代表曲、このぶっとい曲にニールのギターはハマるハマる!
"truckin' man" が唯一のモビーグレイプ曲だがこれもよし。
小さめのハコだったんだろう、間近にこのギグを見られたらどんなに気持ち良かったことか…。

前年76年にモズリーは1枚のアルバムをバンドで¥oす。
【Fine Wine】(Rocky Road Records / Polydor)


finewine.jpg

長いこと「モビーグレイプの変名盤」と信じていた、ロス録音ながらドイツ盤しか出なかったレアな1枚。入手出来たのは23年ぐらい前、馬場ディスクファイルで見つけたときは驚いた、価格も_¥300。モビーではなかった、モビーからのジェリー・ミラー/モズリーが Michael Been, Johnny Craviotto とで、四人バンドだった。



posted by denny-0980 at 16:27| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

60s pop

昨日は、山村のジェリー・ロス特集その1、そこでかかった…当方のベスト・ロス・ソングはやっぱりこれだ、キャンディー&キッシーズ "The 81" 。Do the eithy-one.... って何の意味だろうか?  Dance Craze は分かるンだが、なんで「81」? まそれはともかく、ロス=ケニー・ギャンブル作、ギャンブルにとっては出世作かな。ご機嫌なナンバーといえば即これを思い出すほどにめっちゃ好きな曲。モータウン・マナーではあるが、フィリーとデトロイトの微妙な関係はいろいろな曲で見え隠れ。
 でもって、夜のラジオ日本では宮治さんが生放送。お題は「食べ物の曲」。昼に山村を聴いていたからと、ロスにからめてかけたのは_ジェイ&テクニクスの「アップルパイは恋の味」。これまた好きなんだよなあ。

こういう60年代半ばのポップ・ヒットを掘り出したのは、さて何歳ごろであったかと思い返すに…ハタチ前後か。大学2年、ぼちぼちパンクの色がちらつき始めた1977年は、「ホテル・カリフォルニア」の大ヒットであったと記憶。ん?『アメリカン・グラフィティ』もこの頃だっけ? そこで一大オールディーズ・リヴァイヴァル…過去の音源も相当にリ・イシュー盤が出た。 




++++++++++++

5月の仕事『ソフト・ロック・ナゲッツ』、その vol. 4 はUK編。佐野さんのライナーノーツ、<作曲はホリーズの「bus stop」「I can't let go」を書いて大ヒットさせていたグラハム・グールドマンで…>と原稿にあった。「佐野さん、" I can't let go " はグールドマンでなくチップ・テイラーだからトルツメしましたよ」とメールしたら、「そうでした。奥山さんとの仕事は安心できます_」の返信…それが佐野さんとの最後のメール会話であった。
 チップ・テイラーとアル・ゴーゴニの共作、オリジナルはイーヴィ・サンズだったがビートの利いたホリーズのヴァージョンのほうがいいね。佐野さんに捧ぐ_




posted by denny-0980 at 08:25| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

never a dull moment

頭のなかでロッドのある曲が浮かんだ_曲名が分からないが歌詞に "millionaire" が出てくるそれ…。こんなときにネットは便利、即出てきた。ロッドのソロの "True Blue" 、アルバム『never a dull moment』の頭の曲。UTで聴いたら…やっぱりいいねぇ〜!(ただ、ビリオネアのロッドは never been a millionaire といまも歌うか?) ロッドのベストな時期、歌もいいがウッディ・ギターが、細かい指使いだがほんとに凄くいい。なんでストーンズなんかやってんだろうか、この人は。ロッドと組んでこそ活きたのに…。


US-JP rod.jpg


US_top1.jpg

US_top2.jpg



ちゃんと聴こうと思い、アナログを引っ張り出す。2枚ある、US Mercury original ('72) と日本盤リイシュー(78年頃)。この2枚をひさしぶりにまじまじと見て、そして聴き比べて…まったくの別物であった。
 携帯で撮っているので荒いが色の違いは分かるだろう。右の日本盤のまあ色の薄いことよ。酷いモンだ。どうやったらこんなに退色させたジャケットを作れるのか、それを平気の平左でよく商品としたよ(店頭での日焼けではない。買ったときからこれだった)。もちろん日本盤は廉価シリーズだったのでジャケもシングルスリーヴ。対し、US盤は Tri-Gatefold というかなり珍しい変形ジャケット。裏ジャケが「上」に開く仕様で、その上下(30×60cm) が繋がって一つの作品になっていた。当時のロッド/フェイセスのビジュアルモチーフはアールデコ=B見事なデコ装飾/アイテムの部屋になっている。そしてこの縦長「写真」だが、元はモノクロ。それに after tinting と呼ばれるが、筆での色付け作業を施しているはず(明治初期から、写真が入ってきた頃の日本でも同様にモノクロ原板に色づけすることが流行った)。そしてこれのセンターの折り目がじつはポケットになっていてそこにレコードが収められている。ウチ面は見開きが「ふたつ」、なので tri-gatefold なのだ。
http://denny-inside.seesaa.net/article/453532745.html

ジャケも違えば音も…。US盤のガッツある音圧がほぼ感じられない日本盤のショボさ。当方、別にオリジナル至上主義ではない、けれども圧倒的にプアなリイシューはある。
 しかしオリジナルというならロッドならUK盤だろうと言われそう。が、ロッドは US Mercury 契約アーティストであった_この盤でもジャケット・デザインはシカゴの AGI 。しっかりした紙質からしてもUS盤がオリジナル…と思う。






posted by denny-0980 at 16:49| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

RIP 佐野邦彦さん

イラストレーター大嶽好徳さんを介して知り合った佐野さんと、M&Mというポップス志向のインディ・レーベルのCDワークを始めたのは1993年だった。下のリンク頁を読んでもらえば分かるが、当時グレーゾーンだった「隣接権CD」…M&Mとその姉妹レーベル A-Side のデザインをかなり好きにやらせてもらった記憶。
まずは『レア・ワークス・オブ・ブライアン・ウィルソン』(M&M mmcd-409)

rareBW.jpg

世にはけして出てこないサーフ/ホット・ロッドの仙人コレクター氏から提供の音源を含め、佐野さんが詳細なライナーノーツも書いた盤。


Vanda 誌上では使っていたんだろうが、当方は佐野さんと絡んで初めて「ソフト・ロック」の言葉を使った/銘打ったCDはこれだったと思う。レーベル写真で埋めたのでライナーノーツはないがコンパイルは佐野さん。

MGO_m&m.jpg

『イエローバルーン』。今見ればオリジナル・ジャケットままでもよかった気がするCD化。五人を切り抜いてバック変えて、文字も描いたんだが…ちょっとうるさい感じだ。ボートラ付けたから変えようという話になったような記憶も。これもM&Mから。ライナーが佐野さん。

THE_YELLOW_BALLOON_THE+YELLOW+BALLOON-546944.jpg

これらM&M(A-Sideのジャケ仕事も)CDでのクレジット。佐野さんは本業が別にあってのこと、なかば「趣味」での音楽ワークだったので臆すること無く本名で通していたが、当方は細々ながらメジャーレーベルのCDもやっていたので名前を出しにくく変名とした(それほどのモンでもないのに、腰が引けていたか)。"Smile-0-Honey" "Pay-O-La design" "Wild Honeymoon studio" …毎回思いつくままに。


VANDA誌のデザイン・ワーク。24号までを担当していたデザイナー氏がなにかの理由で続けられなくなった…かな、25/26号は出版社の営業担当氏に仕事の合間にやってもらっていた。彼がさすがに片手間で続けるはキビシいとなり、佐野さんから依頼されて当方が快諾。さてそこで、それまでが内容はともかくデザイン的にはきびしいモノだった、で…紙質含め一新させてもらった。

vanda_3.png

佐野さんの本懐であるソフト・ロックの、総まとめ本、その改訂版を手伝った。400頁近い本文組みは辛かったが佐野さんから頼りにされたとあらば…。「和物」も続いた。

01soft_rock.jpg

02soft_japan.jpg

そして今春の「ソフト・ロック・ナゲッツ」が久々に佐野さんとの仕事だった…。
http://sakatomi-works.seesaa.net/


++++

ネットでしか入手できないBBのレア音源だとか…珍しい音をR焼きでわざわざ送り届けてくれた佐野さん。長い付き合い、どうもありがとう。佐野さんとの親交があったから他にも音楽書籍もやらせてもらえたし、人とのつながりもできた。Vanda のデザインを気に入ってくれた中山康樹さんからBBムック(河出書房)を一冊任されたり…。いまでもとりあえず仕事が続けていられるのも佐野さんとの出会いのおかげ。
それにしても、佐野さんは悪筆だったんだよなあ。ほとんど暗号みたいで「解読」に苦労させられた。しかしもうあの解読も無しかと思うと寂しいもの…。



posted by denny-0980 at 20:33| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

Hello Goodbye

http://www.webvanda.com/2014/06/ds-talk-sessiondenny.html

かけがえのない友の訃報が辛い。人付き合い悪く友人が極めて少ない当方だが、互いに気に掛けていた/掛けていてくれた佐野邦彦さんの死は心に穴を開けた。今年始めにメールで会いたい旨を送ったら体調が万全でないので…との返事。しかし、facebookを見る限りは、車いす生活の不自由はあるようでも精力的に過去の音源記録を紹介していて、これなら…と思っていた。暮れに年賀状に「どうですか? 伺ってもいいかな?」と書くつもりだった_年明けにはご自宅へお邪魔したいと思っていたのに。
 最後になったのは、5月に出たワーナージャパンからの『ソフト・ロック・ナゲッツ』の4枚CDに関してで、メールやりとり。久しぶりに佐野さんライナー/当方デザインの仕事だった。
 Talk Session もいまのところ最後が佐野さんとなってしまっている…。

http://www.sakatomi.com/framefirst.html


佐野さんが、断トツのベストと言っていたB4チューン:


(こういう曲をTV番組に使う傲慢さ、無神経さに怒りすら覚えるよ)


posted by denny-0980 at 08:43| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする