2030年12月31日

Muscle Shoals Sound Studios

 "denny-O-Muscle" 過去評価盤備忘表 http://muscle-album.seesaa.net

posted by denny-0980 at 00:00| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

マンデルいち推し


ventureRnR.jpg

The Ventures / Rock and Roll Forever
日本/東芝音工盤はたぶん唯一のゲイトフォールドなんだが、裏写真は Tokyo Live Pix 。まったく無関係写真を使う無神経さとこれで良しとするところに当時の/今も、日本でのベンチャーズの立ち位置が。



https://youtu.be/Q-o9kHo6lb8
ん?これは…TV番組? それにしちゃ長いな。DVD? よう知らんけど。たぶん直に delete されるんだろうが。
このなかで「ベンチャーズ、メンバーがレコードで弾いているのは最初の1-2枚だけで、その後はすべてスタジオミュージシャンの録音…」という話を山岸潤史からチャーが聞いたという話。15年位前だかにやはりそんなことを書いた本が出て、ベンチャーズ原理主義な方々の反感を買ったてなことがありましたな。BBのバックはレッキング・クルーと知っても誰も怒らないのにノーキーが弾いていないというと反発ってのは…話が違う?
 思うのは、ノーキーは弾く必要が無かっただけ。ノーキーはものすごく上手い人でしょ、それは間違いない。ほぼ同じように弾けるテクはあったが(カントリーリックの名手であって、たしかにジャジーな Caravan のギターは「違うテク」かも)、当時のベンチャーズ4人にとって主戦場はあくまで「ツアー」だから、スタジオ入って録音までやっている意味は無かったのでは。今とはレコードへの観点が違う_あくまで「ツアー向けプロモーション・ツール」がLPでしょ。BBでいえばアル・ジャーディンやデニス・ウィルソンは演奏していないことをまったくネガティヴに思っていなかっただろう、歌さえ歌えば誰も文句ないはずと。俺らはツアーして人前で歌うことが本領と…。
 ベンチャーズはBBよりも年上だったからツアー重視(レコード無視)の考えはずっと続いたと思う。80年代以降の録音がどうだったかは知らないが、少なくともこの「名盤」、72年盤『rock'n'roll forever』だがこれはまちがいなく「メンバー外の録音」_リードを弾くのが当方大の贔屓のハーヴィ・マンデル。マンデルのソロはほとんどを持っているが、人にお勧めできる「マンデルの傑作アルバム」はこの「ベンチャーズ盤」。
と言っても、けしてベンチャーズにダメ出す気はまったくなく、これは紛うことなく「ベンチャーズのアルバム」、それでいい。ただ、思う_ドン・ウィルソンに聞いても「そんなレコードあったか?」と答える気がする。ツアーやっている間にレコ会社がなかば勝手に制作してリリースした盤、かも。US盤裏ジャケに写る「メンバー」はドン&ボブ、メル・テイラーの三人のみ。つまりはギタリスト不在のベンチャーズ≠ノよるレコード。無理に理由付けすればボブがベースとギターを全部やった…だろうか。
United Artists からのレコードで、アート・ディレクションはこの後カメラで有名になるノーマン・シーフ。シーフは南アフリカの出身で、まずアメリカへ来て就いたのがこのUAのデザイン仕事だった。イラストは、これも西海岸のロック・グラフィックのビッグ・ネーム、ジョン・ヴァン・ハマーズヴェルド。
全編、クランチーで小気味よいマンデルのギターが炸裂する傑作。当方、2枚持っているほど好きな盤。
クレジットでは_
musicians : Don Wilson, Mel Taylor, Bob Bogle, with special thanks to Harvey Mandel, Larry Taylor, Dave Carr, and Jackie Kelso / tune research by Martin R. Cerf
メル・テイラーの実弟ラリー・テイラーが、キャンド・ヒートで一緒だったマンデルを誘ったセッション録音であろう。チューン・リサーチとは? 曲もUA側が指定だったのか。何曲かはマンデルが自身ソロ盤でもやっていたから、得意のインスト曲を持ってきたと思える。

(この盤、78年のUS Pickwick リイシューは2曲オミットのクズ盤なので要注意)


posted by denny-0980 at 08:18| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

重箱隅の疑問

千葉・柏の葉のTSUTAYAへ行ったら増刷された「ブルータス・サンソン」があったので買ってみた。そのなかで、山下達郎と下欄/解説氏、ともにローラ・ニーロ『christmas and the ... 』70年盤の半分はマッスル・ショールズ録音と書いているのが解せない。アリフ・マーディンとフェリックス・キャバリエのプロデュースによるこのレコ、クレジットではバックメンツはNYプレイヤーとマッスル勢。しかし録音スタジオ記載がない。当方はマッスル・アーカイヴにはこれは全編NY録りと書いたんだが…。どこかにマッスルでの録音という記載/証言みたいなものがあるのだろうか。
 当方は勝手に推理だが、クレジットにある名前_ホーキンス/ヒントン/フッド/ベケット/デュアン・オールマン、…ジョンソンは無いがその場に居なかったとは思えない、マッスル・リズムセクション(&ギタリスト)全員での「NY出張り」仕事かなと。
クレジットにはこうある:
Musicians on side one - boys from Muscle Shoals - Roger Hawkins, Eddie Hinton, Dave Hood, Barry Becket and Jack Jennings, Felix Cavaliere, Stu Sharf
ここには "from" と書いている。マッスル「からの」輩というのだから出張りでしょう。ジェニングズ/シャーフというのはNYミュージシャンだろうし。それと、エンジニアにはティム・ジーラン/ダグ・ポメロイ/ジェリー・スミスの名前。
70年のマッスル・スタジオといえば開設翌年。エンジニアなら、ジェリー・マスターズ/スティーヴ・メルトンのコンビになる前だからマーリーン・グリーン。マッスル録音ならこの名がないことはないと思う。
前年に始動した際、資金を出してもらったか借りたか、どちらにしろお旦≠ナあったウェクスラーの力が絶大だった70年のこと。たぶん、アラバマ詣ではちょいとしんどいわとアリサ・フランクリンがごねて、それじゃあ君らが出張ってくれや_その一言でNYアトランティック・スタジオまで馳せ参じたんじゃないか。その「ついで」にアリフ・マーディンが、こりゃこりゃ好都合やないの、いまローラ録ってるからこっちも手伝ってや、と_そんなことじゃないかな、これ想像。


posted by denny-0980 at 06:33| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月06日

内ジャケ・ブログに写真追加

「LOOK INSIDE」look at yourself 対自核 

ゲイトフォールド・ジャケ、当然「表1」が顔であるからどのレコードのデザイナーも力を入れて制作。対し表2/3_内面見開きは流す場合も。正直つまらない写真/デザインもある。それでもせっかくの30×60 cmものスペースを有効活用しようという作品があるので、玉石混淆を承知でやっているブログ。

個人的にギョクと思うのをいくつか挙げると_
まず頭に浮かんだのはこれ『Best of Guess Who』。なんとも不思議な、よくよく作り込まれた写真じゃないか。 『Cheap Trick / in color 』、これもタイトルに合わせた内ジャケは見事な coloring で非常にクオリティが高い。 『Cowboy / reach for the sky』の写真はどうしてこれを表ジャケットに使わなかったのか。 『Turtles present the battle of the bands』もこの内ジャケを見なければタイトルの意味が活きない。 ヒプノシスによる 10CC は、さすがの一言_特に『びっくり電話』。

++++


死去を知らせたゲイリー・バーデンのデザイン盤に、ゲイトフォールドというと思い出す1枚あり_NY『on the beach』。タイトル・レタリングはリック・グリフィン/写真はボブ・シードマンでバーデン・デザインと、西海岸ビッグネームが揃いの仕事なれど、なぜにこれがシングルジャケ? 表裏一体写真をなぜ一発に(ゲイトフォールドで)見せてくれなかったか、残念でならない思いをずっと抱いたまま。だいたいが、Neil Young のアーティスト名が裏ジャケに来てるし…。
(但し…オリジナルのシングルジャケ内面がジャケに写るパラソルの内側模様になっているという凝り方はさすがにバーデンだったが)


posted by denny-0980 at 09:50| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

my 絵

brian-setzer_a SM.jpg

あかんわぁ〜、これではヤサぐれたウド鈴木?
摂津ぁ〜先生、すんません…

posted by denny-0980 at 08:52| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月27日

REO speedwagon


REO-1.jpg

この84年の REO 盤もコッシュ・デザイン。組むことが多かった Ron Larson とふたりの作。ラーソンはイラストレーター仕事のほうが多かった人。
 そのラーソン趣味なのか、さほどコッシュらしさは見られないジャケ。斯様に、アートディレクションは別人でデザインのみ仕事とか…全面イラストは依頼であるとか、仕事のパターンはいろいろだったのでコッシュの名があってもすべてが好みとはいかなかった。
 そんな盤、たとえばこのレコだが、ジャケよりも「中」が良かったりする。コッシュは文字組が大変美しいデザイナーであったから、inside sleeve は大抵いいのだ。歌詞とかクレジットが、ワンパターンではあっても毎回溜息が出る素晴らしさで。

REO-2.jpg


 この盤ではこの面! メンバー顔のコラージュだがやはり素晴らしい。これをジャケットにして欲しかったほど。映画大好き男<Rッシュらしさを垣間見せる…これはゾエトロープだ、たぶん。

REO-3.jpg

posted by denny-0980 at 22:55| Comment(0) | Kosh | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

看板に偽り

#169
【Muscle Shoals has got the "SWAMPERS"】
produced by various
('17 Muscle Shoals Sound Records)
<B:★>

買うかどうか悩んだが、まあこれだけマッスルマッスル言っている身としては…。期待はまったく無く、聴けば「やっぱり」。
 昨年末に Malaco から出たCDで元は、10年ほど前だったか Alabama Music Hall of Fame がリミテッド・エディションとして発売したマッスル・スタジオ・メンバーによる音源CD、その10曲に今回4曲ボーナス追加でリリースされた。過去盤買い逃していたので全14曲が初聴き。
 マッスル・ショールズ・リズム・セクションによる全曲インストで、スタジオの空き時間を利用して録音されていたという。四人衆をメインにピート・カーを始めとするマッスル・プレイヤー、マッスル・ホーンズも参加。
 disk UNION 広告では69〜78年音源に90年代ボートラが内容だという。が、初年69年曲があるとは思えない、既発10曲はすべて75年頃以降と思う。そして90年代の4曲ボートラだが、シンプルな音作りは逆に70年代初頭の雰囲気。しかしギターはウィル・マクファーレインというからそれはあり得ない。

まず最初に、ブックレットが20ページ、使われている写真がカヴァー含めすべて低解像でジャギー出まくり、酷い。デジタル・フォト・データということを知らないのかどうか、いまどきのブートCDでもこんな酷いモンはないので驚いてしまう。マラコというレーベルはデジタルについてこれてないのだろうか。これからしてトホホだが…。
 その内容。看板に偽りあり_まったく「スワンプ」していない。個人的には想像通りだが、ほとんどAORというかフュージョンというか…。
 マッスル四人衆は、才能溢れるミュージシャンの「バックでこそ」輝くのであり、彼ら自身に(演奏能力は最高だが)音楽クリエイトの才はぶっちゃけ無い。あれば人のバックなどやってない。その彼らが自分らだけで作るとなると…往々にしてこの手は、キーボードが引っ張ることになる。となるとアカデミックに音楽を始めているキーボーディスト仕切りは、やっぱりフュージョンぽくなってしまうのだなこれが。オールマンズ後にジェイモ/チャック・リーヴェルらが結成したシー・レヴェルが同様だった。これは歌があったが、このCDは完全インストゆえフュージョン色はより強い。
 ギターはすべてピート・カーで、自作2曲も。ソロ作とほとんど同質。他は四人衆作、ベケット単独など。キーボーディストのベケットは仕切る。エレピ/クラヴィ/シンセで_。

ウィル・マクファーレイン。78年頃だったか、久保講堂へ出掛けたのはボニー・レイット初来日公演。この時のギターはウィルじゃなかっただろうか。この人はボニー・バンドのギタリストとしてしか知らなかった。が、80年代に入って、そのバンドを抜けてマッスルへやってきたという。以後現在までマッスル暮らしだそうで、マッスル・リズム・セクションの一員として多くのセッション参加とか。知らなかったワ。見返せばいままでに評価してきた盤のなか、数枚に参加だが気付かなかった。
 ボートラ4曲はウィルのギターらしい。これが思わぬ聞き物だった。ウィルのプレイはスライドが多く、全体に前述通りにあえて渋め≠ネ快演。10曲よりもはるかに swamp /サザーンな曲揃い。ベケットもシンセなど使用せずに王道のハモンドB3弾き(ベケットはすでにナッシュヴィルで、ここはクレイトン・アイヴィかも)。
 ベスト・トラックはボートラから "sunday morning R&B" 。9分長尺は冗長すぎるが、4分ぐらいでここにそれなりの歌が乗ったならかなりイケるトラックとなったはず。

+++++

トホホなCDではあるが、Alabama Music Hall of Fame の館長ディック・クーパーという人が書くライナーノーツはさすがに詳しく、知らなかったマッスル録音盤が多く記載されている。今後の資料になる。これのみが収穫。



junior.jpg

左端 Junior Lowe :
ギタリストのロウはなぜマッスル・スタジオへ行かなかったか、
Fame に留まったのだろう…


swampers.jpg

L-R: hood, johnson, ? hawkins, beckett
さてセンターは?_たぶん John Prine

posted by denny-0980 at 12:08| Comment(0) | Muscle Shoals | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月06日

ドジョウ狙い盤


edwards-and-ralph.jpg

#168
【Edwards and Ralph】
produced by Peter Yarrow & Barry Backett
('77 Ariola America)
<C:★★>

良くよく解釈して「ポップス」王道。とて、カーペンターズのような才能もなく、マグレガーほどに曲に恵まれたわけでもなく。正直やってもうた°C分、かなりトホホ…。
 
便利な時代で、ネットで見つけたのはレアな「マッスル」盤。誰も知らなかったはず、カナダの男女デュオ盤で『Edwards and Ralph』という77年LP。レアなマッスル盤といって、下に書いたトゥールーズ姉さんらのレコはディスコでとても買う気にならなかった。しかしこの2人盤は曲が粒ぞろいゆえもしやいけるかもと期待が…、でもってわざわざ discogs から買った次第、カナダのお店から。

届いてまず裏ジャケ・クレジットを見ると実に意外だった。beckett / hawkins / johnson / hood + pete carr, tom roady の演奏。文句なしのマッスル・セッション…なのに、recorded at the Le Studio, Montreal, Canada のみ。アラバマではなくモントリオールだという。同時期のブール・ノアール、トゥールーズらカナダ勢をマッスルで録りながらなんでこっちはカナダまで出張ったのだろうか。エンジニアも Gregg Hamm, Steve Melton とマッスル・メンバーだし、マッスル・ホーンズ4人も参加とあるが、マッスルのハウス・チーム全員がわざわざ出張りとは正直信じられなく、たんなる表記漏れ_マッスル録音が大半なのでは(それともマッスルスタジオご一行様のカナダ慰安旅行を兼ねて?)。ペダルスチールが Weldon Myrick …エリア・コードのおっさんの名も、これはオーバーダブだね。ミックスはナッシュヴィルのスタジオ。マッスル/ナッシュヴィル路線のポップス物。

セッション・クレジットは詳細なのに、肝心の2人はまったく表記無し。エドワーズとラルフ、姓か名か、男女分けすら分からなかった。仕方なしにこれもネット検索_ さすがだな [45 worlds] にあり。Cliff Edwards と Jackie Ralph のふたりでした。ジャッキーの声は「愛はかげろうのように」のシャーリーンを思わせる高音…いわゆる「天使系」か。
 プロデュースが ex- PPM のピーター・ヤロウ、とベケット。ということで、シロウトさんは分からないだろうが当方には見えた_メアリー・マグレガーの次ぎ、二匹目どじょう狙い盤と。ヤロウは自身でも3枚もマッスル録音盤を出している。が、線の細いヤロウの声質はほとんどマッスルと合っていなかったと思う。それでも、バックコーラスをしていたメアリー・マグレガー嬢のLPも(ついでに?)マッスルで、ベケットと共同プロデュースで録ったら、そのタイトルトラック "torn between two lovers" _シングルが全米1位に輝く快挙。これで味をしめての第二弾がこのデュオ盤なのは明白。レーベルも同じアリオラ・アメリカ。
 全10曲に2人の作なく(これもマグレガー盤と同様)、あくまでシンガーに徹してヒット狙い。マーク・ジェイムス=シンシア・ワイルから始まり、ギャラガー=ライル、アレッシ兄弟、リチャード・スパ、ダニー・オキーフ、トム・スノウ、ジャック・テンプチンらの楽曲、マッスル・ライターのフィリップ・ミッチェル、それとヤロウの書き下ろしとナイスな選曲は期待値高かった。が、問屋はなかなか卸してくれないのが音楽業界の常。凡庸の一言に沈み、人知れぬまま田舎のレコ屋の棚にひっそり。

++++++


当初は若干の期待もあって、久しぶりに海外からのアナログ買い。CDと違って送料が本体より高くつくのが難のアナログ。今回は VG+ コンディションで US $10.00 プライス盤だった。LP1枚でもまず2000円は下らないのが(北米から)エア送料。これがもったいないので、店にメールで Surface(船便)にしてくれと頼む_これで shipping charge は US$12.00 に。ほぼ半分にして、合計の Paypal check は円建て¥2534也。神保町界隈の中古レコ屋にもしあれば¥500以上は許されない盤をヨケタ買いは無理したが、まあ探して見つかる可能性はまずないので致し方ない。
 サーフェイスでは下手すると「割れる」かもと危惧した。過去に「割れた」ことがある。積み荷の多さもかかる時間も半端ないので。10枚ぐらいのまとめ買いならともかく、1枚はとくに危険。しかし今回のカナダ店舗、なかなかにプロフェッショナル。斯様にエア・クッションで挟み込みでのピザ箱梱包は軽量・堅牢、6週間の船旅でも無事に届く。


えあぱっく.jpg


posted by denny-0980 at 16:32| Comment(0) | Muscle Shoals | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月02日

smart male singer

sam cook-cut.jpg


posted by denny-0980 at 13:40| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月21日

500 Atlantic R&B/Soul singles

https://wmg.jp/artist/500atlantic/discography.html

他のアイテムとのスケジュール調整だろうか、間が空いてしまったが…中断ではvol.1/2 購入者に申し訳が立たない、続編 vol.3/4 ができました(3/18発売)。


#3_cover.jpg

#4_cover.jpg


1&2は、アトランティックの出発点たる New York _ビル群をバックでシンプルに表現したつもり。3&4、今回は飛んで西海岸をイメージ。Palm Tree、まあロスとしてもいいかなと。色味も寒色でクールに。
共通項は「シアター」ファサード/ネオン。最終 vol.10 まで統一予定。
これは、このジャケットへのオマージュ。敬愛するデザイナー/イラストレイターであった(現在はビデオ・ワークへ)Mick Haggerty への。

TJM_haggerty.jpg

この盤は、隠れトゥーサン名盤としておこうか。アラン・トゥーサンがマーシャル・シホーンと作った Sea-Saint Studio 録音で、プロデュースもふたりで手掛けている。76年。


posted by denny-0980 at 20:51| Comment(0) | Assorted | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする