2021年12月31日

Sock-It-To-Me!!! Info.

★17_Jul. :
『500 Atlantic R&B/Soul singles 1964-1972』
アトランティック70周年_シングル音源500曲を2枚組CDで
全10枚、リリース開始。graphic work by denny-0980
http://wmg.jp/artist/500atlantic/discography.html

★17_Jun :
新規ブログ_LP「内側のみ」『Look Inside』
画像は_右クリック『新しいタブで画像を開く』して、最大サイズ≠ナ
ご覧いただきますよう四四七二
http://denny-inside.seesaa.net/

★17_may :
『ソフト・ロック・ナゲッツ』4W_ 5/31
design by denny-0980
http://wmg.jp/artist/softrocknuggets/

★17_apr :
Warner Japan「Direct Imports」_日本発輸入盤アナログ
「obi」を制作。「paul butterfield blues band」
https://shop.wmg.jp/shop/e/ewmlife/

★16_dec:
最近音楽誌でよくはちみつぱいが取りあげられているが、そのぱいのメンバーであった渡辺勝さんらとの『トーク・セッション』。
せっかく貴重な70年代日本ロック話を聞かせてもらい、サイトに上げながらも当方の力不足で内輪受けに留まってしまったのがなんとも惜しいと、再読してみて痛感。とくに斉藤哲夫さんのロング・トークなどはリアルな当時の逸話満載。ほかにもトーベンさん、洪栄龍さん、永井充男さんら_そのほか、ミュージシャンのみならず音楽関係の方々に興味深い話を聞けたと思うので、ぜひ時間のあるときに再読、もしくはあらたな読者となっていただきたく…。四四七二。
  D's Talk Sessions

★01_start:
http://bit.ly/2pHYyDS
個人的に深掘りしている音ネタは『マッスル・ショールズ』。
+
アラバマ州の同地にある Muscle Shoals Sound Studios での録音盤と、
そこで活躍したセッション・ギタリスト Pete Carr 参加盤を探して
2001年から紹介しておりマッスル。
001枚目〜127枚目
http://www.sakatomi.com/petecarr/
128枚目〜157枚目
http://whink.seesaa.net/
+
158枚目からはこのブログで掲載中:カテゴリcheck →


posted by denny-0980 at 00:00| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

怪しいリレコ


1974ヒット.jpg


(p)1991 made in Denmark となっているCD。買ったのはどこだったか、CDショップ店頭ラックからで¥500〜600だったろう。紙パッケージのみでバッタ物は承知の上、往年のヒットを軽く流して聴くには悪くないかと思って…。
タイトル通りの74年ヒット・コンピは全16曲。Harold Melvin & the Blue Notes, Donna Fargo, First Class, Rubettes, Bobby Womack, Redbone, George McCrae.... 白黒・英米混合。
しかしこれ、当時から微妙な違和感が。「ほとんどオリジナル」なのに…少しだけ違うような…。その理由はパッケージ裏に、虫眼鏡が必要なほどの小さい文字で書かれているが。
" To obtain the highest possible new stereo quality, some tracks have been re-recorded by the original artists or one or more members of the original groups. "

「可能な限り最良の音のため」とはでかく風呂敷広げたが、ようは何曲かはリレコ/それもオリジナル・メンバーがひとり、ふたりの場合もあり…とな。ところが何曲ではなくて全曲が変。それに普通のリレコはアレンジを変えてそのテイクが、リレコと分かる差異があるのだが、このCD全曲は限りなくオリジナルに近い。近いのに違う…この違和感たるや。
なかの1曲がこれ、マリアの大ヒット。



マリア自身によるリレコ・テイクは見つからないのだが…。そこで、思ったのは「別人」。このマリアに限らずCD収録はすべて「そっくりさんの歌」じゃなかろうか。歌も演奏も完璧…プロ。このバッタCDのような、安売りCD用にどう聴いてもその曲≠ェ大量に制作・ストックされるマーケットがあったのではないかと想像した。
もしそうだとすると…このマリア・マルダーは抜群の出来では? ギターが、あのエイモス星屑ギターではない。しかし、もしや作者デヴィッド・ニクターンじゃないの?と思わせるような巧みさ。歌もフェイク癖までコピーでパーフェクト。(ジャケットにあるように Maria Muldaur でなく Marie Muldaur だったりして)
…なのか? それともやはりマリア自身のリレコなんだろうか…、いまも分からない。

++++


コニーCD.jpg


こちらはれっきとしたリレコ。
マッスルページにも入れているが、往年のアイドル・シンガー、コニー・フランシスによる89年のセルフ・カヴァーCD。「ボーイ・ハント」「カラーに口紅」「ヴァケイション」「夢のデイト」などヒットすべて網羅。が、マッスルスタジオで、フッド/ホーキンス/ピート・カーらのバックで…それなのにトホホな出来。


posted by denny-0980 at 13:00| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

version_リレコ

「ヴァージョンねた」もどり_
思えばディスコ以前から注目すべきヴァージョン違いは存在した。まず「ミックス違い」。
 「マスタリング」は2トラック最終マスターテープを洗い直す作業だが、MIx (Remix) はその前の、マルチトラック・マスターまで戻っての作業。世に最初に出たヴァージョンでは消されていたトラックを復活させたり、楽器定位を変えてみたり…ある意味やり放題ゆえに、相当な差違と/場合によってはまったく別曲の趣すら! それほどに強力な「仕事」であったので強く惹かれた。何の表記もないのに別ミックスだったなんてこともあり、驚かされたこともあった。
 ただし、世に最初に出たLPのテイクと別物なのですべて re-mix と思うんだが、表記としてはミックス/リミックスは混在していた、区別に意味はなかったのか。

それと決定的なヴァージョン違いがある、「別テイク」。リミックスはひとつのセッションテープからの「変更作業」に対して、こちらはまったく別の録音。最初の録音とは別の日に、大抵はかなりアレンジを変えて再度演奏=録音すること。再録音… re-recording なので「リレコ」と呼ばれる。

このところヒマなもんでレコ棚を漁っていたら、昔のもらい物CDのなかからGSコンピが数枚出てきた。見本盤CDという代物、身銭を切ってないもんでいまひとつ身が入らず「ツンドク盤」になりがち。当時ヴィクターの○君からもらったんだったと思い出した盤、1枚はダイナマイツのコンプリート盤。亡き友人黒沢君がライナーノーツ。
 そのCDで、いまになって知ったこと_『トンネル天国/恋はもうたくさん』はヒットシングルだがこのアルバムテイクはどちらも「リレコ」。
 「トンネル天国」、後録りのアルバムテイクはバックトラックを左右にきっちりセパレートして音もデカい_ファズの音も鮮明な、より演奏重視でダイナミズムに溢れる。阿佐ヶ谷の不良っぽさがくっきりしたのは、ヒット狙いでまとまったシングルと違ってアルバムではある程度好きにやらせてもらえたからだろう。アウトロに「鉄道唱歌」のメロを弾く遊びもアルバムテイクだけ。 
 「恋はもうたくさん」、橋本淳/鈴木邦彦というプロ・ヒットメーカーの作とはいえ、やはりこれがダイナマイツのベストトラック。もともと大好きな曲だったが、LPでのリレコ・ヴァージョンが素晴らしい、知らなかった。シングルでの甘ったるい弦を排除、自分らの力強い演奏バックのみは、ある意味パンキッシュ。ここでもファズが冴える。当時山口冨士夫は入手したばかりでともかく使いたかったとか。たぶんストーンズ "satisfaction" にやられちまったんだろうね。


posted by denny-0980 at 13:21| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

狭山ハウス

一眼レフカメラを買って「ポジフィルム」で写真を撮ることに熱中した…30数年前かな。狭山_『ハウス』。
ホソノハウスは…とうに越して居なかったが、小坂忠さんち界隈だったと思う。狭山の、旧ジョンソン基地_稲荷山公園下のハウス群が存在していたころ。最後の写真は、公園内にあったかつての米軍倉庫跡だろう。

写真をながめながら『hosono house』か『ありがとう』を聴くもよし。






Za-sayama1.jpg


Za-sayama2.jpg


Za-sayama3.jpg


Za-sayama4.jpg


Za-sayama9.jpg


posted by denny-0980 at 07:40| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

late Ricci Martin

SDのシングルを取りあげたついで、シングル箱から出してきたのはリッキ・マーチン・シングル。
ディーン・マーチンの息子のひとりで、先週3日がちょうど一周忌。活躍したとは言えないが、BB周りの音楽仲間のひとりではあったリッキ。77年盤『beached』はBBカールとビリー・ヒンチのプロデュースによる、当時BB所有のブラザー・スタジオ録音盤。西海岸好きには名盤に数えられる1枚だろう。
それからのシングル・カット "stop look around" が代表曲でそのシングル話。
BB『pet sounds』にはハル・ブレインが「ペットボトルを叩いた音」だっけ?_入っていたと思うがそれに似た音がこの曲で聴ける。ちゃんとしたパーカッションのひとつなのかどうか今でも分からないが、つまりは「あの頃のBB」を彷彿させる音像ではある。アルバムをひさしぶりに聞き返したが、デニスの『pacific ocean blue』に近いねえ。サザン・カリフォルニア以外のどこでもない音がたまらない魅力。そのデニスもドラム参加。当時ウィングスだったジミー・マカロックの参加はブライアンとポールの「お友達」からか。

シングルを2種持っている、エピック盤/キャピトル盤でともにプロモ。どちらも Mono / Stereo 盤。
テイクとしては両シングルともにアルバムのテイクと変わらない。
ただし、これはカッティング・レベル調整の問題なんだろう、シングルの音は「違う」。
エピック盤がキャピトル盤を凌ぐ。単純に音がデカいし、ヴォーカル/楽器の粒立ちがいい_全体にクリアなので断然良し。聴くならエピック・シングル。キャピトル・テイクはLP(LPはエピックより)テイクとほぼ同じ。手持ちのLPは、これまたプロモ盤。ゆえだろう、珍しい「帯付き」US盤。


Ricci_epic_stereo.png

Ricci_epic_mono.png

Ricci_capi_stereo.png

Ricci_capi_mono.png


riccimartin.jpg



と、ここで…見れば現行CD『beached』は Real Gone から expanded edition と称して4曲プラス、うち2曲が "stop..." の stereo single version / mono promo single version となっているではないか。「シングル・ヴァージョン」と銘打つほどの違いがLPヴァージョンとあるか? 当方の耳では同じなんだが。たぶん「聴いても分からない差」じゃないだろうか。どちらのシングルのテイクを持ってきたか知らないが、まあエピック盤とすればレベル高くて音がクリアな分は「差分」かもしれないが、CDとなれば同じでは?
もう1点気になった。エピック盤シングルでもレーベル表記には (p)1975 Capitol Records, Inc. とあるのだ。アルバムが77年…。で、discogs 参照。やはりシングルはキャピトルからでアルバムの2年前に出ていたわけね。アルバムからのカットではなかったのか。エピック・シングル発売はいつ? 
それにしても2年経ってからアルバム発売とは。カールとヒンチのプロデュース変わらず、となればアルバム分のセッションは75年に済んでいたのだろう。キャピトルは、シングルはOKしてもLPはお蔵にしたのかもしれない。マカロック参加は75年ではないだろうから、カール/ヒンチは、マスターテープにオーバーダブなどして再度エピックに話を持っていってOKが出たのかも、しれない。ちなみにエンジニアのひとりにアール・マンキーの名前。当時ブラザー・スタジオの裏方だったマンキーは、ロン&ラッセルのミール兄弟とマンキー兄弟とでハーフネルソンを結成していたミュージシャンあがり。スパークスとして、UK渡りで成功しグラムっぽいイメージも強いミール兄弟も出自はばりばりのサーフ兄弟だったりする…。

posted by denny-0980 at 16:02| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Glen Campbell passed away...

ブライアン…悲しいね、あの時代を共に過ごした仲間にまた去られた、竹馬の友グレン・キャンベル。
Hard days のなかで、セッションの場には常にギタリストとして信頼をおいたグレンの顔があっただろうし、そのハードさに病み、ツアー・リタイアの際には、すわビーチボーイズに一大事!と…忙しい身でありながらベースを持って駆け参じたグレン。そのお返しにブライアンが送った曲は、数あるブライアン楽曲でも五指に入る傑作 "guess I'm dumb" 。
グレンと云ってもうひとつはやはりジム・ウェッブの理解者。なかでも "witchita lineman" は "guess I'm dumb" に勝るとも劣らぬ不朽の名曲と思う。








posted by denny-0980 at 09:07| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

Criteria Sound

下で、日本グラモフォンでのリリースとしてビージーズ/クリームと挙げた。
グラモフォンは、ヨーロッパのポリグラム系列で日本では「ポリドール」が普通に使う名称ではなかったかな。目黒川沿いの大橋にある(あった?)ポリドールは、デザイン室長だった松尾さんがよくしてくれたので何度も通った。しかし外資となってMCAやらユニヴァーサルとか?_なんだかよく覚えていないけれど、行くたびに「また親会社の都合で名刺が変わったよ〜」と嘆いていた、あたらしい名刺をもらった…。
NYのインディレーベルだったアトランティック、ヨーロッパ配給はポリグラムだったんだろうな_日本では最初はグラモフォンから。有名なのは『レッド・ツェッペリン登場』グラモフォン初盤だろう。
ビージーズとクリーム、水と油のようだがかなり溶け合っていた。どちらもマネージメントが、後にRSOレーベルで独立するロバート・スティグウッド(オーガニゼイション…でRSO)。まさにビージーズとクラプトンで儲けて絶頂期は『サタデイ・ナイト・フィーヴァー』制作から数年。しかし映画『サージェント・ペッパーズ…』がこけて失速、そのまま破産…の噂だったがどうだろう。
ポリグラムと強いコネクションだったスティグウッド、アメリカではアトランティックとの関係を築いたと見る。なのでクラプトンはクリーム時代からマイアミ/クライテリアでトム・ダウドの仕切りで録音を始めていたのだろう。クラプトンにとってはクライテリアが米でのベースになる。名盤『いとしのレイラ』はもちろん、復活盤となった『461オーシャン…』。その『461オーシャン…』からのクラプトン・バンド参加していたイヴォンヌ・イーリマンは『サタデイ・ナイト・フィーヴァー』サントラにも加わった_スティグウッド・マネージメントゆえであったはず。
『サタデイ・ナイト・フィーヴァー』といえばビージーズだが、彼らにとってもUSベースはクライテリア。アリフ・マーディンのもと、クライテリアでアルバムを作り続け、仕舞いにはクライテリア・スタジオを自分らで買ってしまった。


蛇足だが:『461オーシャン…』でのドラムはジェイミー・オールデイカー。しかし1曲のみジェームス・ギャングのジム・フォックスが叩いている。ジェームス・ギャングのプロデューサーだったビル・シムジック…たぶんクライテリアの小間使いからキャリアをスタートさせたものと見る。そのからみでフォックス参加だったな。
ギャングのギタリストだったジョー・ウォルシュはイーグルス加入。プロデュースをシムジックが受けるのはその前?後? イーグルスも、UK録音後はすっかりクライテリア・バンドになったが…シムジック指揮下だったからだろう。


posted by denny-0980 at 10:29| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする