2017年08月06日

version_ Deacon Mono

「FM」の前に出たスティーリーダン・シングルは、名盤『aja』から_個人的には数あるSD名曲でも十指に入る "deacon blues" 。7分半のアルバム・ヴァージョンから尻1分を端折ったのがシングル・エディット。
これのプロモも買ったんだが、シングル・エディットながら strereo / mono 。片面がモノラルになっている。音響派の権化ともいえるSDにしてモノはかなり珍しい仕様。とはいえ…ロジャー "immortal" ニコルズの手によってきっちり仕上げたものとはほど遠い、単に左右2トラックをひと束にしただけだな。

SD_deacon_mono.png



シングル箱漁りのついでで出てきたのはこんなの:7インチのシングル袋に、シングルは入っていなくてソノシートが_。

IMG_0246.jpg

1:これは「アサヒ」とあるから大手だった朝日ソノラマだな、『ジャングル大帝2』。「<ドラマ>急げ! じごく谷へ」が内容だろうか。「レオのうた」も入ってる? 歌は「高橋マリ子」とある。ソノシート、なんだか針を落とすと破れそうで恐くてかけられないヨ。
2:『明星ヤングセンス/春のギター教室』。「フォークとボサノバの徹底的研究」だそうな。69年集英社の雑誌付録。
3:ポストカードで、貼り付けられたソノシートは… Blue Caps というロカビリーバンドらしい。"forever crazy kids" という1曲のようだ。コアなポップス同人誌『Forever』の文字があるから、それの付録だったんだろう。


IMG_0245.jpg

入れてあった透明ビニール袋、白く文字が刷り込み:
○只今実施中/世界10大グループサウンズ プレゼントセール 日本グラモフォン 
1968・9/30まで_GSまっただ中か。しかし10大GSって何だっただろう? それも日本グラモフォン所属バンドだけだろうし。ビー・ジーズ/クリームなども「グループサウンズ」、たぶん。

posted by denny-0980 at 23:20| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

no static at all

これは片付けておこう_「FM」。
78年の米映画『FM』、観てないが…まあFMステーション設定の映画なんでしょ(おっと!マーチン・マルが出演してたか)。当然音楽ふんだんということでそのサントラはビッグネームの音源で埋めた_映画に使われた。ステージ・シーンもあったようす、トム・ペティ、REOスピードワゴン、リンダ、ジミー・バフェットなどの。で、ユニヴァーサル映画なので音楽仕切りがMCAの社長だったアーヴィン・エイゾフ。スティーリーダンの後ろ盾のひとりゆえに、お声はかかったんでしょうな_ベッカー/フェイゲンでテーマ曲を書き下ろし。
ウィキによればこの曲、4ヴァージョンがあるという。

 A_ オリジナル・サントラ・ヴァージョン 4:50
 B_ シングル・エディット 3:49
 C_ シングルB面(インスト) "FM (reprise)" 2:53
 D_ '91mix 『Gold (expanded edition)』CD収録 5:09

シングルはBとCとで両面で、CはサウンドトラックLPにも収録されているインスト・ヴァージョン。ピート・クリストリーブのテナーサックスがフィーチャーされたもの。Aのオリジナルヴァージョンはアウトロがウォルター・ベッカーのギター、1分以上弾いている。Bはそこをほぼカット。
2枚組のオリジナルサントラLP、かつて持っていたからA/Cも聴いたはずだが…。いまも聴くのはDのテイク、これが馴染みヴァージョン。『Gold』というのはもともと82年にアナログ2枚組で出たスティーリーダンのベスト盤。それの、91年にCD化の際に4曲追加して expanded edition として発売された。アナログは持ってなかった、CDを買った。そこで、CDにはまったく表記がないのだがどちらにも収録されている "FM" が違っていたという事実、今知った。
LP『Gold』はA。CDはDのヴァージョンだが、これは何とAとCの合体であった。アウトロのベッカーのギターの箇所をクリストリーブのサックスに差し替えていた! これに慣れていたからラジオから聞こえたギターに違和感があった次第。ラジオでかかったのはAだったから。
それにしてもなぜCD化のときにわざわざあらたなヴァージョンを作ったのだろう? それも「売り」にするならともかく、何の宣伝もしなかった/表記も無し、知る由がなかったよ、いままで。


ここでハタと思い出す_シングル持ってるゾッ、と。ネット時代の前だから30年以上経つな、面倒な送金をしながらUSのディーラーからレコード買っていたころで、"FM" もそのなかに。記憶では「見本盤」…。
探すとレコ箱の隅にありました、その通りに promotion copy not for sale シングル。プロモ・シングルの場合、当時はFM/AMステーション両対応として同曲をモノ/ステレオに振り分けることがよくあったから、もしや上記にない「モノ・ヴァージョン」のB面かも、と期待したが…この仕様〜

sd_FM1.png

sd_FM2.png

どちらもステレオ…聴いたがやっぱりステレオ。どちらもBだった_まったく同じテイクだった。



投稿者が勝手にミックスか、全部盛りヴァージョン

posted by denny-0980 at 08:22| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする