2030年12月31日

Sakatomi _ Denny's handmade fonts


!TOP-03.png

https://watt05.wixsite.com/sakafon

- Alphbet Free Font -
欧字フォントを随時制作しております.
「フリー」=無料配布中です.
all FREE each FREE every FREE!!
"All Right NOW"

otf_Open Type Font データ, free ダウンロード
(詳細はサイトを_)

+

YouTube 投稿_ Making New Font





+++++

それとこれは20年来のライフ・ワーク_
アラバマ州マッスル・ショールズのスタジオを掘り続け…
とくにギタリスト Pete Carr をmaniacに検証中

 "denny-O-Muscle" 過去評価盤備忘表 http://muscle-album.seesaa.net

posted by denny-0980 at 00:00| Comment(0) | Muscle Shoals | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月31日

One for Nilsson

役者が演じるヒストリックなロック/ソウル映画やドキュメンタリー映像には、まず興味無し(単にコンサートの映画化なら文句ないのだが)。どれだけ優れた才能でも、その「人となり」はどうでもいい、パフォーマーは作品だけがすべて。作った音盤だけが勝負と思っている。ケチであっても周りから嫌われていてもステージフライトでもなんでも結構…いいレコさえ作ってくれれば。
ただこういうのは、音楽の背景/裏方との関係_そうだ、ワタシは裏方にはとことん興味があるタチなのだ_を知りたくて観てしまう。希有なメロディメイカー、ニルソン物。
https://www.youtube.com/watch?v=Je8g10Q3-gY
B4との橋渡しがデレク・テイラーと知る。
+
溢れんばかりの才能を感じさせたニルソン楽曲を、アル・クーパー (& Danny Kapilian) が仕切ったこのトリビュート・カヴァーCDは素晴らしい名盤。年の暮れに聴くのはどハマまり。
1曲目がランディ・ニューマンというだけで解る者には解るね_Newman sings Nilsson 。ラストはジミー・ウェッブだ。その間にリンゴ・スター/スティーヴィ・ニックス、ピーター・ウルフら大物も参加。個人的にはBBからカール(ベクリー/ラム/ウィルソン)と単独でブライアン参加であったから買った盤。
ただしそのブライアンが…この曲はブライ以外の誰が歌う!というべき "this could be the night!" なのに、全23曲で一番不出来というのが困りものなんだが…。
ベストトラックは2曲目のこれ:マーク・コーン




+

20211231_145232.jpg

for the love of Harry:everybody sings Nilsson
('95 Music Masters/BMG)

リンゴ/ニックス曲は Don Was 、ロン・セクススミス曲はミッチェル・フレーム=チャド・ブレイクがプロデュースと裏方も渋い!
posted by denny-0980 at 15:30| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

晦日

レコ大はDa-iCE/シトラスに決まった…てか。新聞字面から「ダーアイス」と読むかと思ったら違った、わしゃ誰や知らんよ。多様性が進むのはよいこっちゃが、音楽業界は従来様式崩壊で、もはや万人受け、誰もが知る大ヒットが生まれぬ状況。で、何年も前から「レコ大存在意義」が無くなっていること…世間は分かっている…それを業界も気付いている、はず。それでも止めてしまえば完全敗北宣言、どのようにフェイドアウトしたらよいか模索しながらダラダラ続けるしかなさそう。ちなみにワタシ、レコ大受賞者(デザインしたCDが企画賞だが…マジ)
+
今年に入って気付いた感、民主主義に対抗するのは社会主義でなくなったワケね、「権威主義」というのか。しかしこれの明確定義ある? 選挙という民主的手順を経てもブラジルのように強面が上に立てばそこはもう民主国家でない? よう分からんなあ。だいたいニッポンは…米追随型国粋主義であってとても民主的と言えぬ。SDGs/アジアレイシズム/ジェンダーフリー、すべてマイナスベクトルへ向かう、…向けようと必死な復古主義政権が牛耳るまま。
posted by denny-0980 at 10:54| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月29日

ハニー!

オールディーズ≠ニ呼ばれたアーティストが Oldでなかった時の映像を見ると斬新。
Realだった時、56年か。シングルコイルのイメージが強いパーキンスもここではレスポール。まだまだ「新興メーカー」フェンダー社では信頼がおけなかった時期かもしれない。
しかし往時映像でいつも思うがリップでなくすべて「生」なんだよな。逆にリップにするほうが手間だったのかも。ここではどういうマイキング? ギターはコンボアンプとして、歌はばっちり、バック(アコギ/アップライト/どらむ)も薄く聞こえるのは…吊りが2本ぐらいだろうか?




+
B4、ジョンの入れ込みはチャック・ベリー/ラリー・ウィリアムズで、ポールはリトル・リチャード命だったか。リンゴがカール…ロカビリー的趣味というか、カントリーが好きだったんだろうな。
posted by denny-0980 at 10:13| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月28日

蜜柑

ついエゴサってもうたのはワーナーの『500 Atlantic R&B Singles』CDのこと。
こうして想い入れてくれてる人がいるのは嬉しい…ゆえに未完が惜しいわけで。2枚組50曲で1巻、全10巻=都合500曲予定であったが6巻(vol.6)出てから既に3年。300曲まで行ったが、残る4巻分200曲が無理らしい。
ソウル音楽ライター重鎮、鈴木啓志氏監修。氏の所有シングルをレーザープレイヤーを通してデジタル化した音源CDという凝った仕様。ワーナー宮治さん担当仕事だが、進まない理由は年代が進むに連れて選曲のほとんどがUSワーナーの使用許諾が下りないためと聞かされる。
+
シングル7”サイズの紙製二つ折りジャケットCD。デザインをオファーされてこの仕事はイラストで行かせてもらった。基本はライヴホールのファサード看板で統一/色変化としたが、余白を微妙に2巻づつ変えた。
1/2巻はビル群でNY、3/4巻はパームツリーで西海岸(ロス)、5/6巻は高架鉄道=シカゴをイメージさせた。アメリカ横断で行こうと…。7/8巻は deep south でスワンプな沼地のラフが出来ているんだが…。
+
https://bonno-web.com/interview/4142/
(石川県、2年前にカミさんと行きましたヨ〜)
+
+

500しんぐるず.png

posted by denny-0980 at 15:02| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Okie baseball

Okieで思い出したが、阪神バース。日本のプロ野球史上最強外人とされるバースが、来日したときに散々まわりから「オーキー」「オーキー」と言われて驚いたという話。Why? Japanese people!! なんでオレを "Okie" とまで知っている!?  この人、オクラホマ出身。日本語で「大きい!」と、体のデカさを驚かれていたとはつゆ知らず…。
posted by denny-0980 at 09:10| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月27日

ゲイツ

63年録音の「恋のドライブイン」popcicles and icicles 、フォウリィ・プロデュースのヒットだったが、それを知る者は少なく、知られるのは作者が_60年代を下積みで過ごして70年代に Bread でやっと日の目を見たデイヴィッド・ゲイツだったということだろう。
ゲイツは他にも数多曲を書いていたが、この曲はスペクターでなくフォウリィへ売り込んだというから、やはり当時のロスでのフォウリィの立ち位置が知れる逸話。
録音は Gold Star 。このスタジオをフォウリィは贔屓にしていて、それを倣ったのがスペクター…との記載もあった。「恋のドライブイン」の録音現場でドアの隙間から覗いて見ていたのがブライアン…とはフォウリィ自身の言葉。ブライアンも Gold Star を当初は使いたがったが、スペクターへの畏敬と対抗心か、そこでなく (United) Western Studioを拠点とするようになった。まあウェスタンには Brian's Ear とも言えたチャック "Chucky" ブリッツがいたことも大きかっただろう。ゴールドスターにはラリー・レヴィン。名スタジオに名エンジニアあり。
+
ゲイツ、田舎モンの代名詞? Okie(オーキー=オクラホマ人)で、J. J. ケールと一緒にハリウッドへおのぼりとも聞いた。ただしラッセル・ブリッジズ Leon Russell を中心とするオーキー・ファミリーは当時からハリウッドにあったとか。




posted by denny-0980 at 08:52| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月26日

fowley 2

The Byrds_マイ・ベスト3バンドのひとつ、今も愛聴、historicな名バンド。不思議だったのがロジャー・マグィンで、曲を書けたのだからワンマンに仕切れたはずが、時々に主導権委譲。メンバーチェンジに伴ってサウンドも大きく変化、それでも駄作無しがバーズの魅力。
最初に買った盤は『(名前のないアルバム)』日本ソニー盤、70年。その後のリリースと、同時に遡って過去リリースも買った、聴いた。どの盤も好きだが、やはり思い入れはリアルタイムなカントリーロック期。クラレンス・ホワイトの名前がとびきり重要だった頃。そのバーズ最終期なんだが、ここにもキム・フォウリィの暗躍…透けて見えたのは20年位前。
+
70年以降のバーズでbassだったのがSkip Battin。当時はまったく知らなかった、この人はマグィンよりも8才も年が上だった。50年代末から Skip & Flip というデュオ、スマッシュヒットも放っていた業界古参。じわじわと見えたのは、そのFlipことGary Paxton/スキップ/フォウリィの関係。三人、長い付き合いでツルんではハリウッドでひと儲けと常に策を巡らしていた様子。
60年 "alley oop / Hollywood Argyles"
62年 "monster mash / Boris Pickett & The Crypt-Kickers"
2曲が全米1位、64年「恋のドライブイン/マーメイズ」は3位と、大ヒットも物にしている。パクストン/フォウリィふたりの仕事場の前のアーガイル通りをまんま付けてのでっち上げノベルティ、安直でもひと山当てられた60年代。
しかしbritish invasion に始まるビートバンドのブーム、そしてサイケと激しい業界変化に対応できなくなる。スキップは Evergreen Blueshoesなるソフトサイケバンドをやるが手応えなし。
で、機を見るに敏な輩は頭を絞って…ベイカーズフィールドへ河岸を変える_これからはカントリーロック!と。西部カントリー= Nashville West を仕掛ける。
その代表選手だったクラレンスは既にバーズ・セッションに参加していて、後に本契約をゲット。ここでツキも回ってきた_デビューの2枚担当したテリー・メルチャーがプロデューサー復帰。メルチャーといえばドリス・デイの息子、ボンボンのなかのボンボン。ブルース・ジョンストンと Bruce & Terry も組んでいたし、そのバーズ復帰もブルースと立ち上げた Equinox プロダクションでの請負仕事。フォウリィにすれば高校後輩にして当時はパシリにしていたかもしれないようなメルチャーでは。で、クラレンスに続いてドラムのジーン・パーソンズ、そしてベースは追い出してスキップ自身が加入という強引_ほぼバーズ乗っ取り?
69年『バーズ博士とハイド氏』のパクストン曲から始まり、『(名前のないアルバム)』『バードマニア』『ファーザーアロング』まで、スキップ=フォウリィ曲をやり放題。これ、メルチャー的には「フォウリィのあにき、無茶やるわぁ…ま、逆らえんけどねぇ〜」であった…かもしれぬ。


このノベルティ色がスキップ–フォウリィだが、悪くない。



posted by denny-0980 at 14:26| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月25日

Kim Fowley

下のELP長尺投稿には"Nutrocker"が最後に入っているが、『展覧会の絵』がモロにリアルタイムな身には懐かしい。が、ライタークレジットに Kim Fowleyとな? 意外。
+
チェックすると、やっぱりフォウリィ面白い。
まず、そうかそうかチャイコフスキーのクリスマス・バレー組曲「くるみ割り人形」は Nutcracker だったか。それをアップテンポなインストにしたのがフォウリィで、62年にでっち上げシングルをプロデュース。ドラムはアール・パーマー/ギターがルネ・ホール! これ、全英では1位になったらしい。それでエマーソンは馴染んでいたからカヴァーしたのだな。
「ハリウッドの山師」フォウリィらしいのは、作者コピーライトにしっかりと自身を登録しておく抜け目の無さ、流石。なのでELPの世界的ヒットアルバムでの印税もゲットだ(まあ、後にカヴァーされとは思っていなかっただろうからボーナスだが)。

Nut Rocker B BUMBLE & THE STINGERS


+
フォウリィは、音楽裏街道を行くコテコテのB級業界人としか見られてなかったような…(まず顔つきが怪しかった)。しかし親は映画関係かな、ボンボン育ち。かの University 高校で、フィル・スペクターとブルース・ジョンストンが Sleepwalkers というバンドを始めたときに同校先輩としてマネージャ兼ボディガートを務めたと。初プロデュースが59年シングル "charge" by The Renegades 。レネゲイツはブルース・ジョンストン/ニック・ヴェネット/サンディ・ネルソン/リッチー・ポドラー。ヴェネットはCapitolへ入社してビーチボーイズの初代プロデューサー、ポドラーもABC系列のエンジニアからプロデューサーとなってスリードッグナイト、ステッペンウルフなどをヒットさせた_彼らを指揮する立場にあったフォウリィとあらばどれほど「ハリウッドの顔役」であったことか。スペクターやブライアンにも先輩風吹かしまくりであったとも…。


posted by denny-0980 at 09:08| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月24日

体育会系

「議員」、なにゆえこの国で、(オリンピアン)メダリストの就職口≠ノなりえているのか。
明治期にねじ曲げられた、スポーツ=軍事演習化を引きずるままに、縦社会/確立された命令系統に盲従…の輩ゆえ、右派明治復古政治屋には容易に操ることが可能な駒…だからだろう。
posted by denny-0980 at 17:31| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする